中古品
¥ 64
+ ¥ 350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

早すぎる自叙伝 えり子の冒険 単行本 – 2003/9

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 64
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonタイムセール祭り開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 タイムセール祭りを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

18歳で上京、演劇少女の苦難と喝采の日々
  1973年、山形県の片田舎から演劇好きの少女が東京に出て来ました。18歳の渡辺えり子です。掛け持ちのアルバイトをしながら舞台芸術学院、劇団青俳を経て、1978年、23歳の時「劇団2○○(にじゅうまる)」を結成しました。2年後、美輪明宏さんの助言で「劇団3○○(さんじゅうまる)」に改名、1997年、「若手の劇団員たちが求めるものと、私が表現したいものとにギャップがある」という理由で劇団を解散するまで渡辺えり子は20年の演劇活動をしました。「夜の影」「ゲゲゲのげ」('82年、岸田國士戯曲賞)、「瞼の女」('87年、紀伊國屋演劇賞)、「深夜特急」「ガーデン」など現実と幻想が入り交じり、時空を越えた舞台空間は若者たちに圧倒的人気を獲得しました。  ひとりの少女が、演劇に夢を託した20年間の軌跡は苦労と喝采とに彩られた感動的なドラマです。

内容(「BOOK」データベースより)

貧乏生活に耐えた修業時代、劇団の旗揚げから解散、さらに、死を覚悟した一人旅、「ロミオとジュリエット」のような恋愛時代など、18歳で上京した演劇少女、その半生を語る。人気劇団3○○、20年の苦難と喝釆の日々。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: 小学館 (2003/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093874751
  • ISBN-13: 978-4093874755
  • 発売日: 2003/09
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,082,748位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2012年3月18日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告