数量:1
明治天皇と日露大戦争 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,500
通常配送無料 詳細
発売元: ベリーストア
カートに入れる
¥ 4,500
45pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
カートに入れる
¥ 4,500
46pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: マルちゃん堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

明治天皇と日露大戦争 [DVD]

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,500 通常配送無料 詳細
ポイント: 46pt  (1%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ドリーム エクスプレスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 3,799より 中古品の出品:2¥ 3,389より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 明治天皇と日露大戦争 [DVD]
  • +
  • 明治大帝と乃木将軍 [DVD]
  • +
  • 天皇・皇后と日清戦争 JKL-001-KEI [DVD]
総額: ¥9,549
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 嵐寛寿郎, 宇津井健, 加藤嘉
  • 監督: 渡辺邦男
  • 形式: Black & White, Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2005/07/21
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009RJF96
  • EAN: 4988021152501
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 34,562位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   1904年に始まる日露戦争の全貌を明治天皇(嵐寛寿郎)を主軸に据えて描いた戦争スペクタクル超大作。旅順港閉塞戦、二百三高地の激戦、そして日本海大海戦といった戦争の経緯がパノラマ的に連ねられているが、本作でもっとも特筆されることは、日本映画史上初めて天皇を銀幕に登場させたことであろう。それまでのタブーを打ち破った企画の大胆さと、敗戦から10余年経ち戦後の復興を遂げた日本国内の気運とがマッチして大ヒットを記録。アナクロ映画と蔑む時の文化人たちの中にも、鑑賞中思わず涙してしまう者が続出したという。徹底的な浪花節調でつづられているのが特色の作品ではあるが、それは一方で戦前のノスタルジーを大いに誘う巧みな手段でもあった。監督は「渡辺天皇」の異名を取った渡辺邦男。当時倒産の危機に瀕していた製作会社の新東宝は、本作の成功で息を吹き返し、以後この手の戦争大作を連打していった。なお本作品は「大シネスコ」と称したシネマスコープ方式で撮影されており、本DVDもそのヴァージョンであるが、地方でまだシネスコ映画をかけられなかった映画館のために、ブルース・リー主演『ドラゴンへの道』などの名キャメラマン西本正が撮影を担当したスタンダード版も同時に製作されている(かつてLDが発売されている)。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

日露戦争時の天皇の苦悩を描き出した作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

「国民にどう響くか、よくよく考慮して、戦争を避けるがよい」
「伊藤・・・、戦地の将兵に、避暑があるか」
「伊東も山本も、辞職さえすれば一切の責任から免れることができるが・・・、天皇に辞職はないぞ」
「国民の声が聞こえる・・・岡沢!、国民の声が聞こえるぞ。天皇旗を出してつかわせ」
「岡沢ッ! この戦争は、絶ッ対に勝たねば・・・国民にすまぬぞッ!!」

なんといっても明治天皇。嵐寛寿郎のすばらしい演技によって、あの未曾有の大戦争にのぞんだ偉大な君主の苦悩が伝わってきます。天皇は「明治天皇紀」によって一挙一動まで詳細に記録が残っているそうですから、劇中のエピソードの多くが実話なのでしょう。

エキストラの数が半端ではなく、しかもその歩き方等もかつての帝国陸軍そのままです。出征シーン、奉天入城シーンだけでも見る価値あり。

また、随所に挿入される軍歌が、非常にいい味を出しています。出征シーンの「日本陸軍」、初瀬・八島沈没シーンの「海ゆかば」、乃木・ステッセル会見シーンの「水師営の会見」、日本海海戦シーンの「軍艦行進曲」「日本海軍」などなど・・・。びっくりするほど、映像とマッチしています。

日露モノの最高傑作にして、1300万人の日本人が劇場に足を運んだ超大作(人口が9000万だった時代にですよ!)。
必見。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
先輩レビュアー氏が称揚しておられるとおり、優れた脚本と演出のお陰で、このテの大作にありがちな「中だるみ」がみられません。

