通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
早稲田文学 2016年冬号 (単行本) がカートに入りました
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

早稲田文学 2016年冬号 (単行本) ムック – 2016/12/17

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2016/12/17
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 921

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 早稲田文学 2016年冬号 (単行本)
  • +
  • アサヒカメラ 2017年 01月号 【ヌード特集号】 [雑誌]
総額: ¥2,412
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【特集】快楽の館La Maison de rendez-vous
客員編集=篠山紀信 責任編集=市川真人 あらゆる「快楽」をめぐって、テキストと写真が拮抗する、140ページ総特集。

・インタヴュー
篠山紀信 聞き手・市川真人
・翻訳
[新訳]快楽の館(抄) アラン・ロブ=グリエ【訳・千葉雅也】
若き妻の日記 一九五七‐一九六二年(抄) カトリーヌ・ロブ=グリエ【訳・解説・堀千晶】
・短篇競作
藤野可織「眠りの館」
墨谷渉「快楽菩薩」
高原英理「ブルトンの遺言」
樋口直哉「白と黒のフードコート」
・論考
植島啓司「快楽の館へようこそ」
斎藤環「フェイクの空間、祝祭の時間」
後藤繁雄「快楽の館へようこそ」
觀城樓主人「想像の快樂の進歩(再録)」
・快楽図鑑
中森明夫
小谷野敦
壇蜜
木下古栗
丹尾安典
岸政彦
大塚英志
松田青子
藤田貴大
亀山郁夫
山本貴光
松浦寿輝
山田航
大山顕
小林エリカ
メレ山メレ子
菊地成孔
金井美恵子
・編集委員から ʼ16冬 拡大版
東浩紀 堀江敏幸 藤井光 角田光代 ヤマザキマリ 川上未映子 市川真人

【小特集】からだにとって言語とはなにか
諏訪正樹「「身体」が「ことば」の力を借りたら」
山内志朗「言葉と肉体と風」
松本卓也「談話欲のゼロ度——「器官なき身体」に抗するラカン」
手塚夏子「言葉と体をめぐる「水」の考察」
郡司ペギオ幸夫「以前ゾンビだった私が以後クオリアを持ち、またゾンビとなる 意識・身体経験と固定指示性」

【翻訳連載】
ウラジーミル・ソローキン【訳・松下隆志】「テルリア」

【本のまわりをたずねて】
フランス書院


登録情報

  • ムック: 193ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2016/12/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448099310X
  • ISBN-13: 978-4480993106
  • 発売日: 2016/12/17
  • 商品パッケージの寸法: 23.6 x 18 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 333,401位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

写真展「快楽の館」の特集。インタビュー、短編競作。写真、エッセイからなる。現実の展示はきっと面白かったと思うが、本書は、写真の数も少なく、エッセイ、短編には魅力がなく、つまらなかった
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック