Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 99

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[坂口安吾]の明治開化 安吾捕物(完全版)
Kindle App Ad

明治開化 安吾捕物(完全版) Kindle版

5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/5/22
¥ 99

商品の説明

内容紹介

(坂口安吾について)

 坂口安吾は、一九〇六年に新潟県に生まれました。東洋大学文学部印度哲学倫理学科卒業。純文学のみならず、歴史小説、推理小説、文芸から時代風俗まで広範に材を採るエッセイまで、多彩な領域にわたって活動しました。終戦直後に発表した「堕落論」や「白痴」などにより時代の寵児となります。太宰治や織田作之助と並んで、無頼派と呼ばれる作家の一人です。その多作のためか、あるいは薬物中毒のためか、一九五三(昭和二十八)年二月十七日に脳出血により死去しました。
 作品としては、一九四六年に発表した「堕落論」と「白痴」が特に有名です。「堕落論」では、終戦後の暗澹たる世相の中で、「堕ちきること」を考察して大きな反響を呼びました。自伝的作品として「風と光と二十の私と」などがあります。主に二十代の青春期の精神遍歴が連作風に書かれ、特に「二十七歳」「三十歳」では当時新進女流作家でありまた美貌でもあった矢田津世子との恋愛を描いていて、作家自身もこれらを重要視しています。
 またこの作品集に収められた作品のような、いわゆる大衆小説や推理小説にも大きな業績を残しました。


(この本について)

 この本には坂口安吾の「明治開化 安吾捕物」の全編及び「読者への口上」の全二十一篇を収録しています。

 「読者への口上」
 「その一 舞踏会殺人事件」
 「その二 密室大犯罪」
 「その三 魔教の怪」
 「その四 ああ無情」
 「その五 万引家族」
 「その六 血を見る真珠」
 「その七 石の下」
 「その八 時計館の秘密」
 「その九 覆面屋敷」
 「その十 冷笑鬼」
 「その十一 稲妻は見たり」
 「その十二 愚妖」
 「その十三 幻の塔」
 「その十四 ロッテナム美人術」
 「その十五 赤罠」
 「その十六 家族は六人・目一ツ半」
 「その十七 狼大明神」
 「その十八 踊る時計」
 「その十九 乞食男爵」
 「その二十 トンビ男」

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1146 KB
  • 紙の本の長さ: 592 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: WakWak推理文庫; 1版 (2014/5/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00KI6FVMS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 145,641位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



カスタマーレビュー

5つ星のうち1.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2016年3月29日
Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
click to open popover