日蓮 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日蓮 [DVD]

5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,926より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 日蓮 [DVD]
  • +
  • 日蓮と蒙古大襲来 [DVD]
  • +
  • あの頃映画 「親鸞 白い道」 [DVD]
総額: ¥9,873
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 萬屋錦之介, 田村高廣, 岸田今日子, 中村嘉葎雄, 永島敏行
  • 監督: 中村登
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2005/02/25
  • 時間: 143 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00078XEO4
  • JAN: 4988111281593
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,352位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   承久4年、安房の小湊に生まれた善日丸は仏門に入り、名を蓮長と改めて厳しい修行を重ねるが、禅や念仏では民衆の窮状を救えないと悩み、十数年の遍歴を経て法華経こそ釈迦の正しい教えを受け継ぐ教えと確信し、名を日蓮(萬屋錦之介)と改めて、鎌倉幕府の厳しい弾圧にもめげず、布教活動を続けていくが…。
   大映社長時代に『日蓮と蒙古大襲来』を製作した永田雅一が、自社プロダクションで日蓮の波乱の生涯をリメイクしたスペクタクル時代劇大作。こちらは日蓮の激しい性格がさらに際立つ作りとなっており、萬屋錦之介の熱演もそれに輪をかけているかのようだ。両作品とも法華経の教えそのものが映画を観てもよくわからないのが不満ではあり、伝記映画と割り切って接した方がすっきりする。監督は松竹文芸映画の名匠・中村登で、これが遺作となった。蒙古襲来のシーンは『日蓮と蒙古大襲来』の特撮シーンを流用。もっとも優れているのは芥川也寸志の音楽で、彼の晩年の代表作といっても過言ではない、気合の入った重厚な出来となっている。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

1979年に全国劇場公開された「日蓮」を映像商品化。中世日本を代表する宗教家の一人、日蓮の生涯を描いた伝記映画。萬屋錦之介、田村高廣ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
子供の頃に映画館で見たのですが、自分の手元に置いておきたい作品なので購入致しました。

日蓮の一般的な事は全て作品に紹介されていて、日蓮の概要はこの作品を見れば解ると思います。

日蓮に興味のある方にはお勧めします。

映画としても素晴らしく、日本映画の良さが味わえる一作品です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
一生を俯瞰して描かれるため、時間が足らず!という印象。
事件を絞って、深みのある人間ドラマにしても良かったのではないかとも思います。
ただ、日蓮の生き様を理解するのには、問題なく楽しめると思います。
出演人も豪華ですし、日蓮の人生そのものが波乱に満ちているので、映画自体も飽きることがありません。
星を1つ減らしたのは、やはり時間の問題からです。洋画の長編(ベンハーや風と共に去りぬのような)ぐらいの長尺だったら・・・・。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 安房・小湊の漁村で、ひっそりと暮らす、貫名四郎重忠(田村高廣)と梅菊(岸田今日子)のあいだに生まれ育った善日丸(伊藤洋一)は、流人の子と呼ばれ、孤独な少年時代を送る。だが、幼馴染の少女、浜夕(松村江里子)だけは、彼の味方だった。「一人だけ、本当の味方があればよいではないか」と言う彼女の言葉は、一生の宝となる。年頃の美しい娘になった浜夕は、まもなく、工藤吉隆(江原信二郎)の妻になるため、小湊を去って行った。

 だが、「日蓮」と名乗り、法華経の行者になってからも、浜夕は、蔭に日向に、援助を惜しまなかった。なかでも、日蓮(萬屋錦之介)を執拗に迫害する追手が襲撃してきたとき、浜夕(松坂慶子)の打つ鼓(つづみ)の皮が破れてしまうシーンは、印象的。これは、日蓮を庇護し、追手と死闘をおこなった工藤吉隆が、無念にも戦死し、配下の若い武士たちも討死してしまう、悲しい運命の前兆だった。鼓を構える浜夕の姿は、DVDのジャケット写真にもみられる。
 浜夕は、夫と一族郎党の菩提を弔うため、日蓮によって出家する。日蓮が佐渡や越後へと流されるときも、心底、案じてくれていたのは、日朗などの弟子たちを除けば、初恋の人であり、終生の想い人ともいうべき、浜夕ひとりくらいのものだった。

 本作は、最初から終わりまで、日蓮の情熱的な布教活動の描写が続くのだが、唯一、B
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
日本仏教界において親鸞や空海などと比べ、最も評価されずそして後世、最も教えを広めた風雲児、日蓮の壮絶な生涯を描いた時代劇。後にも先にも日蓮を題材した作品は蒙古大襲来とこの2本だけですから興味がある方は是非お手元に・・。今は亡き大滝 秀治さん始め豪華俳優陣、重厚な音楽、荒い映像だからこそ滲み出る鎌倉時代の空気、日本映画の素晴らしさを実感出来ることでしょう。人間臭い日蓮像も好感が持てます。しかし後半、足早に進んでしまい最蓮坊や日妙聖人、南条時光などのエピソードは省略されてイキナリ終了する感じなので星3つ・・。やはり前編・後編に分けるべきだったかなと思いました。それとラストシーンを観て思いましたが、日蓮が入滅の直前「本弟子」と定めた日興と五老僧の対立、即ち後の日蓮正宗(富士派)と日蓮宗(身延派)の“分裂”事情もこの映画でよく理解することが出来ます。草創期から日蓮に師事し、辻説法を行ってきた日昭や日朗にとって若輩の日興が先師の跡を継ぐことに、やはり蟠りがあったことでしょう。なにより法華経の実践や信心は我等の方にこそあるという自負(驕り?)があったのではないでしょうか?そんなところもこの映画の見所のひとつだと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 浪人 投稿日 2014/4/5
日蓮が登場する映画は戦後に2本作られた。1本は長谷川一夫主演の(日蓮と蒙古大襲来)、もう1本がこの(日蓮)である。長谷川主演の日蓮が、どちらかというと蒙古襲来をメインにしている作品のせいか何となく従来のイメージからくる戦闘的な日蓮であるのに対し、この作品の日蓮は意外にも穏やかな印象である。また、ドラマ全体としては長谷川版のような蒙古軍との戦闘シーンが省略されている為、盛り上がりに欠ける。
しかしながら、その分、この萬屋版には 同時代を生きた日蓮の両親や弟子たち、民衆との繋がりが深く描かれており、心に迫るものがある。 特に、日蓮を守って命を捨てる弟子を演じた田中邦衛は素晴らしかった。
北条時宗を演じた松方弘樹は貫禄ありすぎだが、まあよし。 日蓮の宿敵である御家人・平頼綱を演じた中谷一郎の憎々しさは捨てがたい。
ストーリー全般としては、日蓮の幼少期から亡くなるまでの話だが、日蓮宗の信者や興味のある人にはおすすめ。
もちろん、萬屋さんの演技の素晴らしさは言うまでもない。 ちなみに制作者は長谷川版も萬屋版も同じ永田雅一である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す