通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
星の王子さま (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。u1248a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

星の王子さま (新潮文庫) 文庫 – 2006/3

5つ星のうち 4.5 110件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 星の王子さま (新潮文庫)
  • +
  • 新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)
総額: ¥978
ポイントの合計: 30pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

これまでで最も愛らしく、毅然とした王子さまが、優しい日本語でよみがえります。世界中の子供が、そして大人が読んできた。世紀を越えるベストセラー。

砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会った男の子。それは、小さな小さな自分の星を後にして、いくつもの星をめぐってから七番目の星・地球にたどり着いた王子さまだった……。一度読んだら必ず宝物にしたくなる、この宝石のような物語は、刊行後六十年以上たった今も、世界中でみんなの心をつかんで離さない。最も愛らしく毅然とした王子さまを、優しい日本語でよみがえらせた、新訳。

内容(「BOOK」データベースより)

砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会った男の子。それは、小さな小さな自分の星を後にして、いくつもの星をめぐってから七番目の星・地球にたどり着いた王子さまだった…。一度読んだら必ず宝物にしたくなる、この宝石のような物語は、刊行後六十年以上たった今も、世界中でみんなの心をつかんで離さない。最も愛らしく毅然とした王子さまを、優しい日本語でよみがえらせた、新訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 160ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102122044
  • ISBN-13: 978-4102122044
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 15.3 x 10.7 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 110件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 525位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
まず、ハードカバーの内藤濯氏の方は横書きでしたが、河野万里子訳のこちらは縦書きです。
ゆえに、ページの開き方が逆になります。

秀逸なのは、〈訳者あとがき〉で、サン=テグジュペリの経歴や私生活について、詳らかに触れてあったところだと思います。ここは、河野さんの『星の王子さま』に対する並々ならない愛情が直に伝わってくる箇所でもありました。そして、「献辞」のところに出てくるこの本を捧げたところの彼の親友、レオン・ヴェルトのことについても触れてありました。
レオンは、熱烈な平和主義者だったのですが、ユダヤ人であったがために、その当時、ナチスによる激しい弾圧を避けて、フランス東部の山に隠れ住んでいたという話でした。

内藤訳と比べてみると、言葉の言い回しが、箇所箇所で、異なっています。
中には、今では、ほとんど使われなくなったであろう言葉を現代の若い人たちにも十分通じやすいようなものに変えてあります。
例えば、「ウワバミ」が「大蛇ボア」、「ぼっちゃん」が「男の子」、「飼いならす」が「なつく」、「仲よくなる」が「絆を結ぶ」、「ひまつぶし」が「(バラのために)費やした時間」、「転轍手」が「(線路のポイントを切りかえる)鉄道員」、「あきんど」が「物売り」など、挙げることができます。

当然ながら、
...続きを読む ›
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
昔懐かしいかというと、そうでもありません。年代的には子供時分に読んだ覚えはありませんが、余手も良い本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
子供の頃に読んだ記憶があり、懐かしくなって購入しました。
様々な星で出会う人々や、バラと王子の関係。当時の自分はあまり考えずに読んでいた話が、今読み返すととても奥が深く、様々な解釈ができることを知りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本当に大切な事を教えてくれる数少ない本のうちの1つです。お子様から大人まで全ての人に読んで欲しく思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
しくじり先生を観て読みたくなって購入。
1時間ちょっとで読めるのですが、心にとても響きました。
学生のころに読んだ記憶がありますが、内容は全く覚えていませんでしたが、
今回読んでみて、この内容は二度と忘れることができないほど、人生に衝撃を与えました。

夜空の星を見上げるたびに、感情が揺さぶられます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
某大学教授のお勧めで最初池澤氏訳を読みましたが
言い回しが難しくて響きませんでした。

次に内藤氏訳を購入し平行して読みましたが
直訳のような言い回しと古いたとえが馴染めませんでした。

諦め半分でこの書籍を最後に購入しましたら、
河野氏訳は非常に分かりやすく現代に合わせているので
心に響き、やっと星の王子さまの良さが分かり大満足です。
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本来なら星の王子は王子と訳すのは間違いらしい、公や公主と訳すのが本来なのだそうだ。
それだけに内容が幼稚だと誤解されがちな作品なのかもしれない。
人は己の星を統べる為に多くの旅をして、多くを知らなければならないのだ。

多くの人たちが己の星を統べることが出来たのなら、この世に争いはなく、悲しみや飢えも減り、砂漠で得た水の様に何かを潤し、星空の下で共に多くを分かち合えるだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中学生の頃、内藤訳から入りました。
ただ最近になって読み直してみるとどうも現代的でない、
と思い、他の訳はどうかと読んでみた次第です。

印象が全然違います!
文体が活き活きとしているので、登場人物も物語のなかで
活き活きとしています。
威厳であったり、気品であったり。見事に描き分けられています。

まず、王子さまがいい。内藤訳では「王子さまは結構勝手だな」という
印象があったのですが、それがありません。
あくまで無邪気で、それでいて悲しい存在です。
悲しいとき、日に44回(内藤訳では43回)も夕陽を見ていた王子様。
どれほど孤独で悲しみが深かったのでしょう。

「ぼくはこの世に一輪だけの、財宝のような花を持っているつもりでいたけど、
ほんとうはただのありふれたバラだった」
とは悲しいセリフです。

孤独なのは王子さまだけではありません。パイロットの孤独、バラの孤独、キツネの
孤独、出会った星の住人の孤独。
それぞれの孤独があります。
その孤独が分かると、最初に訪ねた星の王様ですら悲しい存在に思えてきます。
 
今読んでも(今だから?)、結構重い
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー