通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日清戦争 (中公新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆中古品のため、カバーに微傷・スレ・上端に小ヨレ、数頁に小さい角折れがありますが通読に問題はありません◆簡易防水梱包◆【配送】日本郵便ゆうメール◆お届けは「発送通知」を受け取られてから、2~4日後とお考え下さい。※ゆうメールの配達が行われない為、土日祝日を跨ぐ場合はお時間を頂く場合がございます。◆配送日・時間指定及び、郵便追跡はできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日清戦争 (中公新書) 新書 – 2014/6/24

5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 291

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日清戦争 (中公新書)
  • +
  • 日露戦争史 - 20世紀最初の大国間戦争 (中公新書)
  • +
  • 日清・日露戦争―シリーズ日本近現代史〈3〉 (岩波新書)
総額: ¥2,657
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

朝鮮の支配権をめぐり開戦に至った日清戦争。平壌の戦いをはじめ各戦闘を詳述しながら、前近代戦の様相を見せたこの戦いの全貌を描く

内容(「BOOK」データベースより)

1894年の夏、日清両国が朝鮮の「支配」をめぐり開戦に至った日清戦争。朝鮮から満州を舞台に戦われた近代日本初の国家間戦争である。清の講和受諾によっていったん終わりをみるが、割譲された台湾では、なお泥沼の戦闘が続いた。本書は、開戦の経緯など通説に変更を迫りながら、平壌や旅順の戦いなど、各戦闘を詳述。兵士とほぼ同数の軍夫を動員、虐殺が散見され、前近代戦の様相を見せたこの戦争の全貌を描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 270ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2014/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 412102270X
  • ISBN-13: 978-4121022707
  • 発売日: 2014/6/24
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 148,262位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
開戦に至る経緯から終戦までの推移について、補給の様子や欧米列強を含めた諸外国との外交まで網羅的に記載されていて学ぶところは多い内容です。ただ残念なのが著者の取材が日本側に偏っているのか、日本側の内実については詳細に述べられているのに対し清側の記載については歴史の教科書に載っているレベルの記載を繰り返すだけで、全体を通じ片面的と言わざるを得ない内容になっています。平壌における戦闘で日本側の苦戦を描いた後、清が休戦を申し出たのを「清の兵士の士気が低いため」の一言で片づけたり(指揮官が戦闘を諦めるくらい低い士気とはどういう状況なのかを描くのが著者の仕事では?)一般的に言われる「末期に続発した騒乱に対応するため地方有力者が組織した私兵が母体で、装備は玉石混交で組織としてまとまっていない」清軍が実態としてはどうだったかについては驚いたことに全く記載がありません。戦争相手国である清や、当時極東アジアに勢力を伸ばしていた英米露の思惑まで含め、日清戦争を複眼的に知りたいという人の需要には答えられていない内容です。
盾の半面だけ書いて満足してしまっている感があり、歴史ものの新書としては物足りない感がありますが、当時の日本について議会と政府の対立や軍隊の指揮系統の乱れ、伊藤博文ら明治の元勲と呼ばれる人同士の微妙な距離感等、当時の日本が四苦八苦しながら明治以降初の対外戦争を戦っている様子がうか
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
1本書を書店で見かけたので購入し一読したが、客観的に日清戦争を理解する好個の書であると思う。
 日本の近現代史の最重要テーマの一つであるが、こと日本の侵略を議論することになるので学校教育で内容が深められることはない。
 国民の多くが近現代史の重要テーマについて、断片的エピソードを知っているのはまだしも、無知だといっても過言でない。
 私も日清戦争についてまとまった著作を読んだのは初めてである。日本にとって不都合なことも客観的に書かれている。これが歴史であっ  
 て、物語とか御伽話ではないのだから学者としてあるべき姿勢である。それだけの価値があるので再読して楽しもうと思っている>
2 日本の近現代史(最近200年間)の本のうち、重要テーマが深く事実を掘り下げて客観的に論じられるいるものが少ない。ノモンハン事件
 については、最近満足するものを読めた。著者に「シベリア出兵」に関して深く事実を掘り下げた著作の出版を期待するのは勝手であろうか。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
日清戦争で日本は軍事的に勝利しながらも、戦略的には敗北したことが様々な角度から明らかにされています。
・日本の開戦時の戦略目標は「朝鮮に対する(清国との間で)影響力の均衡を維持」することでしたが、日本軍が朝鮮の農民をいたずらに虐殺したことや、戦争終了後に日本公使が王妃を宮中で斬殺したことから、朝鮮では支配層から農民まで反日で一致団結し、日本はかえって影響力を失った。

・軍事的に敗北した清国はロシアに接近し、日本の清国と連携しロシアに対抗するという戦略が破綻し、また開戦回避を支持していたイギリスも日本を警戒するようになり、日本は極東で孤立した。

・清国の接近によりロシアの南下は本格化し、日露戦争の遠因となった。

また、戦略なき開戦決定、外交力の欠如、前線軍部の暴走、開戦を狂信的に求める大衆など、後の第2次世界大戦の過ちの原型がすでに現れていたことも衝撃的です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本が近代国家として最初に戦った戦争であり、その後の国家の運命を示唆するような出来事が多く起きていたことを本書を通して知ることが出来る。著者の専門は戦争におけるメディアの役割という事だったと思うが、自らの専門に拘泥すること無く、通史的にこの戦争の端緒から終わりまで広く且つ丹念に纏めてある。

前半は伊藤博文、山県有朋、陸奥宗光と言った明治の元勲達の日清戦争に置ける果たした役割や日本及び清の軍事力などが概説されている。司馬遼太郎の小説が描いたような英雄譚ではなく、幻滅するような元勲達の失態や無能ぶりは興味深い。欧米諸国との条約改正交渉に置いて失敗を繰り返した陸奥は朝鮮半島情勢において強硬論を主張する事で自らの失敗を誤魔化そうとし、司令官として朝鮮半島に進行した山県有朋や桂太郎は兵站と補給を軽視した無謀な作戦を強行し、兵士や軍属を多く無駄死させている。また当時の日本軍は規模、装備共に貧弱で清のそれとは大きく劣るものだったという。ちなみに、軍備強化の為に松方デフレ下の経済でイギリスから高額の戦艦を購入したが、これは更なる正貨の大量の流失を招き、著者に依る指摘は無いが、恐らくデフレ経済を悪化させたはずである。また皮肉な事に、その後朝鮮半島で暗殺される伊藤博文は介入には消極的だったとのことである。

この様な悪条件が揃う中で、日本軍が清軍に勝利出来たの
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー