中古品:
¥ 1,890
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■商品によっては、使用される事による擦れ傷・色あせ・多少の汚れ、劣化等が見受けられる場合がございますがご容赦ください。帯・応募券・応募ハガキ等、開封する事により消滅するものや、前保有者が使用する事により消滅するものは、保証の対象外となりますのでご容赦ください。万が一、動作不備・再生不備がございましたら全額返金させて頂きます。■配送は原則メール便で行っております。また土日祝日はお休みを頂いております■受注受付は24時間おこなっておりますが、複数店舗併売の為品切れの際は申し訳ありませんがキャンセルとさせて頂きます。休日中のお問い合わせへのご返信は休日明けに順次行わせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日蔭のふたり [DVD]

5つ星のうち 3.6 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 1,890より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ケイト・ウィンスレット, クリストファー・エクルストン, リーアム・カニンガム, レイチェル・グリフィス
  • 監督: マイケル・ウィンターボトム
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 1998/12/23
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FXMC
  • JAN: 4988102468118
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 99,582位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

トマス・ハーディ原作の名作小説を、マイケル・ウィンターボトム監督が見事に映画化した激しく切ないラブ・ストーリー。主演は「タイタニック」などで知られるケイト・ウィンスレット。

レビュー

『バタフライ・キス』のM・ウィンターボトム監督が、『タイタニック』のK・ウィンスレット主演で贈る悲恋物語。マルチアスペクト対応、予告編・チャプター付き。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

監督: マイケル・ウィンターボトム
原作: トマス・ハーディ
脚本: ホセイン・アミニ
音楽: エイドリアン・ジョンストン
出演: クリストファー・エクルストン/ケイト・ウィンスレット/リアム・カニンガム/レイチェル・グリフィス
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

投稿者 dumb_type 投稿日 2004/9/25
Amazonで購入
 トマス・ハーディーが1895年に書いた『日陰者ジュード』の映画化。いつもいつもかっちりした映画を撮るウィンターボトムらしい映画で、その破綻のなさについては評価の分かれるところだと思いますが、少なくとも安心して見られる作りです(ただし話は救いがたく悲惨なので、楽しい話が好きな人は見てはいけません)。19世紀末イギリスというとすぐに出てくる犯罪や貧困の話ではなく、愛と制度の矛盾、階級と教育の矛盾といった現代的テーマを扱った『ジュード』を選んだのもさすがといえばさすが。
 原作は邦訳が出ていますが、残念ながらあまりよい訳ではありません。19世紀の英文学は優れたものが多いのに、たいがい翻訳で損をしていますから、むしろ映画で楽しんだ方がよいかもしれません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
トーマス・ハーディ作品の映画化。教会の力が人々の生きかたを善くも悪くも律していた19末のイギリスの話。愛とは何か、人は教会の教えに背いてまでも自分に正直な生きかたができるのか、と問いかける。主人公のスーは、教会や社会に受容されない愛は報われないばかりか罪である、という結論を出す。1世紀以上の前の話とはいえ、人が人を教会や宗教の名のもとに「石持て追う」ことはまことに悲しい。イギリスでの人々の生きかたや衣装はこの1世紀の間に随分と変わったが、町並みは今も変わらない。イギリスの建物は石造りのため、戦火にも耐え、何世紀も前から変わらず残されていて、昔の面影を偲ぶことができる。同じ作者の「テス」に比べて「日陰のふたり」は、幾分知名度が低いからか、「日陰のふたり」の原作を読んだことがなかった。日常に追われてじっくりと本を読む時間がとれない現在、映画を通してでもよい古典作品に触れることができるのは幸いなことだと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dummystar 投稿日 2002/11/25
悲しくて悲しくてどうしようもないけど、こんなに人を愛せることはすばらしいと思う。こんなに人を愛せるのかと思ってしまいました。つらい内容だけど、すごくいい映画。終わった後に悲しい気持ちになりながらいい映画だったなと思える映画でした。好きな映画の一つです。マイケル・ウィンターボトムも好きな監督の一人です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
子供も含めて人物がとても丁寧に魅力的に描かれています。重苦しい画面の中でヒロインの表情、しぐさがなんとも綺麗。一途な愛情を注ぎ続けるかなり濃い顔の主役も、はじめ、うっときましたが、どんどん素敵に見えてきました。世間に迎合せずに信じることを貫くことで不幸を招いてしまうふたり。もっと楽に生きればいいのに・・・とつい思ってしまいますが、今時見かけることのできないそんな姿に心を打たれます。いいもの見ました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大人なラブストーリーかもしれません。
しっとりしていて落ち着いています。
いとこ同士の関係にある二人が恋に落ちるストーリーなのですが、
あまりの大人ぽさと性的関係の描写の下品さに、途中で見るのを
やめてしまったほどです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告