中古品:
¥3
お届け日 (配送料: ¥247 ): 9月29日 - 10月1日 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【状態】多少の使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、自動変動によるAmazonの記載価格となります。 【付録、特典】中古商品の場合、基本的に特典はございません。プロダクトコードなども対象外となります。語学本などの再生に必要なCD等のみ付属品となります。 雑誌等の付属バッグなどもついておりません。上記の付属がないなどの返品も受け付けておりませんので、ご了承ください。 【返品】尚、上記の付属品以外の状態が悪いなどで返品をご希望の際は、返金対応等させていただきます。評価ではなくメールのほうからご連絡いただきますようお願いします。 ※着払いでの返送は受け付けておりません。 【配送】丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。"
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

早春の少年―伊集院大介の誕生 (講談社文庫) 文庫 – 2004/1/1

5つ星のうち4.0 8個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥1
文庫
¥3
¥1

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

領主に迫られ、天守閣から身を投げた雪姫。戦国時代の悲劇を再現したかのようなバラバラ死体が麓に流れ着く。そして一家六人惨殺事件。転校生・伊集院大介は、残虐さを身につけていく犯人に迫る。「早く大人になりたい!みんなを恐ろしい運命から救うために―」。伝説の名探偵、ほろ苦い14歳のメモアール。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

栗本/薫
東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。1977年、中島梓として『文学の輪郭』で群像新人賞受賞、文芸評論家としてデビュー。翌年、「栗本薫」クン登場の『ぼくらの時代』で第24回江戸川乱歩賞、1981年『絃の聖域』で第2回吉川英治文学新人賞受賞。以降、ミステリ、SF、時代、伝奇小説、ミュージカル脚本、演出など幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 講談社 (2004/1/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2004/1/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 343ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4062739291
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4062739290
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 8個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
8 件のグローバル評価
星5つ
42%
星4つ
14%
星3つ
43%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

VINEメンバー
2004年9月12日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りNo1レビュアー
2010年6月4日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2004年3月15日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2004年3月6日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2006年6月23日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2001年6月7日に日本でレビュー済み