この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

星山博之のアニメシナリオ教室 単行本 – 2007/6

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,650
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

チーフシナリオライターとして「機動戦士ガンダム」など数多くの名作アニメを育て上げた著者が、アニメの本質・ストーリーの組み立て方・キャラクター造形の発想法をわかりやすく解説したアニメシナリオの入門書。名エピソードとして名高い「機動戦士ガンダム」第13話「再会、母よ......」の完成稿シナリオと録音台本、「銀河漂流バイファム」「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」の企画書を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

「機動戦士ガンダム」「銀河漂流バイファム」「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」…チーフシナリオライターとして数多くの名作オリジナルアニメを育て、日本アニメ界に不朽の功績を残した著者が、アニメ作品づくりを志す人に向けて書いたアニメシナリオの入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 303ページ
  • 出版社: 雷鳥社 (2007/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844134353
  • ISBN-13: 978-4844134350
  • 発売日: 2007/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 475,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
基本はアニメのシナリオ本。
シナリオやプロットの書式から、考え方まで初心者向けの内容だ。

だが、そこはキャリア豊かな星山氏。非常に説得力のあるとなっている。
なによりも自分の仕事をまったく卑下しない姿勢が良い。「業界を目指す人のための本」と謳いながらも自己否定に陥っている本などをたまに見かけるが、この本にはそういった姿勢のぶれはまったくない。

巻末には筆者が手がけた企画書などもついており、アニメに限らずクリエイター志望者にとっては「値段以上の価値がある」良書だ。これは「買い」だ。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
たくさんシナリオの本を読んだけど、これは初心者が読むには最適な本だった。
アニメにかぎらず、小説でも漫画のストーリーにも応用できる。

多くのシナリオ本は、「キャラを魅力的に見せろ!」とか「アイデアを練ろう!」などと書かれて、
「・・・でもそれをどうやるの?」と疑問が湧いて、結局進まないことが多い。
本書はまったくの初心者でも、シナリオが書けるようになっている。

方法は簡潔で、まず最初にオチを考えて、その逆の状態からからスタートさせてインパクトを作る。
ラストで母子が悲しく別れるなら、冒頭は母との再開が待ち遠しい子供を描くというように。
これで起承転結の、起と結が決まったことになる。当然、妄想が膨らむような題材がいい。

起と結の間に、エピソードを挟んでいく。スタートとオチがこうなら、
じゃあ中間の転結では、こんなことが起こるよな・・・と想像して厚みを出す。
過剰なキャラ設定はかえって、物語の展開を止めてしまうので、必要最低限にとどめておく。

視聴者はセリフを一言一句聞いてくれるわけじゃないから、例えば「ごめん」が重要フレーズなら、
「・・・ごめん」→「ん?今なんて?」→「ごめん!!」と、周囲の反応で繰り返すことが好まし
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
小手先のテクニックではない、星山先生の人生観
仕事への取り組み方、アニメの根本的な理解が書き留められていると感じました。

アニメ史に名を残す名作の数々(表紙でも確認できますね)
それに、メインライターで携わっておられた方の本です。
一アニメファンとして、どうか継承されていって欲しいと思いました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
シナリオを書く心構えから、書き方の基本まで
押さえなければいけないことは全部押さえているが、なるほど感はない。
星山氏の昔話は「シナリオ教室」というタイトルの本で
あまり紙数を割くべきではない(それはそれで別に読みたい)。
教則本としては凡庸な内容。本気でシナリオを学びたいなら
シナリオ専門書を読んだほうがいい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告