通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
明日のない空 2 (ビッグコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ランプネット
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: きれいな状態のレンタル落ち商品です。ラベルの添付や押印がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

明日のない空 2 (ビッグコミックス) コミック – 2010/8/30

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 明日のない空 2 (ビッグコミックス)
  • +
  • 明日のない空 (ビッグコミックス)
  • +
  • 明日のない空 3 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,698
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ハンドボールに懸ける青春と影――ゆれる。

町工場で働きながら、定時制高校に通うサイちゃんは、
長く心を患っている母の“闇"と対峙する。

一方で、親友のガッツは定時制高校から
異例のハンドボール日本代表合宿に招集されるのだが…

少年たちはゆれながら、
大人の階段をのぼり始める……


登録情報

  • コミック: 230ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/8/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091834582
  • ISBN-13: 978-4091834584
  • 発売日: 2010/8/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
1巻よりはハンドボールをやってるシーンが多くなってますが、登場人物たちの、がんばって生きてく姿を描くのが中心で、青春ドラマしてます。
ハンドボールの技術的なところはかなり大味で、厳しい言い方をすれば、知識がないのがばれないようにうまくごまかしてる感があります。逆に実業団が登場して全日本合宿のシーンが描かれるなど、作者お得意の世界がでてきたのは新鮮でよかったです。
貴重なハンドボールを題材にした漫画なので長く続いてほしいなとは思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 隠れた逸材、隠れた強豪が、いよいよスポットライトを浴びる。
 そんなステージの第二巻です。

 塀内作品って、イカロスのときもそうだったんですが、傍流と言うか、
隠れテーマと言うか、そんなものが結構重かったりして。
 生活保護者の問題と言うか、貧困の問題と言うか、残された家族の
問題と言うか、コメントしにくい重いテーマがあって、その点、考え
させられてしまいます。
 涙のバレーボールの時なんかは、このチームでプレーできるのは、あと
僅かって言う、残り少ないこの時間にかけるって思い。それが私にとって
全てでした。
 史上最低のレガッタになると、これはもっと重い問題になってきて、
そのときには分からなくても、実際そういう人たちと出会ったりすると、
考えさせられてしまう。終わりは単純でしたが。
 変遷。なんでしょうか。

 そんな傍流を読みつつ、ガッツのプレーに、思わずわくわくする。
 でも、典型的な負け組の私としては、とんでもない力の壁にぶち当たる
時。弱者が抱くあの絶望感が、どうしても予感されてしまう。
 ミスバレーボールのときみたいに、一気にロシアと闘う望ちゃんへの
期待。それと似たような感情と、入り混じります。
 頑張れ、凸凹コンビ。で、80点。お読みください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 靖子 投稿日 2015/7/7
形式: コミック Amazonで購入
人物の背景がちょっと重たい感じがしますがハンドの動きとかは参考になったかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック