ポイント: 8pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月9日 - 10日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 8日の土曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り5点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
昆虫は美味い! (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月12日 - 14日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 書き込みなし。カバーに小傷あり。通常程度の中古本です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

昆虫は美味い! (新潮新書) (日本語) 新書 – 2019/1/16

5つ星のうち4.8 16個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥836
¥836 ¥287

よく一緒に購入されている商品

  • 昆虫は美味い! (新潮新書)
  • +
  • 昆虫食入門 (平凡社新書)
  • +
  • 食べられる虫ハンドブック
総額: ¥3,300
ポイントの合計: 32pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

カミキリムシの幼虫はマグロのトロ、バッタはエビ、オオスズメバチの前蛹はフグの白子、ハチの子はウナギ―食材として昆虫を採って、調理して、食べること二十年、昆虫食の第一人者は、その美味しさをこう喩え、こう訴えるのだ。「昆虫が食べ物と認識された瞬間から世界が変わって見えるようになる」と。調理法、注意点、そして食糧難の解決策としての意義まで、人類が知っておくべき昆虫食のすべてがここに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

内山/昭一
1950(昭和25)年、長野県生まれ。昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表。NPO法人食用昆虫科学研究会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 新潮社 (2019/1/16)
  • 発売日 : 2019/1/16
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 224ページ
  • ISBN-10 : 4106107988
  • ISBN-13 : 978-4106107986
  • 寸法 : 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 16個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
16 件のグローバル評価
星5つ
83%
星4つ
17%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年4月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年1月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 昆虫は700万年前から人類の日常食!
ユーザー名: EMMANAOE、日付: 2019年1月26日
昆は中国語で「たくさん」という意味とか、人が猿と分かれたのも約700万年前で、人とチンパンジーのDNAは1.6%しか違いが無いこと。アリクイの主食はアリであるが一日に3万匹も食べるし、猿やゴリラも高たんぱくな白アリや芋虫を食べる。昆虫食に対する偏見がどんどん無くなっていき、飼育変換率や温室効果ガス放出量が少なく、有機廃棄物で飼育できるなど、エコな取り組みを考えている人には大変興味深い一冊だと思いました。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年1月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト100レビュアー
2019年1月26日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年2月5日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告