日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

 (65)
7.11時間37分1996すべて
今度はテーマパークを舞台にしんちゃん大活躍!? 幼稚園の遠足で出かけた“群馬ヘンダーランド”。実はそのヘンダーランドこそオカマ魔女とその一味が地球征服を企む本拠地だった! そこで地球のピンチに立ち上がったしんちゃん。お馴染みのアクション仮面、ぶりぶりざえもん、カンタム・ロボと強力な助っ人を引き連れて、オカマ魔女率いる強敵陣と世紀の大勝負!!当時セクシーアイドルとして大活躍した雛形あきこも登場。 さあ、地球の運命はいったいどうなる!?(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 1996
監督
---
ジャンル
アニメキッズ
オーディオ言語
日本語
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
テレビ朝日
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.5

65件のグローバルレーティング

  1. 76%のレビュー結果:星5つ
  2. 14%のレビュー結果:星4つ
  3. 5%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 6%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

尼尊2016/10/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
結局ここに戻る
確認済みの購入
クレしん映画と言えばやはり大人帝国、戦国でしょう。しかし、ヘンダーランドのファンは意外と多いですよね。
自分の場合、大人帝国、最近ではロボとーちゃんも大好きですが、やはりここに戻ってきてしまう・・・
なんというか、まだひまわりもいなくて、春日部防衛隊も出なくて、しんちゃんが突然の使命に独りで悩みを抱える姿とか、1人で電車に乗る感じとか、トッペマとの別れを悲しむ後ろ姿とか・・・そういう『1人の子ども』が成長し頑張る姿が、鍵っ子だった自分と重なり何となく切なく、そしてたくましく感じられるのです。

話を広げるのもどうかと思いますが、今ってSNSが普及したりしていて、子どもでさえ『独り』を感じる瞬間が少なくなっている気がする。
今の時代にはない、鍵っ子だったあの時に感じた夕焼けの儚さとか恐ろしさとか、心細さみたいなものが、この作品には詰まっているんですよね。
224人のお客様がこれが役に立ったと考えています
dorujirf2017/05/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
怖さもあり笑いもある
確認済みの購入
恐ろしいおどろおどろしさも有りながら、ぶっ飛んだ程笑いに走っていて最後まで中弛みしていない。
序盤はしんのすけ個人の奮闘が大きいですが、後半は家族愛と言うテーマも持ち合わせていると思いました。
各悪役のキャラも尖っていて、特にマカオとジョマのキャラクターは悪人ながら憎めない。笑

終盤のマカオとジョマとの世界の運命を掛けたババ抜きからの、追い掛けっこは必見です。
みんな此処で腹が捩れてしまうんじゃないでしょうか・・・もう抱腹絶倒シーンです。
ひろしの『こんな紙切れ欲しけりゃくれてやる』と言って名刺をダミーとして投げ、騙される所は腹抱えて笑いました。

世界を救うと言う壮大な話ですが、その中に神がかったギャグセンスを内包した傑作映画だと思います。
63人のお客様がこれが役に立ったと考えています
キングジョー太郎2019/09/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
クレしん映画の中で、尤も笑いとシリアスのバランスが取れた映画(ネタバレ有り)
確認済みの購入
『大人帝国』や『アッパレ!戦国』の次に、クレしんファンに人気のある映画だと思います

ひまわりが家族に加わる前の最後の映画であり、本物のぶりぶりざえもんが出る唯一の
作品でもあります
他の作品のぶりぶりざえもんは悪の組織が作ったウイルスだったり、劇中のアニメのキャラ
だったりしますけど、この作品では魔法を使ってるとはいえ、しんちゃん本人が作り出した
存在なのです
救いのヒーローの筈なのに、しんちゃんの目の前で平気で裏切ったり、しんちゃんを敵に
売り渡して助かろうとしたり、塩沢兼人さんの名演技も相まって映画の中でも生き生きとした
活躍を見せてくれます
下手に英雄化されるよりも、個人的にはこっちの方が好きだったりしますね
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
トトメキラリ2017/09/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
クレヨンしんちゃん映画シリーズの最高傑作
確認済みの購入
クレヨンしんちゃん映画シリーズの最高峰の作品です。
子供の頃に観たときも素晴らしくおもしろいと感じましたが、おとなになって見返してみても未だ色あせない面白さがあります。
大人になってもクレしん映画を観ていますが、個人的に歴代クレしん映画でヘンダーランドに超えるものには出会っていません。
歴代屈指のギャグとシリアスシーン。
2017年の現在ではあまりみれなくなった、しんちゃんの子供らしい大冒険が見れる作品です。
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
TETO2019/03/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
全てにおいて隙が無い Masterpiece
確認済みの購入
クレヨンしんちゃんの持ち味のギャグセンス 大人にしか分からないネタ シリアスな展開 感動するシーン
その全てが完璧に組み合わさったまさに傑作です

本当にTVアニメ放送開始時にしんちゃんと年齢が変わらないしんちゃん世代で
私は当時このヘンダーランドを見て爆笑しつつ感動しました

しんちゃんは他にも良い作品は一杯沢山あって人によって一番は変わるとは思いますが
ヘンダーランドはTOP3には間違いなく入っている作品です
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
そこら辺の人2016/10/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
まさに全年齢向けを代表する作品
確認済みの購入
正義の味方が正義らしく、悪が悪らしく、いい意味で期待を裏切る・・・そんな作品です。

正義が少し頼り無かったりして、結局は主人公、しんちゃん次第というのが見ていてハラハラ感もあります。

悪は100%の悪です。どう転がったって絶対に仲間にはならないだろうけど、何故か魅力的です。

雰囲気を出す為か、言葉が過激な部分もほんの少々ありますが、それは記憶に残らないように一発で覚えれるような簡素な文章となっていません。それどころか、子供の頃には気づかなかった「子供に悪い影響を与えないように、しかし雰囲気は伝えたい」配慮は天才?偶然?奇跡?と言えるレベルで施されています。

しんちゃんが好きな大人は間違いなく十分満足できます。

是非お子さんがいるなら一緒に見ましょう!
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
いいはな2017/08/06に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
家族意識
確認済みの購入
物語の導入部分が長いものの、しんちゃんがひとりで電車に乗ってひろしとみさえを救いに行き、救出後は野原一家として敵と対決する、協力意識に焦点を当てた作品。
魔法が多用されており、敵との対決も直接的な暴力対決ではなく、魔法や乗り物対決・追いかけっこなどミュージカルっぽい感じで、あきらかにあのテーマパークやその関連作品を意識しています。なので、すべてが非常に非現実的な作風のため、好みがわかれると思う。

アクション仮面とカンタムロボ、それにほとんど何の役にも立たないぶりぶりざえもんのやりとりもあるので、それが好きな人も楽しめると思う。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/12/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
しっかり子供目線にたって作られている唯一無二の名作
確認済みの購入
はじめてこの映画を見たのはTV放映で歳は5、6歳くらい、ほとんどしんちゃんと同い年だった。
ス・ノーマンの巧みな取り入りかたや恐喝シーン、ひろしみさえが人形にされるところなんてひとりで見られないくらい怖くて、不安にさせられたのを覚えている。
いっぽうおバカシーンはある意味いつも通りであるのだけど、冒険がメインということでTVとちょっと違ってスペシャルな感じがしてワクワクしたのも覚えている。
今思うとそんなところがしっかり子供の目線に立って作られているなあと関心させられる。

大人になって改めてみていると昔ほどの臨場感はないものの、不安やワクワクが湧き上がってくるし(自分ごとだが)そんな感情を抱いてた子供の頃の自分としんちゃんを重ねて心から応援してしまう。
一般の大人向け映画ではどれだけ名作でもそんな感情まではならないだろうなと思う。思い出補正も込みだけど唯一無二の名作。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示