映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版

5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,640
価格: ¥ 6,425 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,215 (26%)
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細はこちら
発売予定日は2017年5月17日です。 在庫状況について
ただいま予約受付中です。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 6,425より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp の最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版
  • +
  • 魔法科高校の劣等生 Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
  • +
  • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
総額: ¥51,403
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 入野自由, 早見沙織, 悠木碧, 小野賢章, 金子有希
  • 監督: 山田尚子
  • 形式: Color, Subtitled
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2017/05/17
  • 時間: 166 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01NC02ASR
  • EAN: 4988013280892
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

君に生きるのを手伝ってほしい


【Blu-ray初回限定版特典】
・キャラクターデザイン西屋太志描き下ろし特製ケース
・スペシャルブックレット

【Blu-ray初回限定版映像特典】
・映画『聲の形』公開記念特番 ~映画『聲の形』ができるまで~ ロングバージョン
・舞台挨拶映像
・ロングPV
・TV-SPOT 1/TV-SPOT 2 他

【Blu-ray共通音声特典】
・DTS Headphone:X
・オーディオコメンタリー

【Blu-ray/DVD共通特典】
・日本語字幕
・特報/本予告

※商品仕様は予告無く変更になる場合がございます。
※DTS Headphone:X(略称:DTS HP:X)はサラウンド音声技術で、5.1chなどのサラウンド音声を通常のステレオヘッドホン、イヤホン上で再現できる技術です。ステレオヘッドホンであればどのような機器にでも対応できます。最大11.1chまで対応可能で、専用のヘッドホンやホームシアターサラウンドシステムがなくても、手軽に映画館で鑑賞しているような臨場感を味わえるシステムです。


【あらすじ】
ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。
やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。
再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。


【キャスト】
石田将也:入野自由
西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧
永束友宏:小野賢章
植野直花:金子有希
佐原みよこ:石川由依
川井みき:潘めぐみ
真柴智:豊永利行
石田将也(小学生):松岡茉優


【スタッフ】
原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABCアニメーション/クオラス/松竹/講談社)



発売元:京都アニメーション・映画聲の形製作委員会

(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

内容(「Oricon」データベースより)

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazon特典版を予約済み

映画は年に1、2回観にいく程度。
そんな自分が7回も劇場に足を運んだ初めての映画です。
おそらく今後の人生でこれほどハマる映画もないでしょうね。

この映画のテーマは一言で「コミュニケーション」です。
聞くとは何なのか?どうすれば伝わるのか?
人それぞれのコミュニケーションのあり方について描いています。
ちなみに”いじめ”や”障害者”がテーマではありません。それは要素の一部です。
これは作者本人もファンブックで書いていますし、映画のメイキングでも語ってます。

ただ、これをきっかけにいじめや障害者について考えることはとても大切なことだと思います。
私自身も障害者の方とお仕事をするきっかけになりましたし、話を伺うようことが増えました。
もし興味があれば文部科学省の”聲の形”のページにアクセスしてみるのも良いかと思います。

原作を知らない方や、漫画、アニメが苦手な方にも是非観てほしい映画です。
特に学生さんや若者には共感できる部分も多いと思います。
道徳の授業に使ってほしいぐらいです。

私自身は原作を知りませんでしたが、全然大丈夫でした。
映画
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
すごくよかった!と思える作品でした。
ちなみに「君の名は」も映画館でみましたが、こちらの作品はひさしぶりに2回みた作品でした。
ただ、
「君の名は」が大々的に取り上げられてしまいタイミング的にすごく残念な形になってしまいましたが、子供ならではの感覚(あまり考えないでふざけてその場の雰囲気で行動したり)などそれが原因でいじめなどに発展してしまいそれでまた傷つく人がいて、それが自分だったりなどだれもが必ず通る道みたいなものがよく表現されていました。
小学校などでも教材として使用できると思いましたので子供を連れて2回目を見に行った次第です。
これは、ひさしぶりに購入したいなぁと思った作品でしたので評価したいと思います!
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
言葉が話せれば、耳が聞こえれば、誰にだって伝わる。わかりあえる。わけじゃないと言う事を痛いほど見せ付けられる作品です。
イジメ、難聴がテーマだと思ってみると苦しい作品ですが、もっと根本的な、コミュニケーションの難しさがあらゆるキャラクター間に現れており、それが少しずつ解消されて行くことが大きなテーマだと感じました。
象徴的には主人公が見る世界がそれを表現していますが、きっと他の誰しも、私達も、同じような部分があるのだと思いました。
大切にしていきたい作品です。個人的には結弦がお気に入りですね。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
他の映画の上映前に流れていた予告映像で気になったのがきっかけで観た映画です。
最終的には映画館で14回観てしまいましたが、観るたびに新しい発見があり、また
声優の方の演技や劇伴も大変素晴らしく、とても味わい深くて良い作品でした。

ただ、最初に私が映画館で観たときは、悪くはないのだけど自分の中でどのように
消化したら良い作品か分からず、しかし映像は綺麗だったので、BDが発売されたら
一応買っておこうかな?ってぐらいの印象だったというのが正直なところ。

ところが後日、他の映画を観に行ったついでに、入場者特典のフィルム配布につられて、
もう一度観なおしたところ、実は凄い作品なのではないかと思いはじめ、気が付けば
何度もリピート観賞&原作も全巻一括購入。
後にも先にも同じ映画をこれほど繰り返し観ることはないのではないかと思います。

この作品。とかく障がい者に対するいじめを取り扱った作品という面が取り上げられ
やすく、また主人公とヒロインの恋の物語であるかのようにも思いたくなります。

しかし、この作品の根底にあるのは、他人と向き合うことや分かり合うことの難しさ、
そして自分自身と向き合うことの辛さです。
<
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「いじめ」ばかり意識が行きがちですが、本題はコミュニケーションの難しさであると思います。
将也を中心とした理解のし合いを画いたものだとそう感じました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック