新品:
¥429
ポイント: 4pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月17日 月曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
10 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り11点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
星の王子さま (集英社文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


星の王子さま (集英社文庫) (日本語) 文庫 – 2005/8/26

5つ星のうち4.4 149個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥1,320 ¥1
文庫
¥429
¥429 ¥1

購入を強化する


よく一緒に購入されている商品

  • 星の王子さま (集英社文庫)
  • +
  • 星の王子さま (新潮文庫)
  • +
  • 星の王子さま (文春文庫)
総額: ¥1,474
ポイントの合計: 14pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

沙漠の真っ只中に不時着した飛行士の前に、不思議な金髪の少年が現れ「ヒツジの絵を描いて…」とねだる。少年の話から彼の存在の神秘が次第に明らかになる。バラの花との諍いから住んでいた小惑星を去った王子さまはいくつもの星を巡った後、地球に降り立ったのだ。王子さまの語るエピソードには沙漠の地下に眠る水のように、命の源が隠されている。生きる意味を問いかける永遠の名作の新訳。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

サンテグジュペリ,アントワーヌ・ド
作家にして飛行士。1900年6月ジャン・ド・サンテグジュペリ伯爵とマリー・ド・フォンコロンブの長男としてリヨンに生まれる。民間郵便航空の創設時代にパイロットとして活躍すると同時に自らの経験に基づいた作品『夜間飛行』(1931)で作家として世に出る。1944年7月、偵察飛行中に行方不明となる

池沢/夏樹
1945年北海道生まれ。1988年に発表した『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。翻訳も多くを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 集英社 (2005/8/26)
  • 発売日 : 2005/8/26
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 144ページ
  • ISBN-10 : 4087604942
  • ISBN-13 : 978-4087604948
  • 寸法 : 15.2 x 0.9 x 10.8 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 149個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
149 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年8月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 小説というよりも寓話に近い
ユーザー名: Shalom、日付: 2018年11月11日
映画「君の膵臓をたべたい(浜辺美波)」で、度々、この小説が出て来ていたので読みました。

小説というよりも寓話に近い。
作中に、登場する「バラ」は女性のことを比喩しているんでしょう。

同じものであっても、
人によって“そのもの”への価値観が違っている。
ということを示している小説。

ある人が“そのもの”に費やした時間の分だけ、
ある人が“そのもの”に懸けた熱量の分だけ、
ある人にとって“そのもの”が特別なもの(大切な存在)になる。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年4月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年12月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年1月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年5月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

他の国からのトップレビュー

Roberto Imparato
5つ星のうち5.0 Bellissima edizione
2014年2月6日にイタリアでレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Skatoletta
5つ星のうち3.0 per il prezzo è ok..
2015年4月23日にイタリアでレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Jorge
5つ星のうち5.0 Beautiful book
2019年11月18日にカナダでレビュー済み
Amazonで購入
Miguel Angel Martinez
5つ星のうち5.0 Buen libro
2019年6月12日にスペインでレビュー済み
Amazonで購入
Alessandro Canino
5つ星のうち4.0 per gli appassionati
2015年9月22日にイタリアでレビュー済み
Amazonで購入