この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日蔭のふたり [DVD]

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 3,980より 中古品の出品:2¥ 2,998より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ケイト・ウィンスレット, マイケル・ウィンターボトム
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アスミック・エース
  • 発売日 2005/11/25
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BM6HNQ
  • JAN: 4988126203269
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 118,648位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

19世紀のイギリスを舞台に、運命に翻弄されながらも自分たちの愛を信じ抜く男女の姿を描いた作品。いとこ同士で愛し合う2人に次から次へと過酷な試練が待ち構える。出演はケイト・ウィンスレット、クリストファー・エクルストンほか。

レビュー

監督: マイケル・ウィンターボトム 原作: トマス・ハーディ 脚本: ホセイン・アミニ 音楽: エイドリアン・ジョンストン 出演: クリストファー・エクルストン/ケイト・ウィンスレット/リアム・カニンガム/レイチェル・グリフィス
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

トーマス・ハーディの「日蔭者ジュード」をマイケル・ウインターボトムが映画化した1996年製作のイギリス映画である。いかにも朴訥なイングランドの農家や荒野が出てくるが、そこで人々は過酷な生活を強いられている。

農家の倅でありながら大学に入ってエリートたらんと志した貧しい若者ジュードだが、その人世は時折は薄日が差した日もあれど、雨と曇天と泥濘の暗い日々が続いた。

初婚の女に逃げられあこがれの美女とついに結ばれたのは良かったが、石工の単純労働の実入りは僅かで、ようやく築いた家庭の幸福も幼い子供3人を喪っては生きる希望も勇気もなえてしまうだろう。「食べるためには人数が多すぎるので」という悲惨な遺書を残して、ジュードの先妻の息子が後妻の2人の娘を殺して首つり自殺してしまうのである。

この悲劇を神の罰と感じた妻は宗教に逃げ込むが、ジュードはあくまでも愛を信じ、2人で再起しようと呼びかける。
ラストの「君がどこにいようとも僕らの夫婦の絆は不滅だ!」という健気なジュードの叫びに間接的に答えるかのようにしてビートルズは「ヘイ・ジュード」という応援歌を作った!?が、この映画も悲惨な階級格差と苦闘するルンペン・プロレタリアートや差別に苦しむユダヤ人への遠いエールになっているようだ。

ヘイ・ジュード! 人生から逃げるな、宿命を恐れるな 蝶人
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 子馬 投稿日 2008/6/28
トマス・ハーディの『日蔭者ジュード』の映画化です。
貧乏は悲惨、理想を貫くことは難しい…
という話ですが、映画では、透明感ある音楽と、きれいな映像で
切ない作品に仕上がっています。
短いシーンですが、子供が遊んでいる場面がかわいらしいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
どんどん落ちていく・・どんどん気持ちが沈む・・愛を貫くのはいいけど、犠牲が多すぎる・・そんな感想です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。砥石 仕上げ