映画 暗殺教室 DVD スタンダード・エディション がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,947
通常配送無料 詳細
発売元: オープントレード
カートに入れる
¥ 3,947
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: Cutting Edge Records
カートに入れる
¥ 3,947
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 新一商店~全額返金対応保証付き、注文から最短二十四時間以内に発着~
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

映画 暗殺教室 DVD スタンダード・エディション

5つ星のうち 3.1 38件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,947 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 157 (4%)
ポイント: 1pt  (0%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、first you gift site7が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 3,600より 中古品の出品:25¥ 295より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 映画 暗殺教室 DVD スタンダード・エディション
  • +
  • 映画 暗殺教室~卒業編~ DVD スタンダード・エディション
総額: ¥7,092
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 山田涼介, 菅田将暉, 山本舞香, 竹富聖花, 優希美青
  • 監督: 羽住英一郎
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2015/09/25
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 38件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00YEQD20G
  • JAN: 4988104098627
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 24,972位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2015年日本映画実写No.1大ヒット!!(5月17日時点興行通信社調べ)
累計発行部数1700万部を突破した大人気コミック「暗殺教室」(原作:松井優征/集英社「週刊少年ジャンプ」連載)が実写映画化! !
続編映画「暗殺教室~卒業編~」2016年公開決定! !

★続編映画「暗殺教室~卒業編~」2016年公開決定! !
★大人気コミックス「暗殺教室」! まさかの実写映画化!
★メガホンをとるのは、「海猿」、「MOZU」各シリーズなどを手掛けた羽住英一郎監督! !
★本作が記念すべき映画初主演となる山田涼介をはじめ、バラエティに富んだ豪華俳優陣が集結! !

【収録内容】
(本編ディスク)
DVD/カラー/片面2層/ 16:9LB /本編110分+特典/2015年/日本
音声)1)日本語ドルビーデジタル 5.1ch 2)日本語ドルビーデジタル 2.0ch
字幕)1)日本語字幕
【映像特典】
(本編ディスク)
・特報
・予告
・TVスポット集
・続編映画「暗殺教室~卒業編~」特報


【ストーリー】
有名進学校「椚ヶ丘中学校」の落ちこぼれクラス3年E組に、どう見ても人間ではないタコ型の謎の生物が、突然、担任教師として現れた。
その生物は月の7 割を破壊し、1年後の3 月には、地球破壊をも予告しているという。多くの暗殺者や軍隊が暗殺を試みたものの、逆に“お手入れ(=ピカピカに更生)"される始末。
地球破滅へのタイムリミットが近づく中、謎の生物自ら、何故か椚ヶ丘中学校3 年E 組の担任となる事を政府に提案したのであった。
月を破壊した謎の超生物が、担任教師に! ?
国家から謎の生物=通称・殺せんせーの暗殺任務を秘密裏に託されたE 組の生徒たち。なんと、成功報酬は100億円。
潮田渚たちE組の生徒は戸惑いながらも、あの手この手で暗殺を試みていくことに……。
先生には“見捨てる"という選択肢はありません!
超速度で生徒たちの“暗殺"を回避していく殺せんせー。生徒の教育と心の“お手入れ"を忘れない面倒見の良い一面も。
周囲から見放され、他人を信じる事、そして自信を持つことを忘れていた生徒たちだったが、予想外に“担任"として真っ直ぐと向き合ってくる殺せんせーの姿に、少しずつ“ヤル気"が芽生えてくる。
はたして、生徒たちは卒業までに目的を果たせるのか?そして、意外に生徒想いな“殺せんせー"の真の目的とは??


【キャスト】
山田涼介 菅田将暉 山本舞香
竹富聖花 優希美青 上原実矩/橋本環奈 加藤清史郎
知英 高嶋政伸/椎名桔平

【スタッフ】
原作:『暗殺教室』松井優征(集英社「週刊少年ジャンプ」連載) 監督:羽住英一郎 脚本:金沢達也 音楽:佐藤直紀
主題歌:「殺せんせーションズ」せんせーションズ(ジェイ・ストーム)
製作:フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT 制作プロダクション:ROBOT
(C)2015 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT
(C)松井優征/集英社
発売元:フジテレビジョン 販売元:東宝

※商品仕様・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松井優征の人気コミックを映画化。有名進学校・椚ヶ丘中学の落ちこぼれクラス・3年E組に、突然タコ型の謎の生物が担任教師として現れた。E組の生徒たちは地球を破壊すると宣言している謎の生物、通称・殺せんせーの暗殺を国家から依頼され…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
烏丸先生、漫画じゃまだ28歳やのに映画やとオッサンなのが残念です。
渚も漫画通りの髪型にしてほしかった。

岡島君とか三村くんとかは漫画通りやのに。

あと、ツッコミが弱い!
もっと全力でツッコんでほしかった。

もっとクオリティにこだわってほしかったので、星マイナス2です。

それ以外は面白かったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
暗殺教室はアニメ→原作→映画の順で見ました。

実写化決定、ビジュアル公開当初から批判が多く、劇場で見る価値はなさそうだな(酷いですが)と思い暫くしてからレンタルで借りて見てみたのですが、それで正解でした。

まず映画化すること自体に無理がありますよね…。
所々省かれていたり、かと思えば話に取り分け必要無さそうなオリジナルキャラクターがいたり。

原作は原作、映画は映画。
映画での殺せんせーや3年E組の生徒達はこういう一年を過ごしてきたんだな…と割り切って見るにしても、それでもモヤモヤとした気持ちは晴れませんでした。

生徒個人個人の活躍も、もう少し映して欲しかったです。あれでは名前を言われても誰が誰かですら分かりませんし、期末試験の結果や暗殺能力の成果を発表された所で各自がそこに至るまでの葛藤や努力の場を見ていないので「ふーんそうなんだ凄いね」くらいにしか取れません。

良かった所は鷹岡の再現度くらいです。

これから見てみようか悩んでる方、山田さんや二宮さんのファンの方なら見応えがあるのではないでしょうか。
原作ファンの方、アニメファンの方は見なくて良いと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ゴリゴリのジャニタレ推し映画化の話になった時に原作からアニメと全く違う別物映画と捉えましたが予想はるかに超え呆れました。
しかも主演と重要な先生役の声優をジャニタレに更に推し混む実写にドン引きもいいところ。
実写備えての見せ方、構成、主演俳優は原作に遜色ないやり方で対応してほしかったです。
全てにジャニタレ頼りかのやり方で全然面白くもない実写版にしてジャニタレファンだけ楽しんで納得し原作、アニメファンが納得できない映画化は作らなくてもと見限りの流れになるのでは。
原作、アニメファンでもある構成なりしっかりしていれば納得出来る作品作りは出来たはずです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なに、これは?原作好きだし、まあ忠実に・・・なんて無茶は言わないけど
これはないわ・・・。キャラが見事に全滅してるし
殺センセーのCGだけが許せるレベルという出来の悪さ。
アクションシーンも見掛け倒しで、迫力も殺気もあたもんじゃない。
ただの、じゃれ合いもいいとこ。ストーリーも展開も読めちゃうし
作品を取り巻く世界観が幼稚過ぎ。
女子供向けのアニメ以下ですね。
高嶋のキチガイ芝居もあんなのは役者としてやりやすい役柄であり、過剰芝居。
単純な人ほどこういう大袈裟な芝居にコロっと騙される。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
先日届きました!訳あって映画館では観れなかったんだけど💧これはこれで純粋に面白かったです。もちろん原作も知ってますが、山田涼介と銃器好きなアタシとしてはもうどうでもいい話しで(笑)。髮色とかもフツーに現実的でアタシもこんなクラスだったら学校生活もっと楽しかったなーってリアルに感じた。ま、しいていえば?イリーナ先生青コン入れて欲しかったくらい。話変わりますが、ドラゴンボールも原作全部知っているけど実写版ドラゴンボール(笑)もウケたアタシなんで(笑💦。ごめんなさい失礼しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何が楽しいのか全くわかりませんでした。

誰にも感情移入できず、笑えも泣けもせず、ただ自分がおっさんになってしまったので、理解できないのだろうと悲しくなった。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まぁ厳しいようですがおもしろいか、面白くないかと聞かれたら、私はひどかったと言いますね~カラスマばりおっさんやん
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
映画館に行くことが出来ないので、こちらで買いました。予想していたよりも面白くて、とりこになってしまいました。買って良かったです
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作・アニメを見てハマってしまい、意気込んで実写版を見ました。…大変申し訳ないですが途中で見るのに疲れました。
約2時間の中に正直詰め込み過ぎな気がします。殺せんせーの登場や生徒の暗殺も何だか手を抜いているのが分かりやすいですし、イリーナさんや烏間さんのエピソードも雑になっていました。特に後半の鷹岡・イトナとの闘いがごちゃ混ぜになっているためよく分からない状態になってます。またオリジナル要素として渚君が本棟の生徒に恋愛感情を抱いているというものがあるのですが、正直いりませんでした。「だから何?それなら母親との確執を描けばいいのに。」です。浅野親子も出てこないですし、テストの独特なシーン表現もなく、いったい何をメインとして持ってきているのか分かりませんでした。ラストも正直無理やりそこに押し込んだ感がしました。

また設定が中学生なのに違和感がありすぎです。主人公の渚君はもっと線の細い中性的な感じですし、カルマ君は妙にがっしりしていて赤髪が不自然でしたし、イリーナさんはもう少し色気のある(出来ればヨーロッパ系の)外国の方にしていただきたかったですし、烏間さんも椎名さんではイメージとずれていきます。殺せんせーの声は二宮さんが演じられているのですが、どうしても声を低くして凄む所はやはり迫力にかけました。アニメ版の福山さんをご参考されたのはよく分かりましたが。<
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー