通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 サイブックス
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに若干のスレがありますが、書き込みは見られず。使用感は薄く概ね状態良好です。防水対策にて梱包後、迅速にお送りいたします。商品説明と異なる場合はメール等にてご連絡下さいませ。対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/18

5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず
  • +
  • ルーズベルトの開戦責任: 大統領が最も恐れた男の証言
  • +
  • アメリカはいかにして日本を追い詰めたか: 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 224pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アメリカの封印50年 今、事実が鮮明に! !
「日米戦争を起こしたのは狂人の欲望であった」と私が言うとマッカーサーも同意した。“I said that the whole Japanese war was a madman's desire to get into war. He (MacArthur) agreed."
50年の封印を開き、2011年に刊行された元アメリカ大統領フーバーの衝撃の大著。 “FREEDOM BETRAYED Herbert Hoover's Secret History of the Second World War and Its Aftermath"(2011)

米国民をたぶらかし、日本に戦争をしかけ、蒋介石とスターリンに莫大な軍事援助を与え、世界に惨劇をもたらした誤った政策の数々。フーバー自身が蒐集した膨大な資料に基づき、つぶさに検証した大著=第二次世界大戦史の内容を紹介、討論する。同時に第二次世界大戦さえ回避できたとするウェデマイヤー将軍回顧録も紹介、三人の論客が徹底討論して、東京裁判の無効を明かにし、自虐史観を完全に払拭する。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカの封印50年今、事実が鮮明に!!2011年刊行の元アメリカ大統領フーバーの衝撃の大著。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 勉誠出版 (2016/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 458523036X
  • ISBN-13: 978-4585230366
  • 発売日: 2016/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,165位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 閑居人 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2016/1/27
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 「大統領フーバー」と言えば、「1929年の大恐慌」に対応できず、F・ルーズベルトに大統領の座を明け渡せざるをえなかった「無能な大統領」と一般には記憶されている。しかし、それは事実ではなく、優れた鉱山技術者、経営者、人道的配慮に優れた政治家、そして「歴史家」であった。
 フーバーは、1964年の死の直前に完成させた「裏切られた自由( Freedom Betrayed)」の中で、「第二次大戦」と、戦後の「ソビエトの東欧支配」「中華人民共和国の成立」「戦後冷戦世界」を招いたF・ルーズベルトの責任を厳しく批判した。
その骨子を特に日本との関係で言えば、「1941年の開戦に至る前の日米交渉において、アメリカは開戦を前提に経済戦争を仕掛け、日本を挑発し続けた」「日米戦争はアメリカが仕掛けた戦争である」「原爆投下の必要はなく、その重みは今もアメリカ国民の上にのしかかっている」・・・こういったものである。
1948年のCh.ビーアドの批判、1958年、ウェデマイヤーの回顧録、1976年、ハミルトン・フィッシュの回顧録。1960年代後半から我が国でも公刊されたこれらの書物の読者であった人々にとっては、もはやF.ルーズベルトが「愚かで狂気に満ちた大統領だった可能性」への疑いは、驚くことではないだろう。
本書は、誰もが読みこなせる訳ではない900ペ
...続きを読む ›
5 コメント 323人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まずは、アメリカの大統領により日米戦争がアメリカの大統領の罪状として語られていることに驚きました。
日米戦争については、戦争の事実が消えるわけではありませんが、戦争のトリガは日本の真珠湾攻撃と思い込んでいましたが、本書により真実の一旦がわかったように思いますが、章ごとに深堀が欲しかった。またこのような事実が、学校教育の歴史の事実として多くの人(日本人、米国人)に共有されていないことが問題。歴史については、いろいろな歴史学者の見解があり、何を信じて良いかわからなくなることもあり、本書についても著者には申し訳ありませんが本当かと思うところがあることも事実です。今後は、本書にも記載ありました、フーバー大統領回顧録の和訳版が発行されることを節に期待したい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 39tok トップ500レビュアー 投稿日 2016/1/28
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 まずはこの本、第31代アメリカ合衆国大統領ハーバート・フーバーの回顧録その物の翻訳本ではありません。900頁を超えるその大著『FREEDOM BETRAYED』は、まだ日本語に翻訳されておらず、「はしがき」で著者の一人藤井厳喜氏は「そのエッセンスを日本の一般読者に伝えようとした」と述べています。
 加瀬英明氏の企画になるというこの本は、近代史と国際政治に造詣が深く相当な英語力をお持ちのお三方が著者であり、『裏切られた自由』に書かれた内容に関する熱論が座談会形式で再現されています。三人の発言や意見の骨子とも言える論考は後段で併載されていますので、読むと繰り返しになっている箇所が多々ありますが、それだけ原著に書かれていることが衝撃的だという事なのでしょう。単なる「回顧録」ではなく歴史論・学術的な書である、と評価(茂木氏)しています。加瀬氏も「序」において「フーバーは炯眼の人だといわねばならない。」と述べています。
 1964年、死の直前にフーバーが出版社に原稿を入れてから47年後の2011年に出版されたという事実はアメリカの凄さ(良さ)だと思いますし、アメリカ国民にとっても重要な事だらけなのではないでしょうか。「第二次大戦というものをいかに読み解くか」が主題であり、「本書の中で日本の記述はそれほど多くない」とのことですが、その完訳本を楽しみにしながらも、こ
...続きを読む ›
コメント 150人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 辞書のように分厚いFreedom Betrayed を読んだ三人の学者が、実のところ日米戦争を起こしたルーズベルトの罪状を暴いて見せてくれています。日本が悪かったのではないと分かったのは嬉しいのですが、東京に住み暮らし、空襲で親戚一同を亡くし、必要の無い戦争のために出征した私の両親始め、多くの日本人を思うとき、Freedom Betrayed と共にこの本をいつまでも持っていたいと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
なかなか興味深く読んだ。
第三一代大統領ハーバート・フーバーの回想録
『Freedom Betrayed (裏切られた自由)』
を元に3人の対談と、それぞれの寄稿文寄せ集めだが、
ハーバート・フーバー大統領はルーズベルトを狂人と呼んでいる。
具体的には、『私は日本の戦争の全体が、戦争に入りたいという狂人の欲望であったと述べたところ、マッカーサーも同意した』

フーバーはまた、ルーズベルトが日本を戦争に追い込まなければならなかった理由について、
6年に及ぶニューディール政策の失敗を糊塗するため、また1000万人の失業者の存在を覆い隠すためだったと推測している。

1938年にはルーズベルトの政策顧問が「日本を戦争に多い込むことで、アメリカの海軍用艦船を建造させ、アメリカの重工業を復活させる」と、語っていたそうだから、早くから日本を戦争に追い込んでアメリカの軍需産業を復活させ不況を克服するという政策がルーズベルトのオーバルオフィスの中で常に議論されていたのだろう。

アメリカの産業を復活させるために、日本は戦争せざるを得なくなって、数百万人の尊い命が失われた。。

日本は戦後、アメリカのWGIPによって自虐史観をあらゆるところで強制されてきた。具体
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー