通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
映画がなければ生きていけない 1999‐2002 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】大半にヤケあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

映画がなければ生きていけない 1999‐2002 単行本 – 2006/12/23

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 223

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 映画がなければ生きていけない 1999‐2002
  • +
  • 映画がなければ生きていけない 2003‐2006
  • +
  • 映画がなければ生きていけない 2010-2012
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 195pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

幻の映画コラムが〈完全版〉となって登場!!
クリエイター業界で話題のエッセイが全編収録の完全版となって登場。
あのセリフ、あのシーンに人生を重ねる味わい深い文章が胸に沁みる。
どんなガイド本よりも映画が観たくなる一冊。

〈人生は困難なものだ。だが希望を失うな。諦めるな。そう感じさせてくれる映画を、あくまで僕は支持したい」という「僕」の矜持は、本書のどの頁からも熟成されたウィスキーのような滋味と芳香をともなって漂ってくる。読む側をじんわりと幸せな気分に誘ってくれるのである〉
解説=かわなかのぶひろ
1999~2002に掲載されたコラム152本!!
気狂いピエロ/冒険者たち/太陽がいっぱい/仁義/酒とバラの日々/ギャング/サムライ/パリの恋人/シェルブールの雨傘/秋津温泉/祭りの準備/けんかえれじい/ツィゴイネルワイゼン/八月の濡れた砂/泥の河/赤ひげ/椿三十郎/仁義なき戦い/カサブランカ/アパートの鍵貸します/お熱いのがお好き/麗しのサブリナ/ローマの休日/大いなる遺産/華麗なるギャッツビー/梟の城/影の軍隊/からっ風野郎/曾根崎心中/唐獅子牡丹/関の彌太っぺ/青い山脈/昭和残侠伝/夜霧よ、今夜も有難う/陽炎座/スターウォーズ/バック・トゥ・ザ・フューチャー/サイダーハウス・ルール/ペイバック/ダイ・ハード/キャリー/レインマン/セーラー服と機関銃/バタアシ金魚/バトル・ロワイアル/踊る大捜査線THE MOVIE/青春デンデケデケデケ/となりのトトロ/紅の豚/ワイルド・バンチ/ダーティハリー/荒野の用心棒/007は殺しの番号/許されざる者/マルタの鷹/ゲッタウェイ/三つ数えろ/幕末太陽傳/男はつらいよ/バカが戦車〔タンク〕でやって来る/斬る/剣/剣鬼/大幹部・無頼/東京物語/893愚連隊/さらば愛しき人よ/さらば友よ/リービング・ラスベガス/帰らざる波止場/モンパルナスの灯/モーニング・アフター/冬の華/おもいでの夏/くちづけ/愛の嵐/誰かに見られてる/エロス+虐殺/「エロ事師たち」より人類学入門/喜劇・特出しヒモ天国/ブレードランナー/ショーシャンクの空に/キネマの天地/アラバマ物語/800万の死にざま/戦場の小さな天使たち ほか……。

出版社からのコメント

1999年から現在まで続くメールマガジン「日刊デジタルクリエイ
ターズ」に連載中の人気コラムを単行本にしたものです。実は以前にも書籍に
なっていますが、500部の限定版で、書店売りはしていませんでした。この本は
すぐに売り切れてしまい、買いそびれたファンから一般売りを待ち望まれていま
した。
著者が観た映画の本数は半端じゃないけど、本書のボリュームも半端じゃありま
せん。A5判の2段組みで約600ページ(2冊あわせて約1200ページ)!!! コラム数
は合わせて305本。しかし、読めば読むほどハマってしまうこと請け合い。解説
のかわなかのぶひろ氏は、まるで<ウイスキー>のようだと評しています。本書
は映画紹介でも映画評論でもない。映画に夢を見、恋を学び、人間について考え
させられ、ある時は現実の救いにもなる。人生を映画とともに生きてきた著者の
すべてです。年代毎に区切ってはあるが、どこから読んでもかまいません。読後
には「映画っていいなぁ」と素直な人間になってしまいます。正月休みなどを利
用して、ぜひゆっくりとご堪能下さい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 597ページ
  • 出版社: 水曜社 (2006/12/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880651834
  • ISBN-13: 978-4880651835
  • 発売日: 2006/12/23
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 749,391位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
これはちびちび、毎日少しずつ味わいながら読むタイプの本。
なので、一気読みは余りお勧めできない。
本は好きだけど、映画はそんなに見てないし、
あんま興味ないから、という理由でスルーしてる人。
そんな人にこそ是非是非お勧めである。
映画だけでなく、ミステリーや音楽の話を始め、著者の
身辺の話題なんかも盛りだくさん。
きちんとした読み易い文章で綴られた、べらぼうに面白い
エッセイ集。タイトルで食わず嫌いは勿体無さすぎ。
こういう出会いがあるから、たまには自分の守備範囲外の書棚を覗いてみるのも
必要なんだよねえ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
しみじみ良いタイトルだなぁ。著者は永年出版社に勤務、編集者として活躍してきた人物。今著は、メールマガジン「日刊デジタルクリエイターズ」にて連載中のコラムを纏めた物。
600ページもの堂々たるヴォリューム。とにかく、筆者が生きていく上で出逢って、血となり骨となった映画、映画、映画への想いが面々と綴られるが、その一編一編が、文学的であり、薀蓄もあり、叙情的であり、情動的でもあり、そして何より映画への夢と悦びに溢れていて実に面白く刺激的だ。
語られる映画たちも、ハリウッド超大作、B級アクション、ヨーロッパの芸術映画に、日本のプログラム・ピクチャーまで隈なくヴァラエティに富んでいて、その引き出しの多さに感心するし、これが映画耽溺者のハートを鷲掴み、共感させるような話ばかりなのだ。
この本の魅力を語るには多くはいらない。巻末の映像作家かわなかのぶひろによる賛辞を引用させて貰えれば十分だ。
「書店の店頭で、あまたある書物の中からずしりと重みのある本書を抱き上げたあなた、その幸運を誇っていい。解説を立ち読みしている読者たち、迷う事はない、ただちにカウンターに直行しなさい。なぜなら、これは、もう若いとは言えない著者の、少年時代からの夢や希望がぎっしりと詰まった人生の玉手箱なのだ。(中略)本書を読了した者たちよ、滋味溢れるこの芳醇な香りをぜひともみんなに吹聴して欲しい」
だから本書を貪りつくした自分もそうする。特に、40歳以上の酸いも甘いも経験した映画ファンは是非!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「映画」「音楽」「本」を恐るべき博学で語る著者。しかしそれが物見高い感じにならないのは、著者が「大衆文化」に対して大きな愛で接し、自分の言葉で読者に語りかけているからに他なりません。

「映画」というフィルターを通して著者の人生観が語られます。人間誰しも思う「悩み」「哀しみ」。だけども著者一流のウィットに富んだ「ぼやき」が苦い笑いを誘い、優しい気持ちにさせます。

著者の日常を切り口として、映画を主軸とする多様なジャンル、様々な作品を回想して紹介する手法で読みやすく書かれています。

大衆文化を知る教科書としても秀逸。

ですがここは一つ、著者の「愛」に素直に身も心も委ねてみてください。
「人生は困難なものだ。だが希望を失うな。諦めるな。」
そう感じさせてくれる映画の作品知識を得るだけに終わらないはずです。

ありそうでなかった、映画と人生に対する愛があふれた本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告