通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆全商品クリーニング済みです。☆ご注文確認後、迅速に発送します。☆中古品となりますので使用感や劣化の度合いが異なります。☆記載のないものは比較的ダメージが小さい商品となります。☆ご利用前に「Amazonマーケットプレイスコンディション・ガイドライン」をご確認お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書) 新書 – 2014/1/17

5つ星のうち 3.8 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 9
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)
  • +
  • 皇軍兵士の日常生活 (講談社現代新書)
総額: ¥1,706
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私たちは、日本軍、とくに日本陸軍というと、空疎な精神論ばかりを振り回したり、兵士たちを「玉砕」させた組織というイメージがあります。しかし、実際には、「玉砕」ばかりしていたわけではありません。孤島で追い詰められた場合はともかく、ニューギニア、フィリピンなどの大きな島では、徹底抗戦、持久戦がとられましたし、沖縄でも、最後に出された指令は、組織的抵抗を最後まで継続せよ、というものでした。
もちろん、だからといって、日本軍が玉砕をしなかった、あるいは合理的な組織だったということではありません。ただ、日本軍=玉砕というイメージにとらわれると、なぜ戦争があれだけ長引いたのかという問いへの答えが見えづらくなってしまうのです。
日本軍、とくに日本陸軍の実像をどうとらえるべきなのか、本書は、戦争のもう一方の当事者である米軍が軍内部で出していた広報誌『Intelligence Bulletin(『情報広報』)を用いて、彼らが、日本軍、そして日本人をどうとらえていたかを探ります。
『情報広報』には、例えば、日本人はLとRの区別がつかないので、戦場で日本人か中国人か判別がつかない場合には、それらが入った文章を言わせることといったことが書かれています。また、日本兵個人の特徴として、規律は良好、準備された防御では死ぬまで戦う、とある一方で、予想していなかったことに直面するとパニックに陥る、自分で物を考えないといった分析がされています。
さらに、日本の兵士らがじつはさまざまな不平不満を抱えていて、投降させることもできた、といったことが書かれているのです。
本書は、気鋭の研究者が、米軍内部の資料をもとに、従来の日本軍イメージをとらえなおす一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

「規律は良好」「準備された防御体制下では死ぬまで戦う」「射撃下手」「予想外の事態が起きるとパニックに」敵という“鏡”に映しだされた赤裸々な真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062882434
  • ISBN-13: 978-4062882439
  • 発売日: 2014/1/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98,439位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 INAVI トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/2/6
形式: 新書
本書は、米軍資料を中心に戦後の日本人戦史家の批評も織り込み、対米戦争における日本軍・日本兵の戦い方(主に陸軍の太平洋諸島での戦闘)を明らかにすることで、日本軍・日本兵の本質に迫った一冊。

他著でも同様のアプローチであるが、著者は政治や思想信条を前提にした考察を排除すること、主観的な資料・証言に依拠することなく客観的つまり米軍側の公的資料を拠り所に、論証を進めている。
もともと公式資料に乏しく、また、今となっては当事者の証言も得難い現在において、日本軍・日本兵というか日本の戦争を論じる本の多くが、マクロというかあの戦争は悪であるという価値観を前提に全てを否定する見方、それと、ミクロに個々の兵士や将校の愛国心や善行を拠り所に個々の戦闘や戦争全体を肯定していく見方の何れかに立ちがちであり、互いに交わるべくもなく、読者もいずれかの立場に寄った形が大勢と思われる。

そうした前提においては、南方で玉砕を続けた日本軍・日本兵は、愚かな指導者に狂気の沙汰の死を強要される悲劇の犠牲者か、愛国の心を以って勇猛果敢に闘い抜いた美しきヒーローのいずれかになるしかない。
しかしそうではない!著者は静かにしかし強く論証している。物量・武装で圧倒される中で、次第に奇襲から防御戦へまた銃剣から機関銃更には戦車砲・戦車へと戦闘を近代的に改善する日本軍の
...続きを読む ›
コメント 164人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
外部からの視点を得ることで、帝国陸軍について客観的に知るきっかけとなります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なるほどの本です。これが本当の日本兵。確かに言われてみれば日本人は、今も昔もそれほど変わらないかも。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
凄く面白かったし、納得がいく事が多かったです。日本軍の愚かさは今も続いてる気がしました。
日本礼賛の記事やニュースが氾濫してるようで、最近気持ち悪いです。こういう視点も含めて、日本を客観視しないとおかしな事になりそうです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
この本は太平洋戦争時の米国陸軍の広報誌Intelligence Bulletinから、当時、米軍が日本軍と日本兵をどう見ていたかについて書かれたものである。
日本兵捕虜達が語る本音から、彼等が無理やり英霊を強制される一方で、「靖国」が遺族を納得させるための装置として存在していたことがうかがえる。
死ねば神様に祭り上げるが、バンザイ突撃や肉攻といった戦術や傷病者の扱いにみられるように日本軍が徹底して兵士の命を軽んじていたことがわかる。
日本軍最大の弱点は、「予期せざる事態にうまく対処できず、決められた計画を細部まで実行することはできるが、急速に変化する状況に対処する才覚も準備もない。
この弱点は自由な思考や個人の自発性を厳しく退け、管理されてきた人生と関係がある。」と分析している。
また将校は「体面と志操の維持が重要で空想的な英雄気取りになりがちである。」と分析している。
大局的な戦略より戦術にこだわり、後退を転進と言い換えてみたり詭弁を弄するところは、財政健全化とトレードオフの経済政策を自画自賛して、日本の安全を強化すると言っては意味不明の”積極的平和主義”へ邁進する現在の日本のリーダーに相通ずるものがある。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/3/15
形式: 新書
米陸軍軍事情報部が1942年から1946年までに出版した戦訓広報誌(IB:Intelligence Bulletin)に書かれている内容を中心に、米陸軍が分析した日本軍、日本兵及びのその戦い方について解説したものである。適時、関係する日本側の本や資料も参照されている。

興味深い指摘が多く集められている。従来の日本軍に対する概念をリアルに裏打ちしているものが数多くある一方で、ステレオ・タイプ的なイメージとは違う視点を提供しているものも結構あるし、「日本軍兵士最大の弱点は、予期せざる事態にうまく対処できないことだ。...(中略)...この生来の弱点は、自由な思考や個人の自発性を厳しく退け管理されてきた人生と、少なくとも部分的には関係がある。この弱点は攻撃でも防御でもはっきり表れている」(IB1943年5月号より)のように、かなり突っ込んだ分析をしているものもある。

米陸軍のみた日本兵の全体的な長所と短所については次のように紹介されている。まず長所については、「肉体的には頑健である、準備された防御では死ぬまで戦う、特に戦友が周囲にいたり、地の利を得ている時には大胆かつ勇敢である。適切な訓練のおかげでジャングルは家のようである、規律(とくに射撃規律)はおおむね良好である」とあり、その反対に短所については、「予想していないことに直面するとパニックに
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー