Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 86の割引 (14%)

ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小西 明日翔]の春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス)
Kindle App Ad

春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.3 38件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 春の呪い(ZERO-SUMコミックス)の2の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1

紙の本の長さ: 142ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

妹が死んだ。名前は春。まだ19才だった。 妹が己のすべてだった夏美は、春の死後、家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことになり―・・・。 妹の心を奪った男との季節が巡り始める。 新鋭が贈る話題の初連載作、待望の第1巻!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 112802 KB
  • 紙の本の長さ: 166 ページ
  • 出版社: 一迅社 (2016/4/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01EI2EO1Q
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
1巻、2巻、続けて読破。

まず、夏美(主人公女)の動揺する表情が良い。
くるくる変わる夏美。そのキャラクターに救われる。
罪悪感の呪縛に取り付かれながら、日常では
自分の事については、がさつで大雑把、でも春(妹)だけでなく
周囲にはとりわけ優しく気遣いのある女性。

陰鬱とまではいかないまでも、暗く重いテーマの元、
間違いなく純愛を意識する二人。
ただ、ひたすら好きなのだ。
ある意味で王道のラブ・ストーリー。

男の視線で言えば、主人公男、かなりリアル。
生活レヴェルは別として、大概の男は恐らく。

作画やデッサンとかの技法については分からない。
特別違和感はない。肩幅とかも漫画なら。

読み始めて止まらなくなった。
二人の行く末がどうなるのか。
1巻読後、寝るつもりだったのが止まらずに
2巻にも手が伸びた。
際立ったアトラクションは起きずに、
割とアッサリとした着地点。
そう、現実の世界もその程度だ。
そうして現実の大した事ない事柄の連続に
多少の救いを得る。

そうやって、大抵の人は安息と同
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
書籍化するのを心待ちにしていた作品です。
ざっくり言うと
世界の中でただひとり、妹、春だけを好きでいた夏美が、その春を亡くした後に、〈春と一緒に行った場所へ連れていく〉という条件で春の婚約者と付き合うことになる―
というあらすじなのですが
生きる意味を見失ってる夏美が春の居た痕跡に縋ってなんとかこの世に居るかのような様子が痛々しく、それでも表面上は無理に笑ってみせるのが更に痛々しく、そのうえ妹が愛した人と付き合っているという罪悪感にも苛まれとても不安定な様子が淡々と描かれていて読んでいて息苦しくなるほどです。
そして当の婚約者、冬吾がまた人を想うことも無く、何かを夢見ることもなく、親の敷いたレールをとりあえず歩いてきた男なのですが。
婚約者の姉(夏美)に不思議と心惹かれてしまっていて、春の死後夏美と付き合っていることに罪悪感を感じつつ、夏美も罪悪感に苛まれて苦しんでいることに気付きつつも、夏美が自分に振り向いてくれる事はないと思いつつも夏美と付き合い続けています。
余りに自分の欲求というものを持っていなかったばかりに何がしたいかもわからずただ離れていたくないと悩む冬吾がまた痛々しいほど不器用で。
そんな傷の舐め合いにも届かないごっこ遊びのような付き合いの中で過ぎる時間がとても読み応えがあって良かったです
...続きを読む ›
コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 m 投稿日 2016/12/30
形式: Kindle版
pixivで冒頭を読み、何とも言えない胸のざわつきを覚えて紙で購入しました。

データでの描きかた、見せ方に慣れているのか、単行本ではモニターで読む時よりフレームがないぶんページが散漫に見えます。たち落としの方にも重力があるといいますか。
私は安達哲先生が好きなのですが、ああいった、キャラや場面の「雰囲気(ムード)」を非常に印象的に作るタッチです。作者の方は漫画を読みなれてもいるんだろうなぁ、上手いと思います。目に焼き付きます。

登場人物のメインである2人が、
心を通わせた?といったいくつかの場面では
喜びよりも苦しみを感じていることが分かる表情で、「これが呪いか」と感じます。
2人は互いの向こう側に、人生そのものや
死そのものについても考え、悩み、
葛藤しています。
だからこその恋愛ものなんだろうなー・・・。
ヘビーな恋愛です。
あと2人がほんとに真っ直ぐでピュアで好感が持てます。魅力的です。ほかのちょっとした脇役も印象に残ります。

よい作品と作家さんに巡り会えたなーと思っています。自作にも期待しております。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
読んで、鳥肌が立ちました。
機能不全家族、アダルトチルドレンで育った人間達をリアルに描いたお話で、こんな現実で苦しんだ人達をリアルに描写して、可能性を引き出す漫画を読んだのは生まれて初めてです。
是非、2巻まで多くの皆さんに読んで貰いたい作品です。人間は支え合いであり、未来への希望や、意志を持って生きてくれ、そんな作者からのカタルシスを感じる、深い作品でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover