通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
明かしえぬ共同体 (ちくま学芸文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーややヤケコスレ 本体多少ヤケ ◆Amazon.co.jpが発送します。アマゾンカスタマーサービス(配送オプション、返品、返金等)利用可能です。アマゾンポイント付与の場合1pt=1円で次回から使用可能です。管理用シールは剥離しやすいタイプを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


明かしえぬ共同体 (ちくま学芸文庫) (日本語) 文庫 – 1997/6/1

5つ星のうち4.3 5個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥6,800
文庫
¥1,320
¥1,320 ¥440

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 明かしえぬ共同体 (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 国家〈上〉 (岩波文庫)
  • +
  • 国家〈下〉 (岩波文庫 青 601-8)
総額: ¥4,158
ポイントの合計: 63pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

商品説明

   1930年代に右翼のジャーナリストであったブランショは、自分の過去を封印して文学に転じて以来、みずからの政治体験については沈黙を守ってきた。ところが83年になって、ジャン=リュック・ナンシーによる画期的なバタイユ論『無為の共同体』が発表されると、それに触発されたかのように、突然に「政治的」ともいえる本書を発表した。

   ジョルジュ・バタイユはブランショの友人であり、30年代にシュールレアリストや極左のグループ、秘密結社のうちに共同体の幻影を求めては挫折をくり返した。結局、バタイユは孤独な内的体験に恍惚(こうこつ)を見いだしたが、ブランショによれば、それがすなわち共同体を断念したことにはならない。バタイユはファシズムや共産主義といった、国家や民族という単位に収束してしまう偽りの共同体をあきらめただけで、共同体の不在はバタイユに苦悩にみちた夜のコミュニケーションである「書くこと」を要請し、別次元での共同性の開示をせまった。それが、孤独を生きることを前提とする文学空間だったのだという。

   併録されている「恋人たちの共同体」は、マルグリット・デュラスの愛の作品『死の病い』を論じたものだ。ここでブランショは、ふたりの男女が触れあうたびに埋めようのない差異をきわ立たせ、絶対的な他者でしかないと思い知らされるような地平に「共同体をもたない人びとの共同体」の可能性をみようとしている。(渡辺和久)

内容(「BOOK」データベースより)

共産主義を鼓舞しながら、その裏切りや挫折のうちに潰えていったものは何だったのか?今世紀を貫く政治的文学的体験における「共同体」をめぐる思考を根底から問い直し、「共に存在する」ことの裸形の相に肉薄する。それはいっさいの社会的関係の外でこそ生きられる出来事であり、そこで分かち合われるのは逆説的にも複数の生の「絶対的分離」である。ハイデガーの「共存在」を換骨奪胎し、バタイユの共同体の試みやデュラスの愛の作品、そして「六八年五月」の意味を問いながら、「共同体の企て」やその政治化の厄々しい倒錯を照らし出し、「共同体」を開放系へと転じる20世紀のオルフェウス、ブランショの思想的遺言ともいうべき書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 252ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1997/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480083510
  • ISBN-13: 978-4480083517
  • 発売日: 1997/6/1
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 190,125位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
評価の数 5
星5つ
49%
星4つ
28%
星3つ
23%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2013年4月1日
形式: 文庫Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年10月27日
形式: 文庫Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年1月7日
形式: 文庫
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年12月24日
形式: 文庫
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年8月4日
形式: 文庫
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告