この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

明治探偵冒険小説集 (2) 快楽亭ブラック集 ちくま文庫 文庫 – 2005/5


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥ 992
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

革命で英国に避難していたフランス人貴族が、王政復古で妊娠中の妻を捨てて帰国。失意と貧しさの中で生まれた双子の数奇な運命がドラマティックな「流の暁」。偶然拾った一本の針から殺人事件を解決する「探偵」が魅力の「車中の毒針」。当時流行の幻燈を使い、見事、冤罪をはらす「幻燈」。父殺しの犯人を追い逆に罠にはまる娘とそれを助ける若者。予断を許さぬ展開が面白い「かる業武太郎」。全4編。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

快楽亭/ブラック
1858(安政5)年、オーストラリア、アデレードに生まれる。6歳で来日、講談師を経て落語家になり、快楽亭ブラックを名乗る。1893(明治26)年に帰化、西洋噺で大人気になる。探偵小説ブームに乗って速記による探偵小説を多数出版。落語以外にも歌舞伎、手品、催眠術など多芸を誇ったが、10年ほどで人気が落ち、失意のうちに1923(大正12)年死去

伊藤/秀雄
1925(大正14)年川崎生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 490ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480420827
  • ISBN-13: 978-4480420824
  • 発売日: 2005/05
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 275,076位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。クローゼット チェスト