通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日経マネー(ニッケイマネー)2016年6月号 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日経マネー(ニッケイマネー)2016年6月号 雑誌 – 2016/4/21

5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 730
¥ 730 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●第1特集
決算シーズンに買う 強い株300
4月下旬から5月下旬にかけて、注目の決算発表シーズンが到来する。
今回は今期業績見通しが相場にどのような影響を与えるか、注目される。
いずれにしても個別銘柄の株価が動く季節。
そこで決算期に向け、日経会社情報の今期独自予想と、これまでの株価の値もちの良さを加味した本誌独自の算出式で、決算シーズンに狙い目の「強い」株300銘柄を抽出。
ランキングをつくったうえで、個別にデータをみせながら解説を加える。

●第2特集
これからでも遅くない 不動産で億万長者
低金利時代に徐々に注目度が高まっている不動産投資。
これからではもう遅いようなムードもあるが、日本は物件供給の余地が限られているので、これから始めてもまだ利回り的には勝てる。
最近始めた人の話や、何千万円も稼いでいる投資家のルポなど。
株やFXで勝てなかった人など、入ってきている人もそんなに変わった人ではない。

●第3特集
がん、介護 働き続ける方法
がんや介護で仕事を辞めてしまう人が多い。 しかし、例えばがんは医療の進歩で、一生付き合いながら暮らす慢性病のようなものになりつつある。
がんにかかった時、働き続けるにはどうやったらいいのか。
専門家に取材し、処方箋を提供。介護も同様。

この雑誌について

Investment&LifePlanning信頼できる最強のマネー情報誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 日経BP社; 月刊版 (2016/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01DMJS2MS
  • 発売日: 2016/4/21
  • 梱包サイズ: 28 x 21.1 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
1
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
(1)
バフェット太郎のブログ記事は広瀬、日経CNBC、モンサテの焼きまわし。オリジナルの記事は社畜や2ちゃん民向けの煽り記事。(イケダ◯ヤトからそのように教わったか知らないが) 本人なりすましで複数アカウントを使って2ちゃんねるの掲示板を3つも潰した責任は重いと思う。

(2)
2ちゃんねるでの本人投稿及びブログへの誘導がバレて、フィデリティ証券から契約が切られた。それまでは「個別銘柄への投資を徹底的に非難する⇒フィデリティ証券のSMTを購入することを推奨する」という手順で、(1)の炎上商法で誘導した人をフィデリティ証券に流していた。当然、この状況を長期にわたって放置していたフィデリティ証券及びアクセストレード(ASP)の責任も無視はできない。

(3)
フィデリティ証券のSMTの年間信託報酬は0.55%。なんとVOOの10倍以上もする手数料のクソ高いETFである。当のバフェット太郎本人はフィデリティ証券の口座を持っていない。それなのに、高配当族ETFに投資したら、24年間(1990年⇒2014年)で約18倍になると言って、煽っていた。(同期間のS&P500のパフォーマンスは約10倍) しかし、このソースの元には「非課税」を前提で計算されたものだった。

<補足>
日本から米国株に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告