今見れば大時代的な感は否めないものの、日本人なら涙腺を刺激されることでしょう。

本作や「人間魚雷回天」「太平洋奇跡の作戦キスカ」などに較べると、

最近の「男たちのYAMATO」や「バルトの楽園」は極めて薄味に仕上がっていると思います。

戦争経験者が参画していないからなのでしょうね。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
古い戦争映画は、なんか物足りない面があるものです。しかし本作品は違います。映像、脚本、構成のどれもが見事。星5つです。内容は日露戦争の全ハイライトシーンを盛り込んであります。普通「間延び」してしまうものですが、本作品では明治帝や乃木大将の個人的エピソード等が絶妙のタイミングで挿入されており味わい深くなっています。
また、当時は軍隊経験者が多数いたためでしょうか、エキストラの行軍シーンが「見事」としか言いようがないレヴェルに仕上がっています。(現在の)周辺国の軍隊以上に美しい行軍シーン。これだけでも見る価値はあるかもしれません。特に映画『二百三高地』を見て感動したファンには、本作品にても感動を保証できます。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全編、無駄なく引き締まって力強い。古い映画だから割り引いてみようと思っていた覚悟など必要なかった。クサイあほらしい場面はまったくなかった。
ロシア軍の描写も、見られて恥ずかしくない公平な、敗軍の尊厳を守った武士道に満ち満ちた画面だった。和歌の朗詠や詩吟の挿入は古臭いと感じる人もいることだろう。わたしは詩吟は一時、習っていたことがあり、かえって楽しめた。明治神宮で坊城家の独特の朗詠を間近で聴けたことがあったが、朗詠ともどももっと普及しないかと願っている。

バルチック艦隊は太平洋を回って進むのか、対馬海峡を真っすぐ進行してウラジオストクに向かうのか、白熱する論議の場面もよく描かれていた。
海戦の場面も力強く、これほど力強い場面は見たことがないほどで、戦艦どうしの砲撃合戦は軍艦冥利に尽きるだろう。太平洋戦争では航空機が相手となり、無念の運命となった大和が悲しい。

軍の最高指揮者である明治天皇はもっとも見識の高い指揮者として描かれ、子どもを戦いで亡くした父親の潔い気持ちが描かれ、一糸乱れぬピラミッドになっているところが清々しい。
天皇批判や反戦や若者の恋愛は余計だったのだ。思わず「この映画作られたの、戦後だよね」と思ってしまった。戦意高揚の政策映画かと思ってしまうくらいだからだ。
しかし、このストレートさが
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
東宝のドル箱シリーズと言えば「ゴジラと若大将」かと思うが、新東宝においては「明治天皇」であった。そして、何より嵐寛寿郎のなりきりぶりが見物。何のことだかさっぱりわからない方も多いと思うが、とにかく、事もあろうに明治天皇を主役にしてしまった大真面目な大作シリーズが、かつて「花嫁吸血魔」とか「九十九本の生娘」などと同じ会社で製作されヒットしたというのは事実だ。

開戦にはあくまでも慎重だった明治天皇が、自衛のためにやむなく御前会議で開戦を決意する。クライマックスは奉天会戦、旅順会戦、日本海海戦。既に「二百三高地」を鑑賞済みである平成の観客としては、大時代な台詞やバリバリの様式美にはやや引くかもしれないが、本作における格調の高さと出演者の「明治、大正、昭和一桁世代の俳優」たちの男っぷりの良さは感動ものである。

新東宝が社運を賭けたと思われる物量は、アイディア勝負の平べったくてキレイキレイなCGを見慣れた今となっては、ただただ圧倒される。地平線まで人がいる!馬がいる!特撮も丁寧だった。水の特撮は迫力があるし、東宝特撮に慣れていると素直に感動できる。

明治天皇を演じる(というよりなりきっている)嵐寛寿郎はほとんど動かない。しかし、何と言っても一番偉い人なのだから、それでいいのだ。妙に顔を動かしたり、眼つきをギョロリとさせたりした
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック