通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
明治維新の極秘計画 「堀川政略」と「ウラ天皇」 (... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 johkaibon
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 安心のAmazon管理センターから迅速発送。全品消毒クリーニング済。第2刷、帯あり。書き込み無し。多少のスレ、小傷があるものの、比較的綺麗で良好な状態です。※新品ではございませんので、商品によっては、読む分には支障のない程度の使用感がある場合がございます。何卒ご了承下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

明治維新の極秘計画 「堀川政略」と「ウラ天皇」 (落合秘史) 単行本 – 2012/11/29

5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,474

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 明治維新の極秘計画 「堀川政略」と「ウラ天皇」 (落合秘史)
  • +
  • 南北朝こそ日本の機密 現皇室は南朝の末裔だ (落合秘史)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

隠しきれなくなった歴史の真実――明治天皇すり替え説、決定版の登場

孝明天皇は偽装崩御によって国体天皇=ウラ天皇、大室寅之佑は明治帝として政体天皇=オモテ天皇、明治維新は天皇家と徳川家の極秘計画で成された!
近代日本の絵図を描いた「堀川政略」とは何か! ?
「さる筋」が明かした宮中秘事、これが日本最高度の秘密!

[著者の落合莞爾氏とは]
東大卒、住友軽金属を経て経済企画庁で「経済白書」の作成に携わり、野村證券に転じて日本初のM&Aを実現する。その後大企業の創業オーナーや旧華族などの金融面の指南役として活動、「兜町の天才仕掛人」の異名をとる。バブル崩壊を察知して相場から引退、歴史研究や骨董評論を手掛ける過程で宮中某人物「さる筋」から日本の歴史の闇に隠された事実を知らされる。

【目次】
自序:歴史の闇に秘された「堀川政略」

【第I部】「堀川政略」と堀川御所
第一章:日本の國體と世界王室連合の脅威
第二章:堀川御所の秘密造営
第三章:水戸烈公・徳川斉昭と「堀川政略」
第四章:堀川政略を狂わせた井伊大老の登場
第五章:一橋慶喜の苦闘
第六章:尹宮と慶喜の公武一和政権

【第II部】幕末前史
第七章:光格王朝の誕生
第八章:日本史最大の欺瞞「源平藤橘」とは何か
第九章:國體と公武合体運動
第十章:孝明天皇が実現させた大室寅之祐践祚

【第III部】封印された史実
第十一章:京都学習院の南朝復興思想
第十二章:小栗忠順が買占めた天保小判
第十三章:大政奉還に向けての策動
第十四章:維新政府に入った慶喜の手
終わりに

著者について

落合 莞爾
1941年、和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業後、住友軽金属を経て経済企画庁調査局へ出向、住宅経済と社会資本の分析に従事し、1968年~1969年の『経済白書』の作成に携わる。その後、中途入社第1号として野村證券に入社、商法および証券取引法に精通し日本初のM&Aを実現する。1978年に落合莞爾事務所を設立後は経営・投資コンサルタント、証券・金融評論家として活躍。日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。著書に『先物経済がわかれば本当の経済が見える』(かんき出版)『天才画家「佐伯祐三」真贋事件の真実』(時事通信社)『教科書では学べない超経済学』(太陽企画出版)『平成日本の幕末現象』『平成大暴落の真相』『ドキュメント真贋』(いずれも東興書院)、また15年ぶりの書き下ろし著作『金融ワンワールド』(成甲書房)を今春上梓した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 成甲書房; 初版 (2012/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880862967
  • ISBN-13: 978-4880862965
  • 発売日: 2012/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 2.5 x 13.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 139,760位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
明治維新異説・薩長謀略説である。

「孝明天皇は、幕末の倒幕・佐幕両派の抗争過程で、岩倉具視と伊藤博文ら長州志士等によって秘密裏に崩御を偽装された。
長州藩はその後、南朝光良親王の子孫(血統)である大室寅之祐を擁立し、
孝明天皇を後継した睦仁親王(京都明治天皇)にスリ替えた」。

「明治天皇として即位したのは、それまでの北朝系ではなく、南朝系の末裔にして長州藩が秘匿擁立してきた
大室家の寅之祐(おおむろとらのすけ)である」ということになる。
倒幕派は、「長州に住んでいた南朝の末裔と称されていた大室寅之祐を擁立し、
北朝系に代えて南朝系の大室寅之祐を睦仁親王の名で以て身代わり即位させ、
幕末政変で勝利するや東京遷都し、終生本物の明治天皇として振舞わせた」ということになる。

明治維新とは、「明治天皇すり替えによる王朝交替だった」ことになる。

倒幕派は、当初は攘夷派であったが途中で時代の流れに合わせて「開国維新」に転換した。
ところが、孝明天皇は、この時代の流れを拒否し、「鎖国攘夷」に固執しつつ「公武合体的佐幕」を志向した。
そのため、孝明天皇は崩御を偽装されたのである。

この時代勤皇でない藩など存在しな
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
●刺激的な本書の書名となっている「明治維新の極秘計画」とは何か? それはズバリ、副題にある「堀川政略」である。詳細については、本書を購入して読んでもらうしかないが、著者がこの「極秘計画」に想到するに至るには10年20年という永い年月がかかったことが窺われる。本書には「さる筋」という正体不明の情報源が随所に登場するが、その人物が洩らした片言双句を書き留め永い年月をかけてじっくりと吟味し、また関連する史実を丹念に拾い集め、それらを素材として堂々たる一大建築物に築き上げたのが、本書である。著者の真摯かつ不撓不屈の探究心がもたらした成果と言えよう。
●そもそもわが国要所によって「堀川政略」にいたる一大戦略を準備する必要が痛感された契機は、ナポレオン戦争後のヨーロッパにおける国際秩序を取り決めた「ウィーン議定書」(1815年6月9日成立)が結ばれ、続いて同年9月26日にロシア皇帝アレクサンドル1世の呼びかけで「神聖同盟」が成立したことにあったと著者は言う。鎖国時代のわが国にとって遙か彼方の世界の無縁な出来事と言うべき、ヨーロッパ列強間に結ばれた「神聖同盟」に対して、なにゆえにわが国要所が危機感を抱いたか。ここが「落合史観」の面目躍如たるところで、通説では例えばウィキペディアに説くように「これはキリスト教的な正義・友愛の精神に基づく君主間の盟約であり、各国を具体的に拘束する内容があっ
...続きを読む ›
1 コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
学校で習うことは嘘が多い。つまり学会の定説など当てにはならない。古代史はデータが少なく(学会の認める)現代史はデータが多すぎて錯綜して学校で教えられるような定説はないのか、学校ではあまり教えない。

私は数学者だけれど、現代数学は少しずつでも発展していて、数学には証明というものがあるから、正誤はわりとはっきりしている。だから学部・院あたりでは少しずつ教えることも変化しているが、研究の評価となると人それぞれであるから、教える内容の取捨選択も色々ある。まあ、基本的に教わるものではないけれど。

小・中・高で教えることは昔からそれほど変わっているわけではないけれど、内容の取捨選択や教え方に大いに工夫すべきところがある。

それ以外の分野でいうと、血がどこで作られるかであるが、学会の定説は骨髄であるが、千島学説といって腸でつくるというのがあり、私はそっちの方がもっともらしく感じている。

その種の学問も少しずつ揺らぎ始めた。基本的にはネットの存在、そして皆が学会の石頭などあっちゃに置いておいて、好き勝手に本を出し始めたことに起因すると思う。

明治天皇=大室寅之祐'ということは前からやはりネットやトンデモ本?で知っていたが、イマイチ良く分からなかった。孝明天皇を暗殺してすり替えた程度に思って
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者の経歴を見れば立派な人物と思われるが、現実社会での行い、とくに近年
法廷で争われた佐伯祐三贋作詐欺事件において、贋作を美術館に売り込んだ
詐欺師女性をかばう論調の書籍を出したり、実際の裁判でも詐欺師女性の証人
側にたって弁護しだしたあたりから、とてもまともではないように感じられてきた
のである。

(この贋作の詳細については、『芸術新潮』1996年4月号の【特集 佐伯祐三の真実】
「附 真贋騒動レポート」を見れば一目瞭然である。心底から本当にビックリしますよ。)

本書においても「さる筋」とか「閑人からの仄聞」などと云った意味不明の情報
源のネタをもとに、メチャクチャな論拠から嘘八百な世界炸裂の落合莞爾ワールド
が展開されている。

ですます調の文体だが、やたらと難しい漢字を多用し、話しも極端にあちこちに
飛ぶ始末で、読みにくいことおびただしい。

また実際の歴史的事実のなかに、わざと出典引用もできないような妄想ガセネタを
紛らわせたりしており、これはもう悪意でわざと偽歴史観を披歴し、無知な読者を
洗脳しているとしか思えない。

幕末維新期の真相にすこしでも触れられるものかとおもっ
...続きを読む ›
3 コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック