映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDV... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,380
通常配送無料 詳細
発売元: 須原久保田
カートに入れる
¥ 3,048
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVD

5つ星のうち 3.5 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,360 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,744 (42%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、TAMIROROが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,360より 中古品の出品:8¥ 1,520より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVD
  • +
  • 信長協奏曲 DVD-BOX
総額: ¥21,406
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 小栗旬, 柴咲コウ, 向井理
  • 監督: 松山博昭
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2016/07/20
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01FS0IGC0
  • JAN: 4988632503921
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,403位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2016年公開実写邦画No.1!
興行収入45億円を突破した大ヒット映画「信長協奏曲」がいよいよBlu-ray & DVDで登場!

■初日2日間で49万人を動員! ぴあ初日満足度ランキング1位獲得!
興行収入45億円超えの大ヒットを記録した2016年公開実写邦画No.1作品!
(※)2016年5月19日現在
■小栗旬、柴咲コウ、向井理、山田孝之、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、水原希子、古田新太、濱田岳、高嶋政宏など
日本のエンターテインメント界を牽引する豪華キャスト陣が集結!
■"サブロー信長"の最終章!ドラマからのストリーがいよいよ完結。どうなる本能寺の変!?
■スペシャル・エディションには特典映像として、メイキングや完成披露の際に出演者が
自慢の戦国ファッションでランウェイを歩いた"TOKYO SENGOKU COLLECTION"などを収録!

[内容解説]
戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)は、
奇しくも同じ顔をした織田信長(小栗二役)と出会い、信長として生きることになってしまう。
はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、
織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。
歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……
と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。
これで天下統一も間近と思った矢先、ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。
信長を狙う敵は多い。彼を怨んで暗殺の機を窺う秀吉(山田孝之)や、彼に嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。
光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や
妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。
死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意。その思いの表れとして、帰蝶との結婚式を企画する。
その場所は京都・本能寺。それを知った秀吉は、光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった…。
刻一刻と戦況は激しくなっていく。信長は歴史を変え、平和な国を築くことができるのか!?
1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは…?

[特殊内容/特典]
<特典映像>
●ドラマ版ダイジェスト ●特報、予告編、TV-CM集


[スタッフキャスト]
キャスト:小栗 旬
柴咲コウ
向井理
/
藤ヶ谷太輔
水原希子

古田新太
濱田 岳
髙嶋政宏
/
山田孝之
でんでん
勝矢
阪田マサノブ
阿部進之介
北村匠海
スタッフ
原作:石井あゆみ『信長協奏曲』(小学館『ゲッサン』連載中)
脚本:西田征史 岡田道尚 宇山佳佑
監督:松山博昭
音楽:☆Taku Takahashi(m-flo)
主題歌:Mr.Children『足音 ~Be Strong』(TOY'S FACTORY)
製作:フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社
制作プロダクション:FILM
配給:東宝



[発売元]フジテレビジョン

(C)石井あゆみ/小学館 (C)2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

石井あゆみの人気コミックを、小栗旬主演で映像化したSF時代劇の劇場版。戦国時代にタイムスリップした高校生・サブローは、同じ顔をした織田信長と出会い、信長として生きることに。死が迫りくる中、彼は運命に抗い、生き抜こうと決意するが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
設定上主役が見事な殺陣を見せるわけにもいかないし、大奥モノのように豪華絢爛さで画を持たせるわけにもいかない、売りが難しい作品だと思います。それでもドラマ版では設定から生じるギャップやドタバタ、軽妙な掛け合い、脇役それぞれの人間ドラマなどで楽しめましたが、映画は話を畳むために作られたのかドラマ版の良いところもごっそり割愛、とにかく話を推し進めることに終始している印象で、私としてはドラマ版ほど楽しめず、「終わりを見届けた」という感想です。

それでも「しょうもない」と言い切れないのは、「さすが」「うまいね」と思わされる場面がチラホラあったから。特に本能寺のシーンでは、よく燃える本能寺、殺す者・殺される者、殺される者が最期に目にする砂糖菓子、それが無常に突きつける現実など、この作品設定ならではの画が哀しくもあり迫力もありました。
他にも、死ぬ運命にあることを知りながら光秀救出に向かうサブローの覚悟を知り、後に続くよう声を上げる向井理の表情には「この人こんな演技するんだ」と思ったし、海沿いの松林を馬で駆け行く高嶋政宏のドカドカ音が聞こえるような猪突猛進感は笑っちゃう程さすがだし、信長としての最後のシーンで空を仰ぐ小栗旬のアップ、最後のメッセージで撮影者に終わりの目配せをする柴崎コウのやわらかさ…全体的には「この映画はこんなもんだろうな」と思いつつ、心に残る断片
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
どうせなら、現代でも柴咲コウそっくりの帰蝶の子孫と巡り会えたらよかったのに・・・。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
もともとドラマでは、サブローと家来たちのテンポ良い掛け合いが魅力でもあった信長協奏曲ですが、映画になるとそのテンポがなくなってしまいました。
映画で制作した分、合戦シーンや本能寺の炎上シーンに迫力があり、そこは見ごたえがあります。
でも、やっぱりこれは連続ドラマで完結させて欲しかった。
映画にするには、人間ドラマが希薄な感じがしてしまいます。
もう少し丁寧に、光秀になった信長の心情とか、秀吉の心の闇とかを描いて欲しかったです。
タイムスリップしてきた外国人も、ご都合主義的で、ちょっといただけなかったな。

思っていたよりは、悪くはなかったのですが、やはりドラマはドラマで完結して欲しいです。
だいたいドラマが映画になると、ドラマのときの良さが損なわれてしまうからです。
映画は映画で、2時間弱の決められた時間の中で完結するから面白いのです。
だから、映画の前編・後編のような、最初から何部か構成にするのもあまり好きではありません。
シリーズものは、また別ですが。

やっぱり、ドラマの映画化は賛成しかねます。MOZUしかり。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
月9ドラマの映画版による完結編だ。
そんなもん二時間スペシャルドラマでやれよと言いたくなるが、合戦シーンが多いので映画にしないと採算が取れないってことだろう。
まあ、TVドラマを見ていなかった人でも歴史ものとしての面白さはあるのでそこそこ楽しめる。
歴史タイムトラベルものが史実が変えられないという制限があるので、その中で光成が信長本人という設定で最後辻褄を合わせているのはなかなかである。
が、小栗が現代に戻ってからの描写が淡泊過ぎるなあ。まるで夢落ちのごとくの何でもなかった感。
最後の柴咲コウからの動画メッセージは喋っている内容からは江戸幕府開設以降に撮影しているはずで、小栗がいた時代からは20年以上後になるはずだが、喋っている柴咲コウは小栗のいた時のまんま。いつ撮影したのかよく分からん。
しかも時代を経て繋がる最も重要なアイテムの動画を記録したメモリが普通に郵便で送られてくるってのももう少し盛り上がるドラマチックな受け渡し方が出来なかったのかと感じる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ドラマの完結編としては、最後はちゃんとまとまってましたが
はたして映画でやる意味はあったのでしょうか?という内容でした。
やっぱ、大々的なセットが必要でお金がかかるから映画なのかな?
牢屋にいた弥助っぽい外人が白人だったので、あれ?黒人じゃないの?って困惑しました。
ってか、あれは弥助ではなくただの外人?ここはせめて黒人でしょ。意味不明でした。
ドラマとしてのオチは予想した通りで良かったです。
みっちーの最後は泣けますし良かったですね。

でも、考え方とか物語の動き方とか漫画とはやっぱ別物ですね。
2 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す