通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
明治メランコリア(10) (BE LOVE KC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 特に大きなダメージは無く、状態は概ね良好です。■発送は原則「ゆうメール」です。■万が一商品に不備がございましたら、全額返金いたします。■併売品のため、在庫切れなどの場合はご注文をキャンセルさせていただきます。 コンビニ決済等で商品を購入した場合の注文キャンセル及びご返金はAmazonギフト券での返金となりますので、予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

明治メランコリア(10) (BE LOVE KC) コミックス – 2017/2/13

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 113
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 明治メランコリア(10) (BE LOVE KC)
  • +
  • 明治メランコリア(11)<完> (BE LOVE KC)
総額: ¥926
ポイントの合計: 28pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

津軽の記憶とともに、ひなの呪いの言葉を思い出した鈴。胸をえぐる記憶に涙するが、ひなとの決着をつけるため対峙する。物語は最終局面へ。想いの果てに見つけたそれぞれの愛の形とは――?

津軽の記憶とともに、ひなの呪いの言葉を思い出した鈴。胸をえぐる記憶に涙するが、ひなとの決着をつけるため対峙する。物語は最終局面へ。想いの果てに見つけたそれぞれの愛の形とは――?


登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063945324
  • ISBN-13: 978-4063945324
  • 発売日: 2017/2/13
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2017/2/17
形式: コミック
!以下ネタバレ注意!

やはり想像通りな展開になりましたね…。
春時は恋人としての絆ではなく、春時が望む一生切れることのない絆、鈴子の兄として、家族としての形を選びました。
春時ファンとしては悲しすぎます……(泣)がそれは置いておき。。

想像通りとは言え、明治緋色奇譚から読んでいた身からすれば、もっともっと掘り下げてほしかった。
始まりは春時の策により鈴子が遊廓に売られたことからだったのに、その張本人(春時)との関係がこんなにあっさりと終わりを迎えてしまうとは…と思いました。

逆にひなは何故そうなってしまったのかという生涯が最期までこの数巻ながらもとてもドラマティックに色濃く描かれていたと思います。
あくまでキャラとしてですが、一番想いがぶれずにいたのはひなかもしれません。

本当は今巻で終わってもおかしくはない内容でしたし、最終巻はせっかくなので大人に成長した鈴子やその子供も見られたらいいな、と思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
タイトル通りの感想です。
明治緋色綺譚から読み続けて、いつも誰かの心の闇が見え隠れしながらストーリーが進んできましたが、メイン脇キャラがようやく帰る家を見つけたようです。

津軽には、やっぱり鈴みたいな真っ直ぐで素直で情が深く、それでいて非常に賢く、強い生命力を持ったパートナーが合うんだと思います。

春時では距離が近すぎて、共倒れになるでしょう。
前巻で想いが溢れて愛する鈴にキスしたとき、辛い顔をしました。
心に襲来したものは幸福じゃなかった。
これが全て物語っていると思います。
ひなの死後、春時が初めて自分と向き合い、鈴と向き合い、自分の身の置き場を選んだ、このまま前を向いて幸せを掴んで欲しいと思います。
家を失って何もないところから努力してきた人ですから、大丈夫だと思います。
暖かい心で愛せる人と幸せになって欲しい。

9、10巻はもう少し丁寧に描いて欲しかったです。個人的には。
記憶をなくしたまま津軽の助手をする鈴も見たかったな。

キャラがぶれずに(特に津軽、テレる津軽が自然で良かったです)、とても安心して読めました。

次巻で完結ですが、津軽がこれまでの自分にしっかりけじめを付けてくれるだろうと期待して楽しみに待とうと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
9巻まで持ってます。
先にレビュー書いてくだった方々、ありがとうございます。
コミックは買わず、ネカフェで10巻みてきました。

春時と鈴子は、愛し合ってほしかった。
春時と鈴子で まとまっていたら、
コミックは、本棚にずっと置いておくほど好きな作品でした。

ひなも嫌いじゃない。

春時だけが、かわいそう。そう見えないように、描いているかもしれませんが
明治緋色綺譚から続いている春時の鈴子への愛情を、ここで終わらせないで欲しかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告