通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
映画日本国憲法読本 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

映画日本国憲法読本 単行本 – 2005/4

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 映画日本国憲法読本
  • +
  • NHKスペシャル 日本国憲法 誕生 [DVD]
総額: ¥5,438
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界から見たわたしたちの憲法。

内容(「MARC」データベースより)

ジャン・ユンカーマン監督作品「映画日本国憲法」の採録シナリオ及び「世界の人たちから見た日本国憲法」をテーマに行ったロングインタビューより、ジョン・ダワーやノーム・チョムスキーらのインタビュー全文を掲載。


登録情報

  • 単行本: 266ページ
  • 出版社: フォイル (2005/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902943042
  • ISBN-13: 978-4902943047
  • 発売日: 2005/04
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 566,394位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
以前、労働組合の役員をしていた時、上部団体のパーティがあり、その場に現れた民主党の現職の参議院議員に、民主党も改憲なの?と率直に聞いてみた。

答えは、9条に絞ったもので、1項は変えない、2項は変える、とのことであった。

集団的自衛権については意見が分かれ、もし外国に出兵する事態になった場合、あくまで国連決議を最優先する、とのことでした。

9条を変える、まあ、結構なことである。でもどうしても引っ掛ることがある。

この本の中で、歴史家ジョン・ダワーは、ベトナム戦争時のアメリカ軍のゲリラに対する「平穏化プログラム」は、中国戦線での日本の「三光作戦(殺し、奪い、焼きつくせ)」をモデルにしていた、という。

ゲリラと非戦闘員の区別なぞつかない。だからゲリラに協力していると見なした村は、根絶するため、焼き尽くしたのである。

民主化を標榜するアメリカ、大東亜共栄圏を主張した日本。侵攻された国の人間としたら、どちらも武器をもった凶暴な侵略者であることには変わりがない。

そして、イラク戦争。

日本は、アメリカを支援するため、「なにか違った名前を持つ」軍隊をイラクに派遣してしまった。

元CIA顧問の、チャルマ
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 1945年以前、日本には市民が存在しなかった、全ての日本人は
天皇の臣民でした。 主権は天皇にあった。 旧憲法で強調されて
いたのは天皇に対する臣民の義務だった。公務員も存在しなかった、
天皇に仕える役人だった。

 敗戦国、日本に米国軍がやってきて日本政府に公然と言った、
”明治憲法を変える必要がある。”

 日本政府に任せておいたら、いつまでも必要な憲法を創案出来ない
だろう。マッカーサーが口を出した、”我々が介入して、日本人に
規範となる憲法創案を示さなければならない。”マッカーサーは何を
恐れていたのか。憲法創案委員会が自分より急進的な事を恐れた。

 マッカーサーは新憲法には3つの特徴を盛り込むべきだと考えた。
第一に、天皇は国家の象徴となるが、主権は国民にあること。
第二に、市民権と人権が保証されている事。
第三に、交戦権を放棄する事。軍隊を所有する権利を持たない事。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告