通常配送無料 詳細
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
星ノ少女ト幻奏楽土 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

星ノ少女ト幻奏楽土 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/4

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/2/4
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 星ノ少女ト幻奏楽土
  • +
  • 星ノ少女ト幻奏楽土 (ホシノショウジョトゲンソウラクド) / cosMo@暴走P feat.初音ミク・GUMI (ジャケットイラストレーター:左) (数量限定ラバーキーホルダー&オリジナルマウスパッド付き)
  • +
  • For UltraPlayers
総額: ¥4,450
ポイントの合計: 33pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

あるところに、幸せな“街”がありました。“街”は人々が不幸になると、すてきな幻想に導いてくれるのです。人々は不幸をわすれ、幸せに暮らしています。―でも、それはほんとうに“しあわせ”なのでしょうか?『修道少女と偶像少女』、『家出少年と迷子少女』など、大人気『星ノ少女ト幻奏楽土』の楽曲シリーズを、cosMo@暴走P自らが小説化!“街”と少女たちが奏でる覚悟の物語―極上のファンタジー。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 269ページ
  • 出版社: 一迅社 (2014/2/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758045267
  • ISBN-13: 978-4758045261
  • 発売日: 2014/2/4
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 476,911位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

暴走Pによる楽曲シリーズ、「星ノ少女ト幻奏楽土」の小説化です。
曲・PVでは明かされなかった部分がわかったりするのですが、少し物足りないかな、と思いました。
特に物語の核心にかかわる「ステラ」「リアリスト」についてはもう少し詳細を知りたかったです。
少女たちの話もややあっさりしているように感じられ、原作を無理やり1クールでまとめたアニメみたいな感じがしました。
決して悪いわけではないのですが、上記の理由で星3つです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
星ノ少女ト幻奏楽土シリーズが大好きなので、買ってみました

表紙や表紙をめくったところにあるカラーイラスト等、とても素敵でした

話は、星ノ少女ト幻奏楽土アルバム楽曲のように
「修道少女と偶像少女」
「童心少女と大人世界」
「Dr.リアリスト」
「電波少女と空想庭園」
「転生少女と転生少年」
「家出少年と迷子少女」
「AI少女と深層心海」
「浅紫色のエンドロール」
の順番で1話ごとに収録(?)されていました

家出少年と迷子少女の順番を考えなければ、
アルバム通りの並びになっているのかな、と思いました

ネタバレ(?)になってしまいますが、
「冒険少女と箱庭遊戯」はあとがきでcosMo@暴走pさんも
書かれておりましたが、小説での表現が難しいということで
収録されておりませんでした

冒険少女と箱庭遊戯好きな人には少し悲しいかもしれません

さて、物語自体ですが少しあっさりしているなーと思いました
アルバムで大体ストーリーが分かっていたからかもしれませんが
「アルバム通り」のお話で、これと言って感動するようなところが
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ニコ生でも暴走Pが言っていましたが、確かに「意外と読める文章」です。
この小説はいくつかの少女+αに関する短編があり、終盤で物語そのものの核心に迫るという構造になっています。前作の「初音ミクの消失」とは対となる構造ですね。
個人的には1人目と2人目の少女に関する話はもう少し詳しくかいても良かったのではないかと思いました。
実は、ある1人の少女に関する話が収録されていません。ですがこの少女に関する話はシリーズの中でも様々な解釈がとれるほど難解なので、そちらはPV見ながら解釈を楽しんでもらいたい、という暴走Pの意図があるようにも思えました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック