中古品
¥ 897
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★通常配送料無料★多少の使用感ありますが、お読みいただくには支障ない状態です。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か 単行本 – 2005/5/21

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 640
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

韓国が掲げる「反日」。それは日本のメディア、文化人のウソから始まった――。「朝鮮人強制連行」「従軍慰安婦問題」の欺瞞を撃つ!

韓国の盧武鉉大統領が2005年3月1日の演説で、こう述べた。「私は拉致問題による日本国民の憤怒を十分に理解します。同様に日本も立場を替えて考えてみなければなりません。日帝36年間、強制徴用から従軍慰安婦問題に至るまで、数千、数万倍の苦痛を受けた我々国民の憤怒を(日本は)理解しなければならないのです」「(日本は)過去の真実を究明してから心から謝罪し、賠償することがあれば賠償し、そして和解しなければなりません」。▼この盧武鉉演説に接し、朝鮮半島問題に取り組んできた著者は、日韓の「歴史問題」について、より積極的に発言する必要性を強く認識する。大統領が「賠償」という言葉を持ち出したことは1965年以来の日韓友好関係を否定することを意味し、また「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」など事実に基づかない歴史議論が拉致問題解決をも妨害しているからだ。そうした「反日」議論を煽ってきた人々の嘘八百の言説を論破する。

内容(「BOOK」データベースより)

すべてはウソから始まった。韓国の「反日」を煽る日本のメディア、文化人、政治家による嘘八百の言説を徹底的に論破。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2005/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569643167
  • ISBN-13: 978-4569643168
  • 発売日: 2005/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 501,025位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
  本書は、所謂従軍慰安婦問題は捏造であることを明確に示します。

一人でも多くの日本国民に読んでほしい良書です。

  第2次大戦当時は慰安婦は公娼制度で認知されていた時代であり、

民間の業者が働き手の口入の任に当たっていました。本問題は、軍が

召集に直接関与していたか否かです。政府の調査でも民間の調査でも

軍が直接慰安婦の招集に関与は未だ見つかっていません。

  そもそも本問題は、元陸軍軍人・吉田清治氏が、軍の命令で自身が

韓国女性を強制連行し、慰安婦にしたという内容の捏造本を上梓したこ

とに端を発しています。この証言が嘘だったことが裏づけられた後も、朝

日新聞はこの捏造記事を撒き散らしたました。更に、最大の悪人は政府

の調査でも強制連行の証拠は何一つ無かったにもかかわらず、日本軍

が強制連行に関与したことを認める内容の政府談話を発表した、当時の

内閣官房長官河野洋平氏です。国家を侮辱したとしか言いようが無く、

彼の発言が与えた禍根は計り知れません。

  昨今、韓国中国はこともあ
...続きを読む ›
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
韓国の盧武鉉大統領が、平成17年3月
1日の演説で、「日本の拉致問題の事は
理解するが、私達は過去に日本からその
数千、数万倍の苦痛を受けた」という旨
の事を述べた。

これは、北朝鮮が拉致問題をかわす為、
国連などの場で主張してる事と同内容
です。

筆者は「救う会」の副会長として、拉致
問題解決に粉骨砕身しておられる方です。
しかし、この歴史問題が上記の演説に現
れているように、解決を妨害するように
までなってしまいました。それを打破し
日韓の間で正しい歴史事実を共有すべく
書かれたのが本書です。

本書は、強制連行、慰安婦問題が根拠の
ないウソであると喝破し、真実を教えて
くれます。
その上で、本書の最後の方に載せてある
平成5年8月4日に出された、いわゆる
「河野談話」を読めば、これがいかにお
かしいもので、現在まで慰安婦問題を続
かせる根源となったが分かります。
日韓歴史問題について、正しい事実を知
り、我々が抱いている、あらぬ贖罪意識
を払拭する良書です。
コメント 216人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 青頭倶楽部 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2007/4/6
形式: 単行本
昨年四月、竹島周辺の海底地形の調査を目的とした船を日本が出すに当たって
日韓は激しく対立した。その際の盧武鉉韓国大統領による演説の中に西岡氏は
聞き捨てならない一節を耳にする。「日本は謝罪すべきものは謝罪し、"賠償"する
べきものは"賠償"すべき」と大統領は述べたのだ。現職の大統領が過去の経緯を
無視する演説をしたことに西岡氏は危機感を持った。そして日韓の過去の問題を
すべてきちんと明らかにする必要を感じた。本書はそこから生まれた一冊である。

本書が取り上げる主たる論題は次の四つである。日韓条約の内実、朝鮮人の
強制連行という神話、在日は強制連行された人々の子孫ではないという事実、
そして従軍慰安婦なる虚構についてである。本書を手にする層なら、概ね知られ
ている事柄ではある。だが本書は徹底的に掘り下げて、あらためてその真実を
浮き彫りにしてみせる。未だに在日や左翼勢力は「補償問題は未解決」としたり、
募集や官斡旋まで含めて"強制連行"だとしたり、慰安婦を国家権力の被害者と
して用いるなど、未練がましく過去のプロパガンダにしがみつこうとしている。そう
いった輩の息の根を完全に止めるには、詳細に歴史を検証する必要があるのだ。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 momotaro 投稿日 2006/5/12
形式: 単行本 Amazonで購入
強制連行も嘘がばれて、韓国や朝日新聞も「強制連行」という

言葉を使用しなくなりました。

従軍慰安婦問題もしかりです。ソウル大学教授が暴露しています。

さて、捏造の後始末は誰がつけるのか?

強制連行の捏造については、韓国政府が責任をとりました。

従軍慰安婦問題は誰が責任をとるのか?
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック