日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

 (90)
6.71時間40分2010すべて
ある日、タイムマシンでしんのすけの未来の花嫁タミコがやって来た。 大人になったしんのすけが、ネオトキオの支配者・金有増蔵に捕まってしまい、助けるためには5才のしんのすけの力が必要だという。タミコの必死な訴えにも、いつも通りまったくやる気のないしんのすけ。お互いに本当に未来のケッコン相手なのかと疑いつつも、とりあえず、二人は未来都市“ネオトキオへ”--。 大人しんのすけが連れ去られた理由とは!? 5才のしんのすけのパワーとは!? 今、しんのすけの、未来の自分と花嫁を救う戦いが始まる!!!そして、しんのすけとタミコ、二人の未来は--?(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2010
監督
---
ジャンル
アニメキッズ
オーディオ言語
日本語
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
テレビ朝日
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.0

90件のグローバルレーティング

  1. 27%のレビュー結果:星5つ
  2. 19%のレビュー結果:星4つ
  3. 10%のレビュー結果:星3つ
  4. 18%のレビュー結果:星2つ
  5. 25%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

TETO2019/04/12に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
隕石がもし落ちた場合の未来世界
確認済みの購入
オラの花嫁は未来の世界を舞台にしています
その未来とは埼玉の春日部市に隕石が落ちた場合の未来 つまりIFの世界です

それを前提として見れば色々と突拍子も無い事もそういうものだと受け入れて一つの可能性として見れます
もししんちゃん達が大人になったら?そういうもしもを見たい人達は多いのでファンサービスとしてこの映画は成り立ちます
ただこの映画はタミコの父親が絶対悪として展開していって最後にはINTERPOL所属の大人のひまわりによって逮捕されるのでタミコの父親が自業自得で極悪非道でもタミコの身内に不幸な人が出てしまうのがちょっと難有りですタミコ自身がどう思うかはともかくとして(ネオトキオを掌握して世界征服的な事をしていたり大人のしんのすけを爆破しようとして殺人未遂まで犯しているので...)

私が良いと思ったシーン

しんのすけ「死んでない!」
金有増蔵「死んでない?ハッ! それがなんだ?お前が過去の野原しんのすけだとしてももうこれ以上の未来は無い 終わりだ!」
しんのすけ「終わってない!」
しんのすけ「オラは死なない!死んでない!」

これはしんちゃんが大人のしんのすけは死んでいないと台詞で言っているんですが受け取り方を変えると
臼井儀人先生が亡くなっても「クレヨンしんちゃんは死なない 終わらない 未来を作れる 」とも受け取れました
ここはそういう事を思うと好きなシーンです

それと大人ひまわりが喋って出ているのも好きです
色々脚本に荒はありますが楽しめる部分もあり中々評価が難しい作品だと思います

※ここから先はオラの花嫁とちょっと関係無いレビューですが
クレヨンしんちゃんは基本はサザエさん時空の作品でありながら
作中で起こった出来事がちゃんと積み重なり
周りのガジェット類や環境が時代によって変化していく 凄い国民的アニメ作品だと思います
身近な等身大の家庭の日常や世間の日常を色々な年齢 性別 趣向 環境の登場人物の視点から映し続けれる作品って無かったんじゃないでしょうか?
スピンオフを多く作れた国民的アニメもあまり知りません
とクレしん世代の私は元号が令和になる直前の今思います
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonのお客様2019/04/05に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
駄作。しんちゃんのいいところがない
確認済みの購入
しんちゃん映画が好きな人が期待する何もかもが無い作品でした。
「未来に行く」という設定のみで動いている感じで、ストーリーにも奥行きやハッとさせられるシーンもなく
ギャグにも全然キレがない。
何より、おバカでスケベで突拍子もなくて、でもいつもでも自分の心にしたがって生きていて
底抜けに明るいしんちゃんの「しんちゃんらしさ」が極端に薄まっているのが一番痛いと思いました。
未来のしんちゃんの婚約者というタミ子も、魅力が全然わからない。
それなのに彼女がメインで動くシーンばっかり。
しんちゃんが主人公の映画なのに、なんでこの人にしんちゃんが振り回されているの?って感じです。
誰にも、どんなときも振り回されないのがしんちゃんでしょう。
後は女芸人に声をやらせたということだけがウリの敵キャラや、意味のない無駄なシーンで前半が費やされ、
途中で耐えられなくなって観るのをやめてしまいました。
過去のしんちゃん映画は敵も味方も味のあるキャラで、しんちゃんや野原一家との絡みにわくわくしたのになぁ。
がっかりです。
評価が高い理由が全然わかりません。しんちゃん映画のファンがつけているのだとしたら、なおさら。
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
youRs2019/04/07に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
今ひとつでした。
確認済みの購入
しんちゃんが自分とその花嫁を助けるために未来へ行く話。こういった話はこれが初だったのではないでしょうか。過去は結構あるような気が……。しんちゃんが未来へ行き、かすかべ防衛隊の未来の姿が見られ、嬉しくもあり、また驚きも多くありました。
良い点としては相変わらずのちょこちょこ入れてくるギャグは笑えました。結婚花占いとか。まさお君、ネネちゃんの未来の姿は結構好きでした。
悪い点として、まずキャスティングです。敵役にお笑い芸人必要ですか? セリフは棒だし、聞き取り辛いし、もはや金の匂いしかしません。なんでこいつら入れたんだよって感じです。しかも割と出番長いし、多い。
次に脚本。何がしたいのかまるでわからない。かすかべ防衛隊と共に行く。だとしたらなんで他の四人の絡みがあんなにも短く、そして意味が無いのか。あれじゃただの都合のいい映画の尺つぶしだ。展開的に読めるのはべつにいい。だけど未来の姿にショックを受けてはいさよならって驚きます。せめて、自分に何やってんだって言って、未来の自分が助けに来る方が良かったです。一番酷いのがかざま君、友達の自称婚約者とわかっていてよく結婚式を挙げようと出来ましたね。せめて葛藤してください。どんだけイエスマンなんですか。五歳のかざま君もなんか言ってください。おかしいですよね。これだったらしんちゃんのみの方が断然よかったです。
総評として、はっきり言って面白くないです。持っていきたい方向性は察しましたが、あちこちに無駄な尺を使っているせいか本筋がぼやけています。あとギャグが寒いとこが多くなったなって感じました。
最後に時間モノはこういった長年続いているアニメに関したら難しいところだと思いますが、しんちゃんらしかったんじゃないかなと思いました。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Ack2017/05/18に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
私はこの外伝好きですね
確認済みの購入
この映画のレビューを色々と見ていると、かなり賛否両論みたいですね。
私はかなり楽しめました。
未来ネタという一度しか使えない禁断のカードを切った映画なので、見る人によってはかなりハードルが上がってしまうのでしょうか。

この映画は、自分が知っているキャラクター、世界の「未来」が一つの可能性として描かれており、ワクワク、ドキドキするいい映画です。ヒロインもかわいいですね。守ってあげたくなる感じで、しんちゃんもしっかり守ってあげていて、しんちゃんに「よくやった!」と言いたくなります。
春日部防衛隊のみんなの未来も、予想通りだったり、予想外だったり、見ていて楽しいです。

ただ、この映画は原作や他の映画とは明らかに毛色が違います。
クレしんに対する思い入れの強い人は、外伝として見たほうがいいかもしれませんね。
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ささ2019/05/13に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
タミコは絶対違う
確認済みの購入
しんちゃんファンで見ているだけで癒されるので、あんまりあーだこーだ言いたくないんですが、、、タミコは違う!

しんちゃーん!タミコこと本当に好きなの?
タミコは、みみこくんとかトッペマとかレモンちゃんとか、あの部類だよね?
友情は芽生えるけど恋は芽生えないよね?
まったく色気ないよね?
誰の趣味でお嫁さんがあの設定になったの?
これは原作にもあるの?

ねねちゃん、まさおくん、ひろし、みさえの将来の姿もショックだった。
やさぐれて道踏み外してたとしてもそれもリアルかなとは思うけど、なんかしっくり来なかった。

ねねちゃんが先生?
どこをどう辿ったらあの性格で先生になるの?
やさぐれ感出すならスナックのママとかの方がまだ似合いそう。(子供向け映画だから無し?)

でも隕石落ちなかったからみんなああはならないんだよね?
あれは夢だったみたいな捉え方で良いのかな?

とか何とか考えながらも、結局最後まで楽しみました。
ま、未来は思うようにはならないよね。
未来のしんちゃんがなんか普通にカッコよくなっちゃった感じもなんか違うなぁ、しんちゃんはじいちゃんの若い頃みたいになるんじゃないの?と思ったわけだがまぁいいか。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
☆我等爆音狂奏団☆2019/05/07に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
自分は嫌いではないです(゚∀゚)アヒャ
確認済みの購入
ひとそれぞれいろんな意見があっていいとおもいますが自分は結構好きな作品です。
子供のころ仲良しグループだった人だって大人になれば消息不明だったりするじゃないですかw
だから春日部防衛隊のみんながそれぞれの道を歩んでいても(それぞれ未来の生活が妙にリアルなのがまたイイ)まだ繋がっているって事が描かれているだけで良い物を見させてもらったって感じで楽しかったです(^^♪もうちょっと未来のみんなに活躍してほしかったし、生活を掘り下げて見せてほしかったな~って思いますけどパラレルワールドの物語だから(・∀・)イイヨ!!
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
cal2019/11/25に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
声優さんを使ってください><
確認済みの購入
ストーリー自体は嫌いじゃないです、面白かったです。
単純な未来じゃなく、隕石が落ちた荒廃した世界ならみんなああなっちゃう可能性もあるよねって。それでも底抜けに前向きな大人しんちゃんなんだなと思うと面白いし。
でも要所要所で耳に入ってくる芸人さんたちの声でガクーっ!となっちゃうんです。

演技力云々の前に、声質カッスカスすぎて浮いてます。
芸人さんは普段そのキャラと話術、ネタで勝負してるんで声質なんて気にしなくていいのでしょうが
映画やアニメなどで、声で勝負してきた声優さんに混じったらもう……。
この映画に限らず俳優や芸人さんをキャスティングする映画は多いですけど、
棒演技より声質が気になって映画に集中できなくてもいういいやってなってしまいます。
声自体がいいと棒演技でもまあこれはこれで味かな……と納得できる派の意見でした。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ぼく2020/01/07に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
観なければよかった
確認済みの購入
クレしん好きは観ないほうがいい映画。
まず映画の根本が間違い。しんちゃんが好きなのはななこお姉さんのはずでしょ...。この映画には1ミリも出ませんでした。少しは悩む描写入れてくれたらまだ許せましたが手放しで映画オリジナルのキャラである「タミコ」を好きだー!と言っている。なんで?
このタミコというキャラ、ほんとに出てきてしんちゃん好き、私はしんちゃんの嫁と言ってるだけでなんでいるのか謎。話のオチ的にこの子は居なくてもオッケーなんだよね...わけわかんねえ...。しんちゃんの夢女子。
監督のクレしんキャラクターへの愛のなさが酷く、映画オリジナルの女の子キャラが可愛くてしょうがない感じがある。あと大人ひまわりが可愛かったり監督は美少女アニメ好きなんだろうか?
大人になったかすかべ防衛隊たちから全然友情を感じないのが本当に寂しく感じました。とくに風間くん。しんちゃんのこと忘れてんのかな..?て感じ...。観た後に虚しさだけ残った。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示