映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディショ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,900
通常配送無料 詳細
発売元: 山三本舗
カートに入れる
¥ 3,200
通常配送無料 詳細
発売元: E-BRANDマーケット【迅速・丁寧にお届けいたします】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション

5つ星のうち 4.6 85件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,780
価格: ¥ 2,887 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 893 (24%)
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 2,550より 中古品の出品:12¥ 1,050より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 春の大セール
50%OFF以上多数。対象商品はこちら。 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション
  • +
  • 海街diary DVDスタンダード・エディション
総額: ¥5,950
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 有村架純, 伊藤淳史, 吉田羊, 田中哲司, 野村周平
  • 監督: 土井裕泰
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2015/11/18
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 85件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B013G06ENC
  • JAN: 4988104099143
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 832位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

原作累計発行部数100万部突破!!
満足度99.2%、おすすめ度99.6%、感涙度95.1%の驚異の感動率! (4/16東宝試写会調べ)
観客動員200万人突破(公開45日)、28.3億円の大ヒット!

2014年年間ランキングの上位に輝くベストセラー
「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」―感動の嵐を呼んだ奇跡の実話。
慶應大学合格という夢に向かって突き進むさやかの姿は、やがて崩壊寸前だった家族の絆を取り戻していく―。
家族の愛と仲間の友情、明日から頑張る勇気とヒントをくれる、汗と涙と笑いのいっぱいつまった、とびきりの青春ストーリー。

通常版にも特典映像として“「坪田先生の白熱授業」完全版"を収録!

特典内容(予定)
●「坪田先生の白熱授業」完全版
ナビ番組では放送していない未公開映像も収録した完全版!
●特報/予告/TVスポット

CAST
有村架純 伊藤淳史
野村周平 大内田悠平 奥田こころ あがた森魚 / 安田顕
松井愛莉 蔵下穂波 阿部菜渚美 山田望叶 / 矢島健一 中村靖日 峯村リエ
吉田羊 田中哲司

STORY
さやかは高校2年生。中学入学以来、全く勉強をしなかったので、ついに成績は学年ビリ。
いくらなんでもこのままではマズイと思ったのか、そんな女の子が学習塾にやってきた。
でもその姿は金髪、ヘソだし、超ミニスカのギャルメイク。対応した塾講師の坪田もびっくりの彼女の知識は小4レベル。
聖徳太子を「セイトクタコ」と読み、東西南北も分からない。
それでも夢は大きく第一志望はチョー難関の慶應大学! (←ゼッタイ無理! )
「さやかが慶應なんてチョーウケる~! 」こうしてノリで二人三脚の受験勉強がはじまった! (でも、まずは小4ドリルからね)
果たして、こんなことでビリギャル・さやかは慶應大学に受かるのでしょうか??

スタッフ
監督:土井裕泰
原作:坪田信貴「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」
(株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊)
脚本:橋本裕志
音楽:瀬川英史
主題歌:「可能性」サンボマスター(Victor Entertainment / Getting Better)

発売元:TBS
販売元:東宝
©2015映画「ビリギャル」製作委員会

※商品仕様・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

坪田信貴のベストセラー書籍を有村架純主演で映画化。高2の夏に学年ビリ、学校からは人間のクズと罵られていた女の子が、ひとりの塾講師との出会いから偏差値70の超難関・慶応義塾大学合格を目指す青春ストーリー。共演は伊藤淳史ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

この物語の大筋は大体分かっていながらも、それでも感動する。
憧れる人間模様がこの映画にはありました。
恥ずかしいと思ったことは一度もない、とか、楽しかった、とか、母親の言葉は嬉しくもありグサグサと愛の刃で切りつけられる思いでした。
自分もこんな愛され方、愛し方をしたいと思えました。
何より、主人公のさやかが可愛い。
前向きで一生懸命、人を大切にしようとする、自分に出来る事を必死でやる姿は純粋に心を打たれました。
有村架純さんの演技がとても自然で素晴らしかった。可愛いのに媚びた可愛さじゃなく、ちゃんとさやかに見えました。
伊藤淳史さんもとても良かった。
不器用そうなのに一生懸命な喋り方、すごく素敵な先生でした。
先生といえば、さやかの担任の先生が、最後に記念撮影で約束を守って裸になってる姿にホッコリしました。
嫌な先生だなって思ってたのに、ちゃんとさやかとの約束を守って、なんだかそういう大人も可愛いと思えました。
総括してこの映画に出てくる人物、みんな可愛いです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ume 投稿日 2016/6/16
主演の有村さんの金髪やベストセラー書籍の映画化の話題が先行していたので、
なかなか積極的に機会を作らず、今ごろになって鑑賞しました。

観賞後の思いは「あぁ、もっと早く観れば良かったなぁ」ですね。
思いがけず涙がこぼれる良作でした。

実は有村さん上手いですね。
女優としての有村さんはバラエティー番組とかで見せるかわいい女の子像とは全く別人です。
与えられた人格と真剣に向き合ってこそできる自然な演技が際立っています。
だからこそ泣けるんですよね。

これが実話だというのは信じ難いほどです。
1年で偏差値を40上げるって。。。
凄いとしか言いようがないです。

勉強の仕方とか、先生が何を教えているかという批判めいた意見が見られますが、
なぜ勉強するのか、どう目標設定させるのか、何から取り組めば良いのか、
如何にして雑音を振り払うか、どうやって自信を持たせるか。。
実は「勉強」を教えるよりも、まずはこれらが大事なことなのだと思いますね。
自身は三流大学出身なのに生徒を東大に合格させる家庭教師もそんなことを言ってました。
教えるのは「なぜ」と「姿勢」と「未来」だと。

...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは名作。

想像してたのはもっと軽くて、今風のウルサい映画だったんですが、これがまたとっても丁寧で、涙なしには見ることの出来ないヒューマンドラマでした。
オレの大好きな『遠い空の向こうに』や『ルディ 涙のウイニング・ラン』あたりを思い出させる熱くて、爽やかな感動作。

主人公は単純に勉強の仕方を知らなかっただけで、塾での先生との交流や受験勉強の過程で独創的な発想力や勘の鋭さ、努力家であることがわかっていく。

人間としても素晴らしいと思ったな。
友達は多いし、性格も明るく、大人社会への反発はあるけどそれは彼女を見下す大人が周囲にいすぎただけで、心が真っ直ぐなんですよね。
それは母親の精神をちゃんと受け継いでいるからだと思ったな。

有村さんが難関に挑むギャルを伸びやかに、熱をこめながら、真摯に演じています。
自分を信じ切れず心折れそうになったり、葛藤もしながら、家族や塾の先生、友達に支えられて奇跡を起こしていく姿を素直を応援してしまい、涙させられました。

相手の未来や心を信じるという指導者との運命的な出会いと母親が見せる思い、言葉、向きあい方が実際に彼女の内面を変え、学ぶことに本気で取り組んでいくのです。そして、最後には壊れかける家族をが
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は最初1人で観て、
大号泣してしまい、
両親に勧めて、計2回観ました。
私の父曰く、今迄観た映画の中で、
最も良い映画であったと。

この映画は単なる
サクセスストーリーではなく、
家族の絆、愛の物語です。
いい意味で期待を裏切られる作品です。
ハンカチ必須です。

私事ですが、私はもうすぐ大学卒業で、
この映画を観て、大学受験時代を
思い出してしまいました。

毎日、私のために、必死で働いて、
励まし支えてくれた両親。
とにかく両親が毎日支えてくれた
おかげで、今の自分があることを、
しみじみと感じさせられました。

まだ観られてない方は、
ぜひ観ていただき、
家族の愛を感じて頂けたらと
思います。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す