通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ふわふわ天国
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ▼お読みください▼発送はゆうメールとなります。※追跡番号はございません。土日祝日は休業日の為、発送を行っておりません。1~2営業日で発送させて頂きます。 ※帯/特典の欠品・色あせ・キズ・ヨレ・若干のヤブレ・シミ・再生面のスレ/小キズ・ライン引き・書き込み・サイン等がある場合がございます。神経質な方は事前に状態確認をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

星の国から孫ふたり バークレーで育つ「自閉症」児 単行本 – 2005/5/18

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 3
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

北カリフォルニアで育ついとしい孫たちは、他人とのやりとりを苦手とする「自閉症」児。だが、この異星人のような幼な子が、公立幼稚園で熱意あふれるスタッフらとのふれあいの下、遊び、話し、歌い、絵を描き…。その着実な成長を通して、知的障害児を支える福祉と教育のあり方を問いかける。ユーモアあふれ、示唆と希望に満ちた感動的な記録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

門野/晴子
1937年東京生まれ。ノンフィクション作家。1980年から学校教育と子どもの問題、1991年から老人介護・老人福祉の問題で執筆・講演活動を行い、最近は孫のオーティズム(「自閉症」)についての著述に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 258ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2005/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000247557
  • ISBN-13: 978-4000247559
  • 発売日: 2005/5/18
  • 梱包サイズ: 18.8 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 234,269位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/4
形式: 単行本
自閉症児の本ということで最初は尻込みしていました。けれど読み始めると一気に最後まで読めました。
読んだ後は「元気」と「勇気」をもらい、同時に頭をハンマーで殴られたような衝撃もありました。これはある子供たちの成長記録というだけではなく、人として私たちがどう生きるかを気付かせてくれる本です。
『自閉症である現実を受け止め、自閉症であることを障害ではなく「個性」として捉え、それをどう生かすか』。門野さんの目は常に未来に向いています。
何か悪いことや予想していないことが起きると、どうしてこうなるの?なんで私にこんなことが起きるの?と「なぜ(原因)」ばかりに目が向いてしまいます。起きたことは起きたこととして「受け止め」、じゃあこれからどうしていく?そこに焦点を当てる。「常に前を向いて生きる」、自分もそうありたいと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自分も自閉症の孫がいるし、同名の映画の評価も高かったので期待して購入したが、途中で投げ出した。まず気取ったような独りよがりの書き方が気になる。しかも記述が時系列に沿っていないので、なぜ自閉症の孫を星の国から来たと思うようになったのか、全く理解出来ない。いくら自閉症への理解が進んだアメリカでも、今だに予防注射原因説が根強くのこることとからも判るように、偏見もあれば親の絶望感もあると思う。アメリカの先進的な取り組みを紹介したいのだと思うが、文章力が絶望的に低い。どこかの作文教室に通って基本的な書き方を勉強すべきだと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
門野さんの筆致が楽しくて、思わず笑ってしまう。自閉症ときくとつい悲哀に富んだお涙ちょうだいの話になりがちですが、視点を変えればこんなに楽しいんだということを気付かされる、ユーモアとウイットに富んだ元気のでる一冊です。地域の豊かで心やさしい専門家スタッフの存在が、むつかしいといわれる自閉症の子育てが楽しくなるよう、親への支援がたいへん充実していることがわかり、日本との違いを実感します。専門家・親御さん・行政職の方、どの立場の方にも読んでほしいと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一気に読みました。
オーティズムの王子様とお姫様を持つ家庭の様子が、活き活きと描かれていました。ユーモラスに描かれていますが、読んだ後は、なんでしょう、メッセージがずっしりときています。
電車やレストランで暴れている子(多分、オーティズムではないと思うのですが)がいても、「きっと彼等には彼らの事情があるのだろうなあ」と思えて、あたたかい気持ちでいられるようになりました。子供を見る目線が変った気がしています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告