通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
明日を拓く現代史 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

明日を拓く現代史 単行本 – 2013/4/1

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/4/1
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 299

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 明日を拓く現代史
  • +
  • 「地球のからくり」に挑む (新潮新書)
総額: ¥2,311
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカがつくった世界システムとは何か?挑戦者・中国と、その中国を執拗なまでに警戒するインドの先行きは?日本は、もっといい国、強い経済を持つ国に変わっていけるのか?これからの時代を担うあなたが、絶対に知っておくべき現代史。慶應義塾大学大学院の人気講義、待望の単行本化。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

谷口/智彦
1957年生まれ、東京大学法学部卒。内閣審議官。2008~13年、明治大学国際日本学部客員教授など。2005~08年、外務省外務副報道官。それ以前約20年「日経ビジネス」記者、編集委員。その間プリンストン大学フルブライト客員研究員、ロンドン外国プレス協会会長、上海国際問題研究所客座研究員、米ブルッキングズ研究所招聘給費研究員を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 295ページ
  • 出版社: ウェッジ (2013/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863101082
  • ISBN-13: 978-4863101081
  • 発売日: 2013/4/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 157,054位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この本の著者である谷口智彦氏は例の米国議会での安倍首相の演説の原稿を書いたと言われている。マスコミではいろいろ言われているが、この安倍演説は成功と言えるだろう。この原稿を書いた人物はどんな人だろうという興味からこの本を読んでみた。
最初 図書館で借りて読み始めたのだが、買いなおして線を引きながら読み進めた。
中国とインドの紛争、英米の戦中、戦後の相克、中国の実相など興味深い事実を展開しながらこれからの日本を展望していく。
このような見方があるのだ、このような人がいるのだという感慨を持った本である。多くの人に読んでほしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本書は、慶応大学の人気講座を単行本化したものであり、第二次大戦後の世界を支配したアメリカの動きと、アメリカと日本との関りを中心に、若者向けにわかりやすく、そして熱く語った内容になっている。以前読んだ「通貨燃ゆ」と重なる部分もあるが、著者の視点は独特で興味深く読むことができた。

著者は現在、第二次安倍政権で内閣官房参与を務め、まさしく現代史に直接携わっているわけなので、是非、その実務経験を踏まえた、更に掘り下げた現代史の第二弾を書いて頂きたいと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
あまりにも面白かったので、もう1冊買って友人に送りました。娘にも送ったので、私はこの本を1人で3冊買ったことになります(笑)。

日本の近現代史は、偉大なる成功と惨憺たる失敗の連担です。失敗は成功のもとであり、成功が失敗の原因となる、巨大な歴史のアヤに日本人は翻弄されてきました。

今、我々は、高度成長という「大きな成功物語」が終わる黄昏の中にいます。このままこの国が「たそがれ」ていくのか、それとも反転上昇に転じるのか、そういう転換期にある、と思います。そういう時代に、我々が知っておくべき現代史を、熱く語ってくれています。

私も、歴史は熱く語られなければ意味がない、と思っている一人です。

西欧の侵略という国難に立ち向かった父祖の辛苦に涙し、独立を保った偉大な達成に感激する。
昭和前期の政治の迷走と、和平への実らなかった努力に切歯扼腕する。
そして「自分だったらどうしただろうか」「自分だったら何ができただろうか」と自問自答する。

そのような腸がよじれるような熱い学びを通してのみ、歴史を血肉化することができる。そして、それができて初めて、まだ見ぬ未来に向かって「我々はどうするべきか」という問いを考えることができるのだと思います。

この本では
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
革命家を目指した廣松教授がいかに受け入れられたのか、
なぜ神田の古書店は独特の左翼連絡ポイントになっているのか、
1956
スエズ危機の世界史的意味(英国から米国への覇権の移行)
について初めて理解できた。
ブレトンウッズ体制は要はイギリスのケインズとアメリカのホワイトの
(ハリーデクスターホワイト)の二人で決めた。
なんとこの二人はそれぞれに1941年12月には戦後体制について
構想を練り始めている。真珠湾の一週間後である。
ルーズベルトがイギリスに最後の引導を渡した。
スターリング体制からドル体制へ。
IMF,世界銀行、どちらもワシントンに置かれることになった。

柏木さんはすごい人だったんだなあ
ドル問題は安全保障問題そのもの

大躍進の真実。

敗戦の日、天皇は40代だった。
15年あれば時代は大きく変わる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
出てくる話が知らないことばかりだというのは、広告の釣り文句ではなかった。自分の無知を棚に上げてのことではあるが、インドと中国の戦争にしろ、スエズ危機や、ブレトン・ウッズ体制の実相にしろ、歴史というのは問題意識でどう切るかなんだと思わせてくれる。そして著者の切り口というのは、日本をも一度、しゃんとさせるため、というもので、全体のトーンは、中国における4000万人の餓死など重苦しい話を含むとはいえ、非常に好日的である。明るい。マンガがなぜ日本で生まれたかの解釈も、へぇーと唸った。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す