通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
明治・金色キタン がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

明治・金色キタン 単行本 – 2015/11/6

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 444

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 明治・金色キタン
  • +
  • 明治・妖モダン
  • +
  • うずら大名
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 135pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

にぎやかなキャラクター達の織りなす楽しさ、軽妙さに加え、恐ろしい妖の要素で背筋がぞくっともさせられる、「明治・妖モダン」シリーズ絶好調の第2弾!
明治21年の東京・銀座。巡査の滝と原田は、日々持ち込まれる事件や相談事の解決に奔走する熱血漢コンビ。だがこの二人と仲間たち、時折何やら人間離れした「妖(あやかし)」の姿をも見せるのです……!?
不忍池の競馬場、女学生と結婚事情、頼母子講+宗教的な集まりなどなど、明治の風俗がたっぷり楽しめる、1話完結の痛快な謎とき短篇集。さらに全編を通して、廃仏毀釈によって消えた寺と仏像の大きな謎もドラマチックに描かれる会心作です。

<目次予定>

第一話 赤手と菜の花
第二話 花乃と玻璃
第三話 モダン 美人くらべ
第四話 闇の小道
第五話 上野の競馬
第六話 祟り、きたる

内容(「BOOK」データベースより)

明治になって20年、江戸とは地つづき時つづき―。滝と原田は、東京・銀座に勤める巡査二人組。女学生美人くらべの顛末や正体不明の石、競馬場での殺人、と日々さまざまな謎の解決に奔走するこの二人、時折、人ならざるものの気配を見せるのです…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2015/11/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022513276
  • ISBN-13: 978-4022513274
  • 発売日: 2015/11/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,828位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 樟葉 投稿日 2015/11/13
形式: 単行本 Amazonで購入
 文庫オチを狙っていたので、妖モダンの方に手を出していなかったので、2作品いっぺんに読めました(我慢できなかった)。
 もしかしたら、「しゃばけ」とリンクする部分もあるのかな? とちょっと期待したのですが、それはなさそうかな……。

 妖モダンの方では謎だらけで終わっている、登場人物たちの正体が、明らかになっていきます。

 でも、どっちかって言うと、やばいのは人間の方だよね? っていう感じかな。

 どうして、登場人物たちの素性がはっきりしないのか、などの答えも、この巻でしっかり出ています。
 面白かったです。

 とはいえ、やっぱり、誰が何なのかっていうのははっきりしてる方が、すっきりしたかな~。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
神様とか妖怪が出てくる摩訶不思議な物語で、暫し忙しい現実を忘れさせてくれます。ただ気になったことは、この作者の作品には必ずと言っていいほど【見目麗しい男性】が出てくることかな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
”しゃばけ”のようなかわいらしさではなく、もう少し
大人のファンタジー?ですかね、
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告