日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

 (98)6.21時間43分2018G
春日部にある中華街、≪アイヤータウン≫。マサオの誘いで伝説のカンフー、ぷにぷに拳を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフー娘・ランとともに修行に励んでいた。一方アイヤータウンでは、謎のラーメンが大流行。その名も・・・“ブラックパンダラーメン” 一度食べた人はヤミツキになり、凶暴化してしまうおそろしいラーメンだった!突然襲ってきたラーメンパニック!アイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる!!果たして彼らは、街の平和を取り戻すことができるのか!? (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017
監督
高橋渉
出演
矢島晶子ならはしみき森川智之
ジャンル
アニメキッズ
オーディオ言語
日本語
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
こおろぎさとみ
提供
テレビ朝日
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.9

98件のグローバルレーティング

  1. 41%のレビュー結果:星5つ
  2. 28%のレビュー結果:星4つ
  3. 13%のレビュー結果:星3つ
  4. 11%のレビュー結果:星2つ
  5. 7%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Amazon カスタマー2019/04/15に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
古いファンの大人たちも子供たちも笑える作品
確認済みの購入
今作は初代しんのすけの矢島さんが最後に出演された映画です。
いつも幼稚園などでいじめられているマサオくんがカンフーを習い始めたことがきっかけで、かすかべ防衛隊がジャンキーラーメンで中華街や世界を乗っ取ろうとしている組織との争いに巻き込まれます。

タイトルからしてカンフーアクション映画かと思ったら、マサオくんと正義と悪についてにスポットライトが当たります。ちょっと題材を詰め込みすぎで消化不良感もありますが、クレヨンしんちゃんらしいギャグとノリと勢いでまとめていきます。特にケツだけ星人のあるシーンは腹を抱えて笑いました。これだけで今作見る価値あるんじゃないかな?

あとは昨今のクレしん映画の流行りで本屋さんの店員をはじめと懐かしいクレしんキャラクターがたくさん登場します。そういった面では古くからのファンも思わずにっこりするでしょう。

ただちょっとマサオくんへのフォローがないのが可哀想だなぁと思いました。マサオくんが物語を始め、調子に乗ったかと思ったら悩んで・嫉妬して・逃げ出してと彼にスポットライトが当たります。ただ彼が許されるだけで彼自身が何かを成し遂げるということはありません。彼が作品で救われるためには彼が成し遂げるシーンが必要かなと思いました。

また、オチの理由付けが弱いと思います。オチの意外性とインパクトは大きいのですが、なぜその結果に至ったのかがわかりません。まぁカンフー映画らしく「Don't think, Feel.」ってことなんでしょうけどね
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2019/04/15に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ラーメン食べたーい!!!
確認済みの購入
※弱冠ネタバレを匂わせるレビューかもしれません。誠心誠意込めて書いてますが、閲覧にはご注意ください。

矢島晶子さんによるしんちゃん最後の映画です。そう言う寂しい気持ちは一先ず置いておいて、楽しい気持ちで見ました。
見終わった今、ラーメン食べたくなっています!
悪の組織による凶暴になるラーメンとはいえ、妙に美味しそうに見えてしまいます!
何味なのでしょうか…とても気になります!(笑)

興味深かったのが、悪者を倒してでめたしでめたし!!と言うことにはならなかった所です。
嫌な予感はジワジワあったのですが、ああやっぱり!どうなるの!?と、始終ハラハラしていました。
悪い奴は叩きのめす…!それって本当に正しいの?
悪い人間には何をしてもいいの?なんだかそんなメッセージをしんちゃんからもらった気がします。
正義も悪も紙一重だなと、さりげなく考えさせられます。
最後の終わり方はしんちゃんらしくて私は好きです!
大概クレしん映画に泣かされるのですが、「お…今回は泣かないかな…?」と油断していたら本当に終わり2,3分の所でグッと来てしまいました…。
(お涙頂戴を狙っていた訳ではなかったであろう描写だったが故に、逆に涙腺に来ました)

まさお君の在り方も、自分の才能に心を乱してもがき、他人に嫉妬したり泣いたりした人には中々グサグサくる物があるかもしれません。
だからこそ後半のまさお君はとても輝いていたと思います。
その輝きは決して「今までダメだったけどやっと才能開花!本領発揮でバリバリ敵をやっつける!」みたいな派手なものではありません。
ですが、まさお君はそれよりももっと常人には手に入れるのが難しい物を手に入れたんだなぁと私は思っています。

お話のテンポ感やおバカなギャグ、そしてクレしん映画名物のかっこいいアクション満載でとても満足です!
矢島晶子さん、本当にお疲れ様でした…!矢島晶子さんのクレしんは永遠です…!!
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ほりぃ2019/04/18に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
子供向けですね。
確認済みの購入
昔のしんちゃんの映画のほうが断然面白かったなー。今作は家族愛や壮大さに欠けるし、ストーリーの作りも浅い。残念。
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
pico2019/04/18に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
予想以上につまらんです
確認済みの購入
功夫の師匠や弟子の女の子、相手の悪の組織とか、そのあたりはまあキャラ造形は悪くなくて、序盤はまあまあ悪くないのですが、中盤から急に面白くなくなります。
わざわざ中国まで功夫の奥義を授かりに行くとか展開が、意味もなく段取り芝居で、とくに妨害とか何もなくとってつけたような感じです。
最後にジェンガで改心させる点も、本当に意味が不明でした。なにこれ?
なんだか全体的に雑なシナリオでした。
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ぽん太2019/04/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最後のシーンは悩みを吹き飛ばしてくれる。
確認済みの購入
ここ数年のクレヨンしんちゃん映画では一番に好きです。
豊富なアクションシーン、ロベルトといった懐かしいキャラクタの登場。
加えてマサオくんの葛藤、人にとっての正義などメッセージ性ももちろんありますが・・・

なんといっても最後のシーンでしょう、ネタバレのため割愛いたしますがあのシーンを見ると今までの悩みは何だったのか、吹っ飛んでいきます。

いい大人がやるにはちょっと恥ずかしいですが、それをやれるのがクレヨンしんちゃんのいいところです。
2019年新作の映画は映画館でみたいですね。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon Customer2019/05/07に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
少し面白いだけにもったいない
確認済みの購入
※ネタバレを含みます

カンフーが題材ということでアクションシーンもかっこよく
ギャグもクスクス笑えて映画のクレヨンしんちゃんを観ているという
充足感を得られました。
手がキツネになったおじさんはかわいそうだけどバカバカしくて吹き出してしまったほど。

映画ヒロインの玉蘭は声が潘めぐみさんということもあり、かわいらしく好感を持てます。
その作品だけのオリジナルキャラクターが魅力的というのは素晴らしいです。

ただ、良いキャラが悪堕ちするというのはショッキングで観客の興味をひきつける展開なので
蘭が力を欲し溺れるという流れをもっと印象的に示唆し、ナチュラルに変化を受け入れられるように
物語を運んでほしかった。

作品のスケール感もいつもの町と近所の中華街なのでどこかこじんまりした印象でした。
大陸に行くシーンはあるものの本当に行って用を済ませ帰るだけ。
もし、そこでも敵の追手とのバトル等があればこの映画を象徴するシーンが作れた気がします。
中国の名所や竹林を駆け巡るアクションが観たかった。
(それこそジャッキー映画のパロなんかも組み込めたのでは?)

序盤~中盤は個人的に差し引き及第点、クレしん映画でも面白い部類に入るかなと思っていましたが、
ラストのジェンカは唐突で置いてけぼりでした。
たしかに序盤で流れてるシーンはあったけど重要だと印象づけるほどでは無かったかな…。

町のみんなが唐突に踊りだしたのはしんのすけ達と示し合わせたのか
ジェンカのリズムに自然と邪気が抜けたのか分かりづらかったです。
直前のまさおくんの「普通にしてれば普通に戻る」とはなんだったのでしょうか。
正義を踏み外した者にはダンスよりも、しんのすけ特有の変な子供だから見える視点でハッとさせてほしかった。
それがこの作品のテーマだったのでは。

あと、みやぞんさんのシーンはサムすぎて背筋が凍りました。
みやぞんさんのせいではないのですが。
タレントゲスト枠なんだし相方のあらぽんさんやももクロのようにナチュラルに組み込みつつ
ストーリーの邪魔をしない立ち位置で良かったのでは。

ただ近年のクレしん作品に見られる、女性はすごい・ママは偉い!といった
同伴した親に媚びを売るポリティカル・コレクトネスな展開が無かったのは良かった。
あえて強調するのは男尊女卑の感覚が前提なので逆に差別的に見えて苦手です。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
bw2019/04/18に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
白黒思考の危うさを教えてくれる作品
確認済みの購入
白黒思考、善か悪か、○×思考などの、
極端な思考が良くないことを教えてくれる作品です!

平和とは調和してる状態なのかな~と、考えさせられる作品でした。
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
UUU2019/04/18に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
見ていて退屈でした
確認済みの購入
とあるレビューサイトで歴代TOP5に入っていたので期待してみましたがいまいちでした
まさおの復活をもう少し早くしてほしかったということもありますし悪堕ちからの展開が急ぎ足すぎる気もしました。
全体的に山がない印象でした。
他のクレしん映画は楽しんでみていましたがこれは退屈でした。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示