星になった少年 スペシャル・エディション [DVD... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,949
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ライジングスター ジャパン ★超迅速発送★
カートに入れる
¥ 1,999
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: アイズメディアショップ
カートに入れる
¥ 2,592
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

星になった少年 スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,899 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,581 (71%)
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、メディア・サポートが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 星になった少年 スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • 誰も知らない [DVD]
  • +
  • 「誰も知らない」ができるまで [DVD]
総額: ¥6,733
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 柳楽優弥, 常盤貴子, 高橋克実, 蒼井優, 倍賞美津子
  • 監督: 河毛俊作
  • 製作者: 亀山千広
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2006/01/27
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009MUDVK
  • JAN: 4988104033628
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 39,616位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

ご覧いただきまして、ありがとうございます。★【国内正規(セル)品】【中古美品】【初回限定品】【ディスク2枚組み・映像特典付き】【THXオプティマイざーグラス付き】です。★当店はAmazon以外で併売していない Amazon専用在庫です。ご注文いただきましたら、Amazonより、【即日発送】致します。★当店では、商品全体を除菌用アルコールで消毒し、清潔な状態でお届けするためにクリーニングをして、その上で透明OPPポリパックでカバーをしております。その際商品にダメージが残らないように細心の注意を払って行っております。★この状態で、Amazon倉庫へ納品しておりますので、コンディション通りの品質を保持している商品であります。

Amazonレビュー

   『誰も知らない』で天才子役ぶりを見せつけた柳楽優弥が、象使いとなった実在の主人公を演じる。動物プロダクションを営む一家の息子、小川哲夢は、象の心が読める特技を持つ。そんな彼も、新しく買われてきた子ゾウのランディは調教できない。哲夢は一人前の象の調教師になろうと、専門の訓練学校のあるタイの田舎町へ向かう。タイトルが示すとおり、悲しい結末を予感させる物語だ。
   象使いの訓練を通したタイの人との交流や、哲夢と家族それぞれの関係、淡い恋など、青春の要素が散りばめられ、誰もが共感しやすい仕上がり。柳楽の大人びた表情は、俳優としての成長を感じさせる。さまざまな芸が象の能力の高さを実感させてくれるし、象以外の動物たちのユーモラスな活躍も見どころだ。映像では実際にタイでロケを行った大自然が美しく、坂本龍一によるエキゾチックなメロディがマッチ。家族で観たい、爽やかな一作である。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
スペシャル・エディションには
本編DVD、特典DVD(メイキング、インタビュー、坂本哲夢本人の軌跡)、
ブックレット、THXオプティマイザーグラス
が付いています。

実在した日本で初めて象使いとなった少年、坂本哲夢の物語。
「誰も知らない」で、最年少でカンヌ主演男優賞を獲った柳楽くんが主演。

象が好きで、象と暮らしてゆきたいと考え、若干12歳の少年が単身でタイに渡り
象使いになる修行をし、幾多の困難を乗り越え象使いをマスターする。
帰国し、日本にいる象をどうしていくかを常に考え、象に関わる仕事に就く。
着々と夢の実現を進めていたのだ。

13年前事故で死んでしまった一人の青年が純粋に強く思い描いていた夢を、叶えようと
しつつあるその過程が描かれている。最後、夢半ばにして、あまりにもあっけなく
この世を去ってしまう、それは本当にあったことなんだと思うにつけ、とめどなく涙が
溢れてきた。彼が事故に遭った瞬間に鳴き叫んだ象たち、そして彼の棺から離れようと
せず涙を流し続けた、彼の可愛がっていた小象のランディの様子が更に胸に迫った。

賞を獲った柳楽くんに対しては期待していた分、期待はずれだった感想
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
実在したこの悲しい物語の主人公・坂本哲夢さんは、1992年に20歳の若さで亡くなられました。映画化にあたり、人々の注目は俳優の柳楽優弥くんに集中しましたが、本当の主人公は坂本哲夢さんです。
このDVDには生前の哲夢さんの映像&インタビューをドキュメンタリーにした特典DVDがついています。彼の子供時代から葬儀の模様まで、これだけで映画になりそうなほど、素晴らしい内容です。映画化にあたり、「少年の死に象が泣いた」と宣伝されましたが、本当に象が泣いています。哲夢さんの棺にすがりつき、凄まじい叫び声で泣き崩れています。象がですよ。私はこの映像に号泣しました。象の魂の叫びに全身が震えるのを感じました。
もし、私のレビューを読んでくださった方で、お身内に心に問題を抱えるお子様がいらしたら、是非この特典DVDを見せてあげてください。その子の人生観が変わってしまうかもしれません。。。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画を観たときに思わず一緒に行った女性と大泣きしてしまいました。元々僕は最近涙腺が弱いのですが、その彼女も絶句に近いほど感激していて…僕は嬉しくなりました。

この映画、2つのシーンが印象に残ります。一つは主人公がタイに行ってなかなか象のファーとコミュニケーションが取れないときのこと。「象と仲良くなるためにはお前は人間として死んで象に生まれ変わるぞ」というシーン。次に象さんショーでの主人公が話す言葉。「象さんに比べて僕たち人間は不便です。」というくだりが心にとても染み込んできます。DVDで鑑賞した今もその気持ちは変わりません。

人間として生まれても動物や植物と、あるいは樹木と交わる事の出来る人たちがいますしこの映画で象と少年が融け合っていく姿には感動を超える何かを感じます。またせっかく人間として生まれてきても相互関係を学ぶことすらせず、人を傷つけ最悪の場合親子でさえ殺害する輩も…。真の対話をこの映画が教えてくれる、そのきっかけになれば幸いです。

蛇足ですが柳楽優弥さんは映画で大成するのが宜しいのではないか、そう思っています。下手に芸能界ずれしない方がいいかな…と。余計なお世話かな?(^_-)
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 雪柳 VINE メンバー 投稿日 2007/3/5
まず、この物語が実話に基づいているということに驚く。

中学生の男の子が、象使いの修行をするため、単身タイに飛び、言葉や生活習慣の違いに苦労しながら、日本で始めての象使いになる。

彼の夢は、タイにあるような、年老いた象たちが暮らせる“象の楽園”を、日本にもつくること。

その夢が叶わぬままに終わったことは残念だけれど、彼のような人がいて、彼のような生き方があり人生があったということは、決して無駄ではなかった。

そのことを広く知らしめてくれたこの映画は、それだけでも大きな意味があったと思う。

主演の柳楽優弥は、実に不思議な俳優である。

素人くさいようにも見えながら、それがまた、いかにも手慣れた演技を見せる俳優たちとは一味違う、リアルさを釀し出す。

坂本龍一による音楽も、叙情豊かでエキゾチシズムに満ち、効果的だった。

タイの自然豊かな森の美しさも、どこか根源的な懐かしさを感じさせる。

爽やかな感動の残る作品だった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す