Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 712
(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[田村 秀男]の日経新聞の真実~なぜ御用メディアと言われるのか~ (光文社新書)

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日経新聞の真実~なぜ御用メディアと言われるのか~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 712
新書
¥ 1

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「15年デフレ」と不況の責任は、財務省や日銀の“ポチ”と化した経済記者の側にもあるのではないか。日本の経済ジャーナリズムは健全な独立性と金融やマネーに対する見識を取り戻し、権力者の意図に左右されることなく、国民に益する情報を提供していかなくてはならない。そうしないといずれ名実ともに中国に追い抜かれる――日経新聞の元エース記者で現在産経新聞の特別記者が、日経新聞を軸に経済メディアのあり方を問い直す。

出版社からのコメント

この国の経済ジャーナリズムも、国の経済もまだまだ危うい。怖いのは、日本再生のチャンスは、おそらく今回が最後だということです。
中国、韓国は日本が得意としてきた製造業の多くの分野で日本に追いつき、一部では追い抜いています。中国は名目GDPで日本を抜いて世界第2位の地位を確立しましたが、物価上昇分を除外した実質GDPでは、日本がまだ4割以上も中国より大きいのです。しかしこのままでは、いずれ日本は、名実ともに中国に抜かれるでしょう。
そうならないためにも、日本の経済ジャーナリズムは健全な独立性と、金融やマネーに対する見識を取り戻し、権力者の意図に左右されることなく、国民に益する情報を提供していかなくてはならないのです。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 750 KB
  • 紙の本の長さ: 142 ページ
  • 出版社: 光文社 (2013/3/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00D2ML5UW
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 218,284位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


10件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.2

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

10件中1 - 8件目のレビューを表示

2014年4月5日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2017年10月4日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年3月22日
Amazonで購入
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月25日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月15日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover