映画 クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,772
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

映画 クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃 [DVD]

5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,751 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,353 (33%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、IDE JPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 2,751より 中古品の出品:4¥ 1,700より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 映画 クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃 [DVD]
  • +
  • ファインディング・ドリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
総額: ¥5,878
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 矢島晶子, ならはしみき, 藤原啓治, こおろぎさとみ, 真柴摩利
  • 監督: 高橋渉
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2016/11/04
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01HR8HZM8
  • JAN: 4934569648013
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 708位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

映画24作目のテーマは、夢!
夢と感動が詰まったファンタジー大ケツ作が誕生! !

オラが寝るから大丈夫! !
いざ、夢の中へ。おやすみファイヤー! !


◎仕様◎
【特典】
解説書(8P)
【映像特典】
ノンテロップオープニング(ねんどアニメ)
ノンテロップエンディング、映画特報、予告編、設定資料集(静止画)


◎内容◎
ある夜、それぞれに楽しい夢をみていた野原一家は、いきなり大きな魚に飲み込まれるという不思議な夢を見た。
その日をきっかけに、街じゅうの人たちが、眠ると見たい夢が見られる世界“ユメミーワールド"に行けるようになる。
楽しい夢に夢中になるしんのすけたち。しかし、ユメミーワールドは次第に悪夢しか見られない恐怖の世界へと変わっていく。

そんな時、しんのすけの幼稚園にサキという女の子がやって来る。
みんなが友だちになろうとする中、誰とも打ち解けようとしないサキ。
カスカベ防衛隊はサキに仲間になろうと声をかけるが、サキにはある秘密があるのだった……。

しんのすけたちはみんなの夢を守ることができるのか! ?


◎キャスト◎
しんのすけ:矢島晶子/みさえ:ならはしみき/ひろし:藤原啓治/ひまわり:こおろぎさとみ/シロ:真柴摩利/ネネちゃん:林 玉緒
マサオくん:一龍斎貞友/風間くん:真柴摩利/ボーちゃん:佐藤智恵/貫庭玉サキ:川田妙子/大和田 獏:大和田 獏/城咲 仁:城咲 仁
とにかく明るい安村:とにかく明るい安村/貫庭玉サユリ:吉瀬美智子/貫庭玉夢彦:安田 顕

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版第24弾。誰もが見たい夢を見られる世界・ユメミーワールドを訪れ、喜びいっぱいのしんのすけたち。しかし、謎めいた少女・サキの登場によって、人々は恐ろしい悪夢の世界に閉じ込められてしまう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

子供の頃からクレヨンしんちゃんの映画が好きで自分が特に好きなのはオトナ帝国、戦国、温泉なんですが、今回の映画ユメミーワールドは自分の中でトップか2番に入る作品でした。
いい大人なので映画はクレヨンしんちゃんが一番好きと言ったら笑われますが見てから笑ってほしいですw
家族愛が本当に伝わって泣いてしまいました!
あと今回のやつは大人でも少し怖いと思ったシーンが何個かあったのですが、そのぐらいで丁度いいと思いました。
サキちゃんは多分人気キャラになると思うのでまた映画で出てくる事を期待してます、どういう風に出すか難しいかもしれませんが、かすかべ防衛隊として出してほしいです!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今までの作品は全て見ましたが、最高傑作と言える作品でした。くだらないギャグも満載で、映画館は爆笑の渦でした。
ギャグだけでなく、友情や家族愛も描かれています。今回はヒロシではなく、みさえに大事な所を持って行かれてる感じですね。
クレヨンしんちゃんの映画の敵は、正直こいつは結局何がしたかったんだ?と疑問になる敵が多かったのですが、今回の作品はきちんと敵の感情、考えが明白にある上での行動なので感情移入もしやすかったです。
私は野原一家だけでなく、カスカベ防衛隊も活躍して欲しいので、両方活躍する今回の作品はとても楽しんで観る事が出来ました。
最近、当たり外れが激しかったクレヨンしんちゃんの映画ですが、ユメミーワールドは家族で楽しんで見られる作品だと思います。
ただし、一部悪夢の所で怖い描写があるので、小さなお子さんには配慮してあげる方が良いかもしれません。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
劇団ひとりさんが関わるということであまり期待していませんでしたが、面白く見れました。
若干狙いが透けて見えすぎるシーンもありましたが、ギャグも含めて「子供も」大人も楽しめるクレしん映画へのこだわりが伺えました。タイトルが懐かしいテイストなのもしかり。
3分ポッキリ以降はどうも迷走してる感じが払拭できなかったクレしん映画ですが、B級グルメあたりから持ち直してきていると思っています。まだ見ておられない方はそれらも合わせてぜひ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず見ていて、これは本当にクレヨンしんちゃんなのか!?アニメのストーリーとは思えない・・・と、思いました。
クレヨンしんちゃんの映画か・・・。という雰囲気で見ると間違いなく驚きを隠せなくなるでしょう。

友情、家族愛、父親が娘を思う気持ち
キーワードはこの3つだと思います。
サキちゃんのキャラデザはしんのすけに近く、父親と母親のキャラデザはひろしとみさえに酷似しています。これはいわば製作者の、野原一家にたとえられるような想いがあったのではないかと推測されます。
父親が娘を思う気持ち、娘を守るという強い気持ち。カスカベ防衛隊の一員となり、みんなに迷惑をかけたくないという娘の心境の変化。サキちゃんを守ろうとするカスカベ防衛隊。そして、母親が自分を恨んでいるという思い込みを開放させる、みさえ。
どれをとっても文句なしの作品です。オバカな表現も、適度に入っており、これがいいアクセントになってます。
それに加えて、大人でも夢を見る(子どもに戻ったときの夢)という観点からも描かれており、私もなぜかオレンジジュースを手元に用意してみてしまいました。
ホラー要素もいい感じに入っており、なかなか見ごたえがあります。よくホラーをここまでうまく入れてきたな。と脱帽してしまいました。

クレヨンし
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画館で観ました!

●あらすじ
誰もが見たい夢を見られるという夢の世界を訪れた野原しんのすけ達カスカベ防衛隊。
それぞれ思い思いの姿になって楽しんでいた。
しかし、謎めいた女の子・サキの登場により、人々は恐ろしい悪夢に閉じ込められてしまう。
人類の安眠を守るため、しんのすけたちは立ち上がる……。

と、90分以上ありますが、子供も最初から最後まで飽きずにみてました!
映画のしんちゃんはかっこいいですね!
今回の脚本は劇団ひとりと、高橋涉の共同脚本なんですね。
笑いあり涙ありの面白い作品でした。
おすすめです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー