中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【付録あり】アマゾン専用商品です。パッケージ、外袋に日焼けやキズがある場合がございます。配送は、ご注文より24時間以内に行います。付属品等は必ず問合せ下さい。配送方法は、ゆうメールで配送できる商品はゆうメールです。ゆうメール以外の場合もございます。各配送業者の『営業所留』は可能です。営業所留めに関しては、誤配送防止のためにメールにてご指示下さい。迅速に対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日経マネー 2011年 02月号 [雑誌] 雑誌 – 2010/12/21

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2010/12/21
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

【ゼロ金利時代の】 高利回り投資 【お値打ち】 ランキング
銀行からお金を動かそう!(022p)
2011年 投資戦略まるわかりカレンダー 新興国もうかりマップ(022p)

毎月分配型投信編
本物の高分配を見分けよう(030p)
『日経マネー』選定 毎月分配型投信のお値打ち度ランキング発表! お値打ち分配見分ける〇と×(030p)
分配金の安定度、運用のうまさ、コストの安さ … 上位30投信を徹底分析 バランス美人はどれだ? 分配金利回り20%超えも(030p)
強いのにはワケがある 高配分投信の共通点 「グロソブ」上位ランク外の理由/分配金100円超え投信の実力(030p)

高配当日本株編
利回り3 ~ 4%の優良株が大豊作! (046p)
今こそチャンスだ! 高配当を賢くGET 7つのポイント
『日経マネー』選定! 大型安心配当株ランキング20 & 小型お宝配当株ランキング 10 (046p)

預金 ・ 債券編
目指せ! 「ほぼリスクなし」で1% (062p)
これだけは知っておきたい金利の仕組み 国債、社債の相場を知る/安全 ・ 確実なネット定期預金 仕組み預金の “仕組み” は現金プレゼント特典を狙え! (062p)

海外ETF編
[日経ビジネスオンラインで特別連動!] 米国 & 香港から現地Report!(074p)
U.S.Aと香港で街頭インタビュー! 世界の投資家さん、どうやって運用してる?
日本メディア初登場! i Shares代表に突撃インタビュー 『日経マネー』が選んだ 2011年の海外ETFベストバイはこれだ!(074p)

J-REIT編
利回り5%で為替リスクなし(082p)
J-REIT全35銘柄実力査定 日銀買い入れのインパクトは? 総合力と割安感で全銘柄を格付け(082p)

この雑誌について

Investment&LifePlanning信頼できる最強のマネー情報誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 日経BP社; 月刊版 (2010/12/21)
  • ASIN: B004FFCM20
  • 発売日: 2010/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 27.6 x 20.8 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

日経マネーは最近、資産形成とか資産づくりといった、長い視線でお金を捉えるように変わって来ており、儲かる株とかFXで勝つ方法とか、そういう直裁な情報は大幅に減っています。株式相場が低迷しているからかもしれませんが、年金がろくにもらえそうも無い世代にとって、この編集方針は正しいと思います。2月号は目先の運用利回りの数字にだまされるなというメッセージがこめられており、役に立つ情報かと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 小泉政権時代、官から民へと政策を進め、貯蓄も、郵貯→預金→有価証券へのシフトで、活性化させるつもりが、おおかたの国民は0.1%台の金利でもリスクはとらず、有価証券へはいかないようだ。インカムゲインだけでも5%くらいなら取れる有価証券はごろごろしていると思うのだが・・・。今月号の特集とかで、ガンガン商品宣伝しても、実質5%複利運用を12年くらい地道に続け、低成長時代でも資産倍増した、一般サラリーマンや主婦の実例登場させ、口コミでも広がらなきゃ意識は、変わらない!絵に描いた餅でない実例情報があったほうが、興味が持てたと思う。新しい商品分野に手を出す踏ん切りなかなかつかないですから・・・。
 今号読んで気になったのが、毎月の連載執筆されている各々が、別々に法人税・相続税・年金・社会保険を通じて、政府政策へ自分なりの改善案を唱えていること。根幹の国家の税の再分配を良い循環に変え、将来に不安の無い国民心理に変えるのが、個人マネーの投資マインド向上に役立つと思ったのか?編集意図があるのかは知らないが、印象に残った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告