通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私 単行本 – 2008/5/22

5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 明日もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私
  • +
  • 電池が切れるまで―子ども病院からのメッセージ (角川文庫)
総額: ¥1,918
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

北京五輪を夢見たバレー選手に
突然の“がん”宣告!

2005年3月8日、全日本合宿参加連絡の日、同時にがんを発症した高校生・横山友美佳。
彼女は、現在日本女子バレーボール界をリードする大山加奈選手や木村沙織選手と同じく、将来を期待される選手であった。バレーボールに打ち込み発病するまでの18年間と、闘病しつつ大学受験やアルバイトなど新しい経験を重ね、夢を追い求め続けてきた3年間の日々。自らつづった感動の手記を緊急発売。彼女の最後の夢“私の本をだしたい”を今、ここで実現!
「生きているのは当たり前じゃない。失うまえに気づいて欲しい…今ある幸せ」

内容(「BOOK」データベースより)

オリンピックでの活躍を期待されたバレーボールのエースが、病床で綴っていた、「最後の夢」。感動の全手記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 188ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2008/5/22)
  • ISBN-10: 4838718713
  • ISBN-13: 978-4838718719
  • 発売日: 2008/5/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,805位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ishikawa VINE メンバー 投稿日 2008/5/24
形式: 単行本
4年前に「189cmの17歳」の見出しで、
今後バレーボールのナショナルチームを
になうべき人材だったそうです。

昨日晴れて、日本は北京行きの切符を手にしました。
横山さんは北京出身で、念願のオリンピックであり、
(相当な練習、苦労をしていますが)自然に
いけるものと思っていました。
しかし、人生というのは本当に残酷です。
その輝かしい未来を、「がん」と言う悪魔が
全て奪っていきました。
そんな中、横山さんは若い年齢ながら
持ち前のバレーで鍛えた精神力で強烈ながん治療を
こなしていきました。

しかし、治療もむなしく再発し、先月亡くなりました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

なぜ、プロの世界で活躍できる人が、
あの場面でがんになってしまうのかという悔しさとともに、
・こういう人こそ長く生きて欲しい
・自分は健康な体があるのだからもっと頑張れるはず
(余り大きなことは言えませんが)
・横山さんの分まで、命を大事にして生きたい
そう思いました。

これからは、もっともっと健康について大事に考え、
今健康であることに感
...続きを読む ›
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最初手に取った時は、『1リットルの涙』のような、ひたむきに病気と闘う明るい少女の闘病記だと思った。

ところが…、実際は、彼女の人生そのものが、客観的に時に熱く語られている。
彼女は素直に生々しく自分のことを書いていて、終始怒っている。タイトルからすると爽やかな、希望を与えるような感じがするが、それだけではない。
病気である自分の運命を呪い、健康な人を羨んで、自分を振った彼氏を恨んでみたり。
でも彼女は、決して立ち止まることはなく、最後まであらゆることと戦い続けた。なんと強い人だろう。

先日、全日本女子バレーボールチームがオリンピック出場権を獲得した。そこでアナウンサーが木村沙織選手に、不粋にも親友であった横山さんのことを質問し、木村選手が涙する場面があった。

それを横山さんが天国から見ていたらきっとこう言うだろう。
『沙織さん、涙はメダルを取ってから見せて下さい』
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
春高バレー全国準優勝、全日本メンバー入りという栄光を17歳にして成し遂げた横山さん。それがあろうことか全日本合宿に選ばれたのと日を同じくして運命のがん宣告。その数カ月後にはバレー界から姿を消した。
ここからの以後三年はこの世に神様などいるものか!と思いたくなる。それほどがんの経過が残酷だ。苦痛の抗がん剤治療の連続と二度の再発。彼氏とも別れ大学も中退。度重なる不幸にご本人の気持ちも赤裸々に綴られててネガティブになるのだが負けず嫌いで優しい性格がまたポジティブな考えに切り替えさせ、アルバイト、旅行、手記作成、そして抗がん剤治療続行と力尽きるまで精一杯生きた。
私は横山さんの本を読んだあと自分の健康のありがたさを思い知った。仕事や私生活でつらいこともあるが「生と死」の間で戦ってる人に比べたらなんてちっぽけなレベルなんだろう。そして「今その時を大事に生きる」という意識を毎日持ってこうと思った。死の直前まで生きる望みを捨てなかった横山さんの精神力は「生き続ける者へのメッセージ」なのでしょう。
亡くなられた著者が亡くなられる二週間前まで書いていたすごい作品です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
目標を持っていたから書けることが書かれているのだろう。
明日もまた生きていこうという意志が、癌宣告を受けた後も続いていることが書きつづられている。
体が資本のスポーツ選手で、体に問題があると言われることの辛さは、本人の言葉で聞かないと分からなかった。
知ってしまって辛くなることがある。癌の再発。
自分では、これだけの境遇に追い込まれたときに途方に暮れるかもしれない。
本にすることを思い立ち、協力した方々の意志を感じることが出来る。
「明日も生きていこう」
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人間ってこんなにすごいんだ。。。。最後の章を何度も繰り返し読んで、そう思わずにはいられなかったです。彼女のように頑張れるかどうかは自信がない。でも、命を粗末にしないで、生きていることに感謝することは今すぐに出来る。両親に感謝、支えてくれる人に感謝、毎日に感謝!ありきたりの言葉だけど、すごい勇気を貰える本です。こんなに素晴らしいものを残してくれた彼女に本当に感謝です!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック