中古品
¥1,200
+ ¥550 配送料
お届け日 (配送料: ¥550 ): 4月21日 - 22日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 湘南つばめ堂
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【帯付】中古品の為小さなダメージがある場合がございますが、概ね良好な状態です。商品は、クリーニングして、防水のため、OPP袋で包装し、レターパック(追跡サービス付)にて発送します。商品の発送は注文確定後2日から3日程度を要す場合がございます。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本軍「山西残留」―国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後 (日本語) 単行本 – 2008/6/1

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,200
¥1,200
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦後の中国で、日本兵二六〇〇名が国共内戦に投入された事件。山西省の軍閥閻錫山の要求に屈した日本軍は、兵士に残留を命じ、共産軍と闘わせた。五五〇名が戦死、七〇〇名が捕虜となった。長い抑留の後、帰国した彼等を待ち受けていたのは「脱走兵」の処遇であった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米濱/泰英
1945年7月、中国山東省芝罘で出生。同年12月引揚げ帰国。1968年一橋大学中退。同年岩波書店入社。主に全集・著作集の編集の仕事に携わる。2005年7月定年退職。06年7月より、戦後中国に残留した人たちの聞き書きをホームページ「オーラル・ヒストリー企画」に掲載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : オーラルヒストリー企画 (2008/6/1)
  • 発売日 : 2008/6/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 372ページ
  • ISBN-10 : 4434119540
  • ISBN-13 : 978-4434119545
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2014年1月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2008年7月7日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 本書によって山西残留事件は総括された
ユーザー名: yama、日付: 2008年7月7日
本書は、サブタイトルに「国共内戦に翻弄された山下少尉の戦後」とあるように、一下級将校の立場で山西残留を体験した山下正男氏の回想談(ホームページに掲載)をもとに執筆されている。ただ、内容は大幅に加筆されており、山下氏一個人の回想にとどまらず、山西残留事件全体を網羅した内容になっている。

山西残留事件は、日本敗戦と国共内戦という国際情勢の隙間に成立した特異な事件だったが、その規模は大きく、複雑であり、さらに事件に関与した人の間で情報の隔絶が大きかった。民間人と現役兵、残留派と帰国派、そして一兵卒と軍首脳など、立場によって様々な見方がなされてきた。事件への政府の対応が訴訟の対象となったことも、歴史事実として客観的に描かれることへの障害となった。そのため、これまで山西残留をテーマにした書籍や映画は少なからずあったが、いずれも残留事件の全体像を把握するには一長一短だった。

本書は、それら先行の文献や証言、一次史料を全て網羅し、事件に関わるあらゆる事象を事細かに描ききっている。ゆえに特定のイデオロギーや政治的立場による偏見が介在する余地なく、山西残留事件を極めて客観的に骨太に把握できている。一つの歴史的事件を描いた本として、相当の完成度を誇っていると思う。著者の米濱氏はかつて岩波勤めであったと聞く。さすが老舗敏腕編集者の仕事である。

本書によって山西残留事件は総括されたと言える。本書の登場で、山西残留事件は、今後、歴史として扱われるようになる。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告