通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
旦那(アキラ)さんはアスペルガー みつけよう笑顔の... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

旦那(アキラ)さんはアスペルガー みつけよう笑顔のヒント 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/19

5つ星のうち 3.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/5/19
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 659

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 旦那(アキラ)さんはアスペルガー みつけよう笑顔のヒント
  • +
  • 家族のためのアスペルガー症候群とのつきあい方―知っていればお互いラクになる (COSMIC MOOK)
  • +
  • アスペルガーとカサンドラ (旦那(アキラ)さんはアスペルガー)
総額: ¥3,040
ポイントの合計: 70pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アスペルガー症候群の夫とうまくやっていくために どうすればいいのかー!? 「大人の発達障害」について、 一番身近な妻だからこそ描けた大人気コミックエッセイ第7弾! 最近はアスペルガー症候群のパートナーが陥りがちな孤独と、 心身共に苦しむカサンドラ状態が社会問題となっています。 そこで最新作「みつけよう笑顔のヒント」では 野波ツナがカサンドラを考えるワークショップを開催。 カップルセラピー経験も豊富な専門家立会いの元、 アスペルガーとカサンドラが共に生きていく方法を探ります。

内容(「BOOK」データベースより)

待望のシリーズ第7弾!メディアで大反響、悩める妻たちの本音爆発!発達障害の専門家からアドバイスも!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • 出版社: コスミック出版 (2016/5/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774791326
  • ISBN-13: 978-4774791326
  • 発売日: 2016/5/19
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 280,135位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
前のシリーズをきっかけに少しアスペルガーについて勉強した人からすると、当たり前と思えるような知識でページが埋まっていた印象。

ただ、いろんな人の体験談や臨床心理士さんのコメントの一部が非常に役立ちました。アスペルガーの症状はそれぞれの様なので、私とは違うところがまた他の人には役に立つのでしょう。

一部、読者の本音ぶちまけコーナーがあります。当事者さんからするとかなり不快なものだと思います。
一時期は奥さんが当事者の旦那さんにこのシリーズを見せて客観的に自分を見させていたようですが、そういう用途にはもう使えないかもしれません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ツナさんのアスペルガーシリーズにどれだけ救われたかわかりません。周りには普通に見える、家庭という密室で起こる理解不能な事態。誰に話しても分かってもらえない。アスペルガーの気持ちを分かってあげよう的な本は腐るほどあるけど、じゃあそれに振り回され傷ついてるこっちの気持ちは誰が理解してくれてるの?そんな時にツナさんを知り、本当に気持ちが軽くなりました。
本音を不快というレビューがあるけど、極端な話、介護にほとほと疲れて愚痴を言いたくなる、それと同じ事では?黙ってアスペルガーに理解だけ示せというの?
結局ね、アスペルガーは自覚して本人が努力しないと、周りがどうにかできるわけないんですよ。医師はスペシャリストじゃありません、神様じゃありません。本人が危機感持たないと、どうにかしようと思わないと関係の修復なんて無理です。ツナさんの旦那さんはまだいい方。大人しいもんですよ。この本も発売日すぐ買いましたが、何だか疲れてしまい読まずにいます。「そうそうわかるわかる!」って気持ちが軽くはなるけれど、だからといって(@'・ω・)ん?変わるわけでもなし。正直アスペルガーって知っていたら結婚してませんでした。当事者にならないと気持ちなんかわからないよ。アスペルガーの本人の正当化やきれいごとなど聞き飽きた。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
野波さん家族の問題は脇に置いて、似たような夫を持つ妻たちの症例を入れてお茶を濁している、野波さん家族の核心をそらしている、そういう印象を受けました。
ツナさんの著書で、問題の糸口の解決になるご夫婦やご家庭があるかもしれません、けど肝心の野波さん家族(ツナさんと夫、子供達と父親の関係)の問題は棚上げしたままでこのシリーズが続くのか、と思うと、まさに欠席裁判そのものだな、とも感じます。

ツナさんの最初の著書で、(夫と付き合う前)前の彼氏が大変口うるさい人で、ツナさんの欠点や至らなさを責められてばかりいて精神的にも参った記述があるのですが、ツナさんも夫程ひどくはなくても、至らない部分って多少はあるんじゃないでしょうか?。

ツナさんが夫を選んだ動機と言うのが自分を責めないと言う所も大きいからと最初の著書で書いてありますし。

ステージが変わると求められるものが増えてそれについていけない夫、を前面に出していますが、ツナさんだって、長女に進学の件で不安を与えていたり、長女がそれらについてsosを出すまでは気づかなかったわけですから、夫ばかり非難するのは違うと思います。

ADHDの軽度の軽い人と重い人との組み合わせなだけでしょう。

ツナさんは自分よりしっかりした男性は夫には選ばな
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まぁねぇ・・・それを支える奥さんの気持ちはよく分かります。旦那がアスペの苦しみは良く見えるが・・・。旦那さんが自覚してるなら旦那さんの方が余計に苦しんでると思いますよ。
実際、私も医師から「自閉症スペクトグラム」の診断を受けてますから、当然カウンセリングを受けてます。しかし、何故かチグハグ感は否めない。「これ本当に治療になってるのか?」て思うことが多いです。
となると、専門的に扱う「医師」を探さないといけない。本書で出ている「どんぐり・・・」は「新規患者は受け付けない」とホームページに出ているし・・・。
では、どこでアスペの診察を受けられるのか?必死で探さないと見つからない程です。
奥さんがどう旦那と向き合うか?というならそれは正解だと思う。しかし、旦那もどうしたら良くなるかを考えているはずじゃないんですか?
私は他の本を読んでないけど・・・。旦那を医師に見せる努力も感じられない・・・違和感が半端ありません。
アスペは病気じゃない?作者も苦労してるのに?病気じゃないから医師に見せない?で、作者は医師に診てもらってる?
奇妙だし夫婦としてもおかしいし、旦那を置き去りにして自分だけ助かりたい・・・って見える。
この本アスペで苦しんでる人が読んだら・・・もっと苦しむだろうねぇ・・・「自分の価値観」をすべて否定してるように受け止められても仕方ないと思いますよ。
2 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック