日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 東京流れ者 HDリマスター版 [DVD]

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,780 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 164 (8%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,750より 中古品の出品:3¥ 2,229より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 東京流れ者 HDリマスター版 [DVD]
  • +
  • 日活100周年邦画クラシック GREAT20 殺しの烙印 HDリマスター版 [DVD]
  • +
  • けんかえれじい [DVD]
総額: ¥5,485
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 渡哲也, 松原智恵子, 二谷英明, ||川地民夫
  • 監督: 鈴木清順
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2012/09/04
  • 時間: 83 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00856TM28
  • JAN: 4907953048751
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 27,347位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

映画の枠を飛び越えた、海外でも絶賛のポップカルチャー!
(歌謡+任侠)×POPアクション!世界を魅了したセイジュン美学が乱れ咲く、渡哲也主演・フィルムノワール。

特異な音と色彩感覚の清順美学がヤクザ歌謡映画のジャンルを別新!映画の常識を超えた映像テクニックが熱狂的なファンを獲得した歴史的傑作!タランティーノ、ジャームッシュ、ウォン・カーウァイなど時代を超えた「セイジュニスト」を今日も生みつづける記念碑作!渡哲也が自ら歌う主題歌も秀逸。鈴木清順監督作でも特に人気の高い作品。

【ストーリー】
「頼む、俺を怒らせないでくれ!」流れ者の歌をくちづさむ"不死鳥の哲"こと本堂哲也を、数名の男がとり囲んだ。哲也の属する倉田組が、やくざ稼業から不動産業にかわったのを根にもち、ことごとく倉田組に喧嘩をうろうとする大塚組のものであった。哲也は不本意にも、倉田の持ちビルを狙う大塚組との抗争に巻き込まれてしまう…。執拗に哲を狙う殺し屋"マムシの辰"、気風のいい謎めいた"流れ星の健"、逃げても流れても危機が哲を追い込む。そして流れ者のメロディが恋仲の千春への思いをせつなく募らせるが…。

【キャスト】
渡哲也/松原智恵子/二谷英明/川地民夫

【スタッフ】
監督:鈴木清順、原作、脚本:川内康範、撮影:峰重義、美術:木村威夫

【特典】
オリジナル劇場予告編

★日活100周年邦画クラシック「GREATシリーズ」
・誰もが知っている本当に面白く、感動する。日活が自信を持ってオススメする後世に残すべき作品を同時発売!
・今までのご愛顧に感謝し、100周年記念としてお求め易い価格でリリース! 日活作品に馴染みのない方々にも日活クラシックスの魅力を手軽に楽しんで頂けます。
・全タイトルHDリマスター版!

★同時発売
『太平洋ひとりぼっち HDリマスター版』
『夜明けのうた HDリマスター版』
『東京流れ者 HDリマスター版』
『豚と軍艦 HDリマスター版』
『拳銃は俺のパスポート HDリマスター版』
『鴛鴦歌合戦 HDリマスター版』
『怪談昇り竜 HDリマスター版』
『反逆のメロディー HDリマスター版』
『妹 HDリマスター版』
『十八歳、海へ HDリマスター版』

【Amazon.co.jp限定】日活邦画クラシックス「GREATシリーズ」コンプリートDVD-BOX 1~30[豪華収納ケース付](完全数量限定)
【Amazon.co.jp限定】日活邦画クラシックス「GREATシリーズ 第3弾」DVD-BOX 21~30[豪華収納ケース付](完全数量限定)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『月光仮面』の川内康範が原作・脚本を務め、日本映画界の異才・鈴木清順が監督、渡哲也が主演したアクションムービー。ヤクザ稼業から足を洗い、今ではカタギとなった“不死鳥の哲”が、ヤクザ同士の抗争に巻き込まれ再び闘いを繰り広げる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
初めに今回のソフトを前版(2001年)と較べてみます。
まず割合と画質が向上しています。前版の滲んだような感じがある程度クッキリしました。色味も改善されました。(色がテーマ?の映画ですから大切です)例えば、ラストのグラブのセットの白が綺麗になっています。 特典については、前版についていた撮影時のオフショットや木村威夫氏によるイメージイラストなどのオマケはありません。予告編だけです。でも、画質が比較的向上しており価格も良心的なので興味のある方にはお勧めできるとおもいます。
(この廉価シリーズはホント嬉しい。今後も『探偵事務所23』とか『河内カルメン』とか期待しています。さらに…余談ですが廉価ではないものの『刺青一代』の初DVD化も万歳!!待ってたよ!)

さて本編ですが、
清順は ‘この曲(東京流れ者)を使って映画を作り、(当時の)新人渡哲也を売り出す’ ということで本作を作ることになったそうです。  
それで、『やけ糞(←清順談)』 でドンドン曲を入れたといいます。オープニング(なんだかカラオケの映像みたい)に始まり、渡哲也が歌ったり、口笛吹いたり、松原智恵子がクラブで歌ったり、としつこくかかります。
…タイトル曲をともにやたら主人公もストーリーもあっちコッチ流れちゃう感じです。

で、その主
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
鈴木清順が、当時日活の次世代スターとして嘱望されていた渡哲也の組んだ今作は、異色のアクション・ミュージカル映画、なんて月並みな表現ではとても括れないアナーキーな魅力を持った作品だ。
そして、それはそのまま、名コンビである木村威夫の力を得て造型した美術とセット・デザインの奇抜さと色彩感覚のシンボリックさと斬新さにも繋がってくる。

渡が演じる主人公は義理堅いやくざだが、高度経済成長の中利権を巡って対立する組との抗争から、盃を交わした親分を思い、身代わりとなって東京の地を後にする。

これが物語の起点の展開だが、ストーリー自体は単純なのにも拘わらず、テンポが悪くシーン間の繋ぎも唐突気味、清順さんは敢えて物語をきちんと説明しようとはしない。
つまり、その後の「殺しの烙印」以降の作品の先駆けともいうべきリズムと逸脱ぶりなのだが、その一方で凝りに凝っているのが、各シークエンス毎の絵作り。

どうも、清順さん、この頃既に日活上層部からは訳の分からない映画を作る事で要注意人物としてマークされていたらしく、美術監督の木村威夫共々、この1本で終わりにしようとばかり、破れかぶれになんでもやりたい事をぶちこんだらしい(笑)。
で、その結果、細部まで拘りが多すぎて、いちいち挙げる事はしないけど、ファンには堪えられない
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作・脚本は川内康範で、鈴木清順監督の日活時代最終期の作品。鈴木監督は翌昭和42(1967)年の「殺しの烙印」を最後に日活を解雇される。海外では「TOKYO DRIFTER」のタイトルでYAKUZA FILMとして評価されている。主演の「不死鳥の哲」に渡哲也。ヒロインに松原智恵子(本作から渡と智恵子のコンビが始まる)。他、二谷英明、江角英明、川地民夫、郷?治、玉川伊佐男らが共演。

本編は三部に分かれており、ハードボイルド調の東京編。任侠映画の味わい深い雪の新潟編。コメディ調でドタバタがある佐世保の九州編からなり、渡が歌う主題歌「東京流れ者」が本編に14回も登場する(松原智恵子も歌う)。歌謡映画として日活で企画され、会社側はハードボイルド調のアクション映画を考えたが、出来上がった作品を観た首脳部は愕然とした。現行のラストシーンは撮り直されたもので、当初は渡と二谷が「緑の月」のバックに別れるというものだった。これを見た役員らは激怒。緑色の月は平和の象徴だと鈴木監督は説明したが、撮り直しを要求された。

モノクロ画面の地面に落ちているオレンジ色のおもちゃ。雪の中にポツンとある真っ赤な郵便ポスト。白を基調としたシンプルなナイトクラブにある血の様に赤い薔薇のモチーフ。美術監督の木村威夫のシュールレアリズムの色彩演出が結集して興味深い。まるで夢の中にい
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
鈴木清順監督の奇をてらった演出が見もの。たぶん草月シネマテークで「刺青一代」と2本一緒に上映されたときに見たのが最初(おそらく67年か68年ごろ)。シナリオは時間のない中での適当な仕上がりにしてある。それをどのようにも、とにかく80分程度の枠の中におさめるのが監督の仕事で、つながりの悪いストーリーとぎくしゃくした人物配置を逆手にとって、斬新奇抜な映像とそれを補完するセット美術でこしらえているというしろもの。はじめてみたときには、「これこそがぼくらの目指す映像芸術だ」というくらいのシンパシーを抱いたものだが、そのご文芸坐で見たり、ビデオで見たり、今回はまたDVDでというぐあいに鑑賞遍歴をしての感想では、なんだか中途半端な作品で、本作は鈴木清順監督作品のなかでかなり質的に落ちるといわざるを得ない。清順美学もあまり生きているとはいいがたい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す