この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日露戦争物語 1 (PHP文庫) 文庫 – 2010/4/9


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
¥ 1 ¥ 1
コミックス
¥ 70
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

読めば『坂の上の雲』が数倍面白くなる!!
異才・江川達也の名作が待望の文庫化。
後に日本海海戦作戦参謀となる秋山真之。兄・秋山好古、正岡子規ら同郷の仲間たちとの関係を軸に、激動の明治初期を描く青春群像!!
明治7年(1874)秋――秋山真之6歳。町人の子と喧嘩に明け暮れ、サムライの出自であるプライドを取り戻そうとする日々をおくっていた。
一方、兄・好古は、一家の窮状を救うため、フロ屋での薪集めの仕事に従事していたのだが、真之はそんな兄を蔑視してしまう。
だがある日の朝、真之が起きると好古は、教師になることを決意し大阪に旅立っていた。
そこに残されていた言葉は「短気は損気急がば廻れ」であった──―
東洋の弱小国・日本が、西洋列強の一翼であり巨大軍事国家・ロシア帝国を相手に、如何にして勝利しえたのか。
真之の波乱と数奇に満ちた人生を描く歴史漫画巨編、大幅修正と加筆を加えたラストに向け堂々発刊!!

内容(「BOOK」データベースより)

明治7年(1874)秋―秋山真之6歳。町人の子と喧嘩に明け暮れ、サムライの出自であるプライドを取り戻そうとする日々。一方、兄・好古は、一家の窮状を救うため、フロ屋での薪集めの仕事に従事していた。そんな兄を真之は、蔑視してしまう。ある日、真之が起きると好古は、教師になることを決意し大阪に旅立っていた。そこに残されていた言葉は「短気は損気急がば廻れ」だった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2010/4/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569674291
  • ISBN-13: 978-4569674292
  • 発売日: 2010/4/9
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,163,105位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。たらみ