通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 .msz010
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー/小口/天/地に多少のスレ、折れ、傷、汚れ等あり、ページ内目立つ汚れ、書き込みありません、防水対策をし発送致します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書) 新書 – 2015/5/20

5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 136

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)
  • +
  • 明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 (アスキー新書)
  • +
  • ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと
総額: ¥3,761
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「最近なんだか伝わっている手応えも実感もない」
「以前はもっと反応があったけど、近ごろそれもなく、やり甲斐がない」
「広告もコンテンツも効いてる気がしない」
「苦労してバズらせても、一瞬火がつくもののすぐ忘れ去られてしまう」
「SNSが重要かと思ってがんばってるけど、効果が感じられない」

……そうお嘆きのあなたに。

あなたがどうしても伝えたいその「情報」は、どうすれば相手に伝わるのか。

広告、宣伝、広報、販促、営業、メディア……
「伝える」仕事に携わる、全ての方への処方箋――。

----------
◆「情報“砂の一粒”時代」というおっそろしい情報環境◆

ある調査によると、2010年の1年間に、
世界には約1ゼタバイトの情報が流れたという。
ゼタバイトという単位、ボクは初めて知ったのだが、
これ、調べてみて驚いた。
1ゼタバイトは「世界中の砂浜の砂の数」なのだそうである。

具体的にイメージしてみてほしい。
たとえば日本を代表する砂浜のひとつである九十九里浜のすべての砂の数。
あれですら「無限」に近いと思いませんか?
でも、世界規模で見たら小さな日本にある小さな砂浜なのだ。
対象は世界中の砂浜だ。
世界中の砂浜の砂の数と同じ量の情報が、流れたというのである。
この現実から目を背けてはいけない。

送り手側は「いいものを作れば伝わるんじゃないかな?」とか、
甘い希望を持ちがちだ。
でもそれはほぼ幻想なのだ。
「もう絶対に伝わらない」という圧倒的絶望から始めないといけないとボクは思う。

とはいえ、そんな絶望の中でも「伝わる方法」はある。
ボクが思うに、「ひとつ」ある。
無限の砂嵐の中で、自分が伝えたい砂粒を相手に届ける方法が
少なくともひとつはあると思っている。
そしてそれは何か冷たい触感がするテクノロジー的なものではなくて、
とてもアナログで人間的で喜びに満ちたやり方だ。

情報“砂一時代”、ファンベース、オーガニックリーチ……。

圧倒的にわかりやすい、伝える仕事「虎の巻」!

内容(「BOOK」データベースより)

どうしても伝えたいその「情報」はどうすれば相手に伝わるのか。圧倒的にわかりやすい伝える仕事「虎の巻」!チャート図つき!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062883023
  • ISBN-13: 978-4062883023
  • 発売日: 2015/5/20
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,678位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
はっとする表現も多く非常に勉強になりました。ここらに載っているデータで企画書なども制作しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
私はいち経営者。HP、ブログ、FB、メルマガ、ツイッター・・・。毎日毎日どの情報を、どこで、どのように発信していくかに心を砕いている。ところが、この頃「あれ、何かおかしいぞ。伝わってない気がする。」と、ひやひやしたものを感じ始め、ちょうどその時にこの本に出会った。やっぱり!急激に情勢は変化していたんだね。著者は、情報発信者の共感を得ながら丁寧に説明してくれつつも、現実の厳しさをこれでもか、と突き付ける。そして、だからこその、情報発信のノウハウを具体的に示してくれる。解決の道を明るく照らしてくれる。それでも結局、メディアやツールなんかに振り回されず、商いの原点である「お客様ひとりひとりを喜ばせる」こと立ち返ることが何より大切なんだ、というメッセージを受け取った。ジャンルはマーケティング本なのだろうが、読後は珠玉の小説を読んだ後のような爽やかな余韻が残った。ありがとう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 佐藤 尚之 著「明日のプランニング 」伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)を読了。これまで、佐藤尚之氏著の「明日の広告」「明日のコミュニケーション」と読み進んできたが、時代により内容が変化していて、とても参考になる。
 逆にインターネットの普及をはじめ、コミュニケーションや広告の仕方に「いかに柔軟に対応していくのか」を常に考えさせられる。
 本書では、「砂一時代」の前後で広報戦略が全く変わっている(ネタばらしにならない程度に「マス」と「個人(ファン)」のどちらを対象にするか)ことについて言及されているが、個人的には結果として受け手がいかに「笑顔」になるかは普遍的なものではないかと感じた。そのための手法が多様化しているということではないかと。
 ただ、個人の普段のプレゼンや広報戦略、ひいては人間関係の良質的な作り方として、常に「相手はどう思うだろう」という自分とは違う価値観を自覚し、だからこそ「共感」が得られた時の「喜び」は何にも変えられれないものだと思います。関心あれば是非読んでみてください。
[・・・]
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
『明日の広告』ほどの インパクトが薄れてしまった。

情報格差を
「砂一時代の人」と「砂一時代以前の人」 と切り分けたが、
いまいち 言葉が 大人になっていない。
マーケティングのプロだからこそ
このようなところに もっと情熱を注ぐべきだが
残念ながら そういうことをしない人かもしれない。

『ネットを毎日利用しない人は、約5670万人にものぼるのである。』

言われてみれば、そうなのだが。
この 砂一時代以前の人 が従来のマーケティングが
対応できるのかどうかは 明らかにされていない。
ちょっと 切れ味が 悪いのだ。

この本の限界は 『伝える』ことだけに 特化している。
商品を買ってもらう と言うことには 関心がないようだ。
仲間、Facebook,そして ファンベース。
その中における コミュニケーションデザイン。

たぶん 袋小路で 突破できないと言ってもがいているのだろう。

『オーガニックな言葉』に『共感』させ、『共創』する。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
一言で言うと、マスベースとファンベースの情報の伝え方の違いをわかりやすくまとめている本である。

マスベースとはインターネット以前の「情報に価値があった時代」のマーケティング、ファンベースとはインターネット以降の「情報洪水にさらされている時代」のマーケティングの手法と言い換えてもいいだろう。面白いなと思ったのは、本書ではそのような単純な時間軸で区切るのではなく、同じ時代にもマスベースでしかリーチできない人たちと、ファンベースでしかリーチできない人が混在しており、実は古いと思われるマスベースでしかリーチできない人たちが案外に多いということを数字をもって示してくれているところである。

佐藤氏によれば、2014年時点で、国民の半分ぐらいはネットを日常的には利用していないらしい。

自分たちは何を売っているのか、その商品・サービスのお客さんは誰なのか、そのお客さんにリーチするための手段は何なのか、というマーケティングの基本ともいうべきものを改めて考えさせてくれる、特にマーケティングに関わる人にとっては一読の価値のある良書だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー