明日の記憶 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、商品によっては多少のキズがある場合がございます。付属品は揃っております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

明日の記憶 [DVD]

5つ星のうち 4.3 89件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 明日の記憶 [DVD]
  • +
  • ペコロスの母に会いに行く 通常版 [DVD]
  • +
  • 毎日がアルツハイマー [DVD]
総額: ¥8,759
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 渡辺謙, 樋口可南子, 坂口憲二, 吹石一恵, 水川あさみ
  • 監督: 堤幸彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映
  • 発売日 2006/10/21
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 89件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FPEMX6
  • JAN: 4988101126323
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,596位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   若年性アルツハイマーと聞くと、悲痛なドラマを連想するが、本作は観終わってどこか希望の光を感じさせる。それでいて、病気の現実を真正面からとらえる。この意味で、ひじょうに好感が持てる作品である。渡辺謙が演じる主人公は、50歳を前にして物忘れがどんどんひどくなる。最初に彼が受ける病院の検査から、観る者に同時体験させることで、アルツハイマーの怖さをリアルに実感させていくのだ。もし自分が、あるいは家族や同僚が…と切迫感を高める展開が見事。
   これ以前の作品ではトリッキーな演出で賛否もあった堤幸彦監督だが、本作では記憶が曖昧になっていくドラマに、その演出方法がピタリと合っている。この種の映画では、得てして悲劇だけが全面に押し出されがちだが、周囲の人間のさまざまな反応、とくに相手がアルツハイマーであることを利用しようとする人間の悪い部分もさり気なく盛り込み、多面的に考えさせるところが秀逸。木梨憲武、大滝秀治ら脇役の存在感も光っている。クライマックスからラストが、これほど心地よいのはなぜだろう? それは作り手の、人生に対する賛歌が託されているからである。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『トリック 劇場版』の堤幸彦監督が、山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名小説を渡辺謙、樋口可南子共演で映画化したドラマ。若年性アルツハイマー病に突如襲われた50歳の働き盛りのサラリーマンと、そんな夫を懸命に支えようとする妻との絆を綴る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

飛行機機内で観ました。

映画で泣くことはほとんどないのですが・・・今回はダメでした。

もはや他人事ではないような気もして「もしも自分が」と考えました。

いや「もしも」と言う表現さえ正しくないような気がします。

最近物忘れが、と悩んでいたところです。。。

今度は家内と観たいです。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
強く印象に残ったシーンがふたつ。
ひとつは、渡辺謙演じる主人公が”壊れて”いく様を克明に描く前半の中で、
一見いい人そうな陶芸教室の先生(木梨憲武)が彼の病気のことを知ると陰で‥というくだり。
勿論単に怖がらせるなんてことが目的ではないと思いますが、私には生半可なホラー映画なんかよりもずっと怖かったです。
人間の”善性”なんてまったく危うく儚いもので、周りの状況とかで簡単にどっかに
吹き飛ばされてしまう程度のものなのかもよと耳元で囁かれたような気がしました。
そしてもうひとつはやはりラストシーン。
やっと探し出した夫との感動的な抱擁に至るのだろうな、なんて安直に思っていると衝撃的な結末が‥。
言葉にはできないほどの深い絶望と、それを乗り越え共に生きて行くのだという強い決意の両方を
同時に表現している妻・樋口加奈子の演技は天晴れのひとことでした。
極めて重苦しいテーマなのに、見おわって清清しさを感じました。名作です!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
思い当たることを持つ身なので

全編爆涙でした。

はじめがあのシーンだなんて。。。

まだ、「思い当たる」レベルの時に

観る事ができてよかった。

だから、こんな現実に

興味も関心もほとんどない時期の方に

強制的に見せる方がいいのかもしれない。

樋口加奈子さんが「理想の妻」過ぎて

切ないです。

個人的には医者役の及川光博さんの

一見とってつけたような表現が

現場の人間からすると逆にリアルで

心に残りました。

35歳、キャリア10年の医者も、

50歳の方から見れば「若造」しかないでしょう。

それでも、若造なりに10年のキャリアを積んで

神様か悪魔がしかけた

落とし穴だらけの現場に踏みとどまって

できることを成そうとしています。

そんな現実を見つめることが

切なくなりすぎない程度の時期に

観て頂ければいいなあと思ったりしました。

ご参考までに。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 ツライ映画である。切ない映画である。しかし、これほど“夫婦”の絆の強さと深さを描いた映画は、最近ないのではないか。秀作である。私は1年以上前に読んだ原作にも感銘を受けたが、遅まきながら今作を観て、溢れる涙を抑えることが出来なかった。原作では、まだ50歳にもならない折に突然襲う病魔に対し、日々記憶が喪失していく事への不安、自分が自分でなくなってしまう事の恐怖を感じながらも、それにしどろもどろになりながらも対峙し、全力を振り絞っていく主人公に焦点が合わされていたが、映画では、身内がそのような状況に陥った際、家族(夫婦)はそれにどう向き合い、生きていくものかを問い、その強さと深さを誠実に謳い上げる。堤 幸彦は、TVシリーズ「ケイゾク」や「トリック」でのケレン味溢れる映像感覚で著名な監督だが、今作は、主人公が病魔に襲われるシーン以外では、極めてオーソドックスな堂々たる演出ぶりで、ともすれば、身につまされる原作を映画的に昇華させ、情感溢れる感動作に仕立て上げた。医師から初期のアルツハイマー症を宣告された時の夫婦の動揺と慟哭、愛娘の結婚披露宴でのスピーチ、退社日にかっての部下たちから贈られるポラロイド写真の数々、、、と涙、涙のシーンが続く。原作に感動し今作の製作に尽力した渡辺 謙、ハリウッド・スターの風格を感じさせる渾身の名演だが、それにも増して感動的なのは妻役の樋口可南子!哀しさと苛酷さを...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す