映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: DACN-V3
カートに入れる
¥ 2,000
55pt  (3%)
通常配送無料 詳細
発売元: Bee market(その他商品はコチラ^^)
カートに入れる
¥ 2,130
通常配送無料 詳細
発売元: B.B Store
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]

5つ星のうち 4.8 268件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,951 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
ポイント: 6pt  詳細はこちら
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、玉光堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:22¥ 1,750より 中古品の出品:10¥ 1,610より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]
  • +
  • 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]
  • +
  • 映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 [DVD]
総額: ¥5,461
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 矢島晶子, ならはしみき, 藤原啓治, こおろぎさとみ, 関根勤
  • 監督: 原恵一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2010/11/26
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 268件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0041IY9KY
  • EAN: 4934569639639
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,479位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

20周年記念スペシャルプライス!!「映画クレヨンしんちゃん」シリーズ16作品を一挙リリース!!
第9作は「オトナもみなけりゃもったいないゾ!」とオトナたちの間で話題騒然!!
日本中がおバカになっちゃった!?
未来はオラが守るゾ!

◎仕様
毎回映像特典映画特報、予告編、TVスポット、ノンテロップオープニング、設定資料集

◎内容
ある日、春日部で突然「20世紀博」というテーマパークが開催された。
昔のテレビ番組や映画、暮らしなどを再現し、懐かしい世界にひたれる遊園地に大人たちは大喜び。でも、しんのすけをはじめとする子供たちには、ちっとも面白くない。毎日のように夢中になって遊びに行く大人たち…。
そのうちにひろしは会社に行かなくなり、みさえは家事をやめ、しんのすけがひまわりの面倒をみる始末。実はこれは、“ケンちゃんチャコちゃん”をリーダーとするグループの、大人だけの楽しい世界を作って時間を止めてしまう、恐るべき“オトナ”帝国化計画だった!
やがて大人たちは、「20世紀博」に行ったきり、帰ってこなくなってしまう。このままでは未来がなくなってしまう!そこで、しんのすけら“かすかべ防衛隊”のメンバーはオトナたちを取り戻すために、「20世紀博」へ乗り込んでいくことにする。しかし、そこにはもうすっかり子供に戻ってしまった親たちが楽しそうに遊んでいた。
果たして“かすかべ防衛隊”は “ケンちゃんチャコちゃん”に勝てるのか!?
そして、しんのすけはオトナたちを今の世界に取り戻し、未来を守ることができるのか!?

◎キャスト
しんのすけ:矢島晶子/みさえ:ならはしみき/ひろし:藤原啓治/ひまわり:こおろぎさとみ/風間くん:真柴摩利/ネネちゃん:林 玉緒/マサオくん:一龍斎貞友/ボーちゃん:佐藤智恵/ケン:津嘉山正種/チャコ:小林愛/TVの声:関根 勤、小堺一機 他

◎スタッフ
原作:臼井儀人(らくだ社)/監督・脚本:原 恵一/演出:水島努/作画監督:原 勝徳・堤のりゆき・間々田益男/キャラクターデザイン:末吉裕一郎・原勝徳/音楽:荒川敏行/主題歌「元気でいてね」歌:こばやしさちこ/作詞:白峰美津子/作曲・編曲:岩崎元是/製作:シンエイ動画・ADK・テレビ朝日 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気ギャグアニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第9弾。昔のテレビ番組や暮らしなどを再現し、懐かしい世界にひたれる「20世紀博」に夢中な大人たち。そこへ行ったきり帰って来なくなった大人たちを取り戻すため、しんちゃんたちが大活躍する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
2001年といえば同じアニメの『千と千尋の神隠し』が大ヒットを記録した年だが

両方見た自分としては、どう考えてもこちらの方が名作であると思った。

クレヨンしんちゃんという媒体を通じて伝えられるメッセージは

それこそドラマや実写映画でこれをやられるとウザったく感じるものかもしれない。

だけどあの無責任でいて本当は賢い五歳児の口から伝えられるとホロリとしてしまうのだろう。

はじめて見た時は子供時代だがケンやチャコの言葉には共感できた。

そしてそれを覆すしんちゃんの言葉にも。

作品中誰かが死ぬわけでも理不尽な戦争があるわけでもない。

なのにこれだけ涙を流せる作品は悲しいかな今の時代にはほとんどないであろう。

子供向けアニメという偏見でこの作品を手にしないのは実にもったいないことだと思う。
1 コメント 467人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 JB-DET 投稿日 2010/12/1
形式: DVD
正直、クレしんでここまでの良作が出てくるとは思いませんでした。
これはもうクレしんというより、アニメを超越した名作と言わざるを得ない。

「三丁目の〜」が、ともすれば「昔はよかったな〜」で終わりかねない映画なのに対し、
この映画はノスタルジーに対するアンチテーゼをきちんと示した点が特徴的です。

子どもたちには懐かしむ過去なんてない。どんなに今が醜くとも未来を信じて生きていくしかない。
大人たちだって同じ。どんなに過去が輝かしくとも、過ぎ去った過去にすがり付いて生きていく事なんて
できない。

数ある名シーンの中でも、最後のチャコとしんちゃんのやりとりが一番印象的です。
ひろしの回想やエレベーター前でのひろしのセリフ、その後の階段も印象的ですが、私はこのシーンこそ、
この作品の核であると思うからです。(これから観る人のために詳しくは書きません)

私は生きていくのが辛くなり、過去を思い出すようになった時は、この映画と決めています。
自分にも未来があると信じるために。

私自身はクレしんを否定も肯定もしません。お下品な表現に対して否定的な見方をされるのも
理解はできます。しかしこの作品に関して言えば、そういった表現に目をつぶってでも観る価値のある
完成度の高いエンターテイメントだと考えます。
コメント 228人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
多くの映画の中で、人前で号泣した数少ない作品。

そして劇場版クレヨンしんちゃんに目覚めた作品でもある。

途中までは少し考えさせられながらも、クスクス笑いながら見ていられた。

昭和の懐かしい光景も、胸がジーンとしつつもまだ平静を保っていられた。

しかし、ラスト手前の、ひろしが半生を振り返るシーンで完全に涙腺が崩壊した。

まだ私は若い。28歳だ。なのに、ひろしが歩んできた人生へのオーバーラップが止まらない。

そしてしんのすけの呼びかけに対して、愛する家族を思い出すひろし。他のどんな感動系映画を見るよりも涙が止まらない。

だめだ。鼻水まで止まらなくなってきやがる。

そして怒涛のラストシーンへ。

本当にもうだめだ。声が出せないほど号泣。

20代の私でもこのザマである。

30代以上の昭和を長く生きた人はもとより、10代の方が見ても後悔の無い完成度である。
コメント 225人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/5/1
形式: DVD
とあるテレビ番組で『大人の男が泣くアニメがある』と言って紹介していたのがキッカケでした。それがクレヨンしんちゃんだというのにビックリ。「なんでや?」と不思議に思って見ていると、「クレヨンしんちゃんなんかで泣く訳がない」と言っていた男の人が、見ているうちに涙をこぼしている映像が映っていました。「おや?なんで泣くような事があるん?」、急いでレンタルビデオ屋に走ったのは言うまでもありません。私の目にも涙があふれました。「このDVD、絶対に買うぞぉー!」、ずっと頭から離れない最高のアニメです。
コメント 160人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ひろしの回想シーンでボロボロ泣いてしまうのに理由はいらないようです。
十代の時父が家を出、その後倒れた母の介護に多くの年月がかかった自分にとっても、
ヒロシの学生時代から上京、就職、恋愛、結婚、そして家族…の人生が
ただ流れる音楽と映像で映し出されていくとき、鑑賞するたびに、何かこみあげてきます。
それは暖かさだったり寂しさだったり。

前半で、大人たちがいっせいに子育てを放棄し街から消える場面にはゾッとします。
皆が本当にそれをやりはじめたら世界はこんなふうになってしまうのかと。

「オラのことわかる?」
というしんのすけを泣きながら抱きしめるひろし。彼がみさえと一緒に全力で築いてきたもの。
それを守るために死にもの狂いでタワーを疾走していくしんのすけ。
コケるたびに傷が増え、立ち上がり、また走り、何度もコケて立ち上がる…
思わず手を握り潤んでいく眼。彼の輪郭もゆがんでいく。
このしんのすけのアップとスピード感には最初びっくりしました。
これほどまでに胸をしめつけられる描写もそうないです。
クレヨンしんちゃんでなければ出来なかったビジュアルですね。

観てよかった、というより、
出会えて良かった、と思う映画でした。
コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック