映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版

5つ星のうち 4.4 110件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,640
価格: ¥ 6,683 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,957 (23%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 6,683より 中古品の出品:4¥ 5,629より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版
  • +
  • 「君の名は。」Blu-rayコレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組 (初回生産限定)(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)
  • +
  • 「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)
総額: ¥20,176
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 入野自由, 早見沙織, 悠木碧, 小野賢章, 金子有希
  • 監督: 山田尚子
  • 形式: Color, Subtitled
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2017/05/17
  • 時間: 166 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 110件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01NC02ASR
  • JAN: 4988013280892
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 225位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

君に生きるのを手伝ってほしい


【Blu-ray初回限定版特典】
・キャラクターデザイン西屋太志描き下ろし特製ケース
・60Pスペシャルブックレット

【Blu-ray初回限定版映像特典】
・「恋をしたのは」
・「speed of youth」
※aikoの主題歌「恋をしたのは」、牛尾憲輔の劇伴「speed of youth」にインスパイアされた山田尚子監督が本編コンテ作業時から温めていたカットも含めて自らコンテ・演出を担当した新規描き下ろしアニメーション。
・映画『聲の形』公開記念特番 ~映画『聲の形』ができるまで~ ロングバージョン
・インタビュー
[山田尚子(監督)/西屋太志(キャラクターデザイン)/篠原睦雄(美術監督)/牛尾憲輔(音楽)]
・取材地実景映像「将也の見た景色」
・初日舞台挨拶映像
・ロングPV
・TV-SPOT集

【Blu-ray共通音声特典】
・新規音声トラック “inner silence"
※本編制作初期段階でコンセプトに根ざして作曲されたパイロット楽曲を、Blu-ray化にあたり新たに本制作。
Invention no.1と本編ラストを彩った lit(var) を解体再構成して、本編全編にわたり収録。もうひとつの作品世界を提示するアンビエント/ドローン音響。
・DTS Headphone:X
・オーディオコメンタリー
[山田尚子(監督)×西屋太志(キャラクターデザイン)×石田奈央美(色彩設計)×髙尾一也(撮影監督)]
[早見沙織(西宮硝子 役)×悠木碧(西宮結絃 役)×山田尚子(監督)]
[山田尚子(監督)×牛尾憲輔(音楽)×鶴岡陽太(音響監督)×名倉靖(録音)]

【Blu-ray/DVD共通特典】
・日本語字幕
・特報/本予告


【あらすじ】
ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。
やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。
再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。


【キャスト】
石田将也:入野自由
西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧
永束友宏:小野賢章
植野直花:金子有希
佐原みよこ:石川由依
川井みき:潘めぐみ
真柴智:豊永利行
石田将也(小学生):松岡茉優


【スタッフ】
原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABCアニメーション/クオラス/松竹/講談社)




発売元:京都アニメーション・映画聲の形製作委員会

(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「週刊少年マガジン」に連載された大今良時の同名漫画を映画化。小学6年生の石田将也は、転校生・西宮硝子とのある出来事がきっかけで孤立してしまう。5年の時を経て高校生となった将也は、硝子の下を訪れる。特典ディスクほかを封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Tomato 投稿日 2017/6/25
Amazonで購入
本日開封して視聴しました。
原作は知りません。
その上でレビューさせていただきます。
この作品は面白いとか面白くないとかそういうカテゴリーではないと思いました。
自分はコミュニケーション障害です。
人の顔も中々見れず覚えられません。
自分の存在が他の人の邪魔をしてるのではないかと毎日思います。
大人になると余計に克服が難しいです。
焦りや責務やいろんなものがのし掛かり一日一日生きてることが辛いです。
それでもこの主人公のようにヒロインのように頑張りたいと思いました。
涙が止まりませんでした。
痛くて、辛くて、嬉しくて泣きました。
話は脱線して申し訳ありません。
最後にこの作品を造り上げてくれた方々に
ありがとうございました。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
込められているものがたくさんある映画でした。
私は好きです。声優さんの演技力と音楽、
そして原作のシーンの取り入れ方、魅せ方、
ものすごく練り込まれた様に感じました。
私は映画から本作に出会い、原作を拝見しましたが、
よくここまでまとめたな、と、ひたすらすごいと思います。

原作でよかったシーンが無かったり、違ったり、一瞬だったり、
もったいないと感じてしまうところがあったり、
何度も見たり原作を読んだりしなければ気付けないことがたくさんありました。
ですが、なんだろう、見ていて、
映画なのに小説を読んでいるような感覚がありました。
一瞬映るカットの意味を考え、噛みしめさせる。
原作とは違う所がとても良い味出してます。

人と、どう接することが正しいのか。
正しさなんて大人でもわからない事もある。
というか、正しさは必要じゃないのかもしれない。一人一人違うんだから。
健聴者同士でもたくさん抱えるものや伝えられない壁があるのに、
聴覚障害をもつ人が側にいたら?
助けてあげるのが当たり前でしょうか。
なんでもかんでも助けてあげればいい訳じゃないし、
相手も困ってしまうこ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon特典版を購入
長文失礼します。

映画は年に1、2回観にいく程度。
そんな自分が7回も劇場に足を運んだ初めての映画です。
おそらく今後の人生でこれほどハマる映画もないでしょうね。

この映画のテーマは一言で「コミュニケーション」です。
聞くとはどういうことか?どうすれば伝わるのか?
人それぞれのコミュニケーションのあり方について描いています。
ちなみに”いじめ”や”障害者”がテーマではありません。それは要素の一部です。
これは作者本人もファンブックで書いていますし、映画のメイキングでも語ってます。

ただ、これをきっかけにいじめや障害者について考えることはとても大切なことだと思います。
私自身も障害者の方とお仕事をするきっかけになりましたし、話を伺うようことが増えました。
もし興味があれば文部科学省の”聲の形”のページにアクセスしてみるのも良いかと思います。

漫画、アニメが苦手な方にも是非観てほしい映画です。
特に学生さんや若者には共感できる部分も多いと思います。
道徳の授業に使ってほしいぐらいです。

私自身は原作を知りませんでしたが、全然大丈夫でした。
...続きを読む ›
2 コメント 222人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私はもういい年したオヤジだけど週刊少年マガジンを毎週読んでいて、読み切りでこの作品が登場した時から知っている。
その時の衝撃はかなりのもので、その読み切りの部分だけスクラップしてファイリングして今も保存している。
読後すぐの2013年2月にはTwitterで賞賛のツイートまでした(マガジン編集部に見つけられリツイートされちゃったのはご愛嬌)。
その後連載が決まり、まさか映画化までされることになるとは思わなかった。

この作品が上映された時期は「君の名は。」「この世界の片隅に」「シン・ゴジラ」「ひるね姫」などアニメ関連業者による話題作が公開された豊作の年、それぞれの作者達も一般に無名に近い頃から知っているが、個人的にはこの「聲の形」を一番に推したい。なぜなら上記の作品はクリエーターのネームバリューやプロモーション的な後押しがあり成功しないわけはなく、純粋に作品のテーマで質を追求した「聲の形」がプロモーション的にアドバンテージがありながらもここまで支持されたことに非常に意義を感じたからだ。

読み切り、連載、映画。
これらで一貫して描かれてるのは過去に犯してしまった罪を背負えるかどうかという事。
人に優しくとか障害者に対して社会がどうかとかそんな手垢の付いた浅い話ではなく、自分と違う他者をどう受け
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。豊永利行

関連商品を探す