¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日米欧中に対応した特許出願戦略と審査対応実務 改訂... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日米欧中に対応した特許出願戦略と審査対応実務 改訂版 単行本(ソフトカバー) – 2016/9/14


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/9/14
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 4,765
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日米欧中に対応した特許出願戦略と審査対応実務 改訂版
  • +
  • 特許出願の中間手続基本書 第4版
  • +
  • 競争力を高める電気系特許明細書の書き方 (知財実務シリーズ)
総額: ¥10,260
ポイントの合計: 95pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

日本における主要な特許出願国としては、米国、欧州、中国が挙げられますが、パリルート、PCTルートのいずれを利用しても、実体的な審査は、各国(地域)独自の法制にしたがうことになります。ところが、日本とこれらの国(地域)では、言語の相違に加えて、明細書作成のコンセプトが異なるため、日本と同じ感覚で明細書を作成すると、権利化が困難になるだけでなく、代理人費用の増大等、種々の問題が発生してきます。 本書では、日米欧中の明細書作成のプラクティスの相違を配慮し、日本語の段階で対応できる標準化された明細書の作成について解説しています。本書は、米国、欧州、中国で特許出願を行う際の相違点を明確にし、その留意すべき手続きについても解説し、かつ、最近の法改正等にも対応した改訂版です

内容(「BOOK」データベースより)

日米欧中の実務の相違を多数の図解により解説!日米欧中に対応する明細書の作成とは?日米欧中の審査制度の留意すべき相違点とは?各国代理人との効果的な付き合い方とは?実務者の疑問に答える必携の一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 286ページ
  • 出版社: 発明推進協会; 改訂版 (2016/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4827112746
  • ISBN-13: 978-4827112740
  • 発売日: 2016/9/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 430,676位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ろ過材