通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本買い 外資系M&Aの真実 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本買い 外資系M&Aの真実 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/20

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/10/20
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 800
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本買い 外資系M&Aの真実
  • +
  • ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 124pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

*ソフトバンクが3.3兆円で英アーム社を買収するなど、いま空前のM&Aブーム。でもにわか仕立ての日本勢の多くはM&Aで大やけどを負ってきた。外資系のM&Aファンドはどのような企業価値向上策を実行しているかを本書では紹介する。

*外資系ファンドによる買収というと「ハゲタカ」など負のイメージが強いが、企業の生産性を見直し、グローバルな視点で事業を見直す絶好の機会であることを説得的に解説。

*一口にM&Aといっても、ファンド系と事業会社系で目的や手法が大きく違い、買収する会社も違ってくることなどを説明。また、ファンド、投資銀行、コンサルタントなどが案件を巡って、実際にどのように行動し、協力・競争をするのか、現場を知る著者ならではの解説をする。

*「事業提携はまず出資が前提」「中期経営計画の発想はなく、短期目標を基点とした事業戦略」など外資系の行動特性を紹介する。

*著者は名門大型ファンドとして世界的に有名なペルミラの日本法人社長を務め、回転寿司スシローや農薬商社アリスタといった巨額M&Aを成功させた第一人者。

内容(「BOOK」データベースより)

総投資額3300億円。名門外資系ファンド元日本代表が明かす、駆け引きと価値創出の実態。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2016/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532321093
  • ISBN-13: 978-4532321093
  • 発売日: 2016/10/20
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 174,447位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
M&Aにおいて、買い手の視点を余すことなく簡潔/的確に説明されております。案件の選び方/価値創造手法など、筆者が手がけた事例に基づいて詳細に記述されており、M&Aを検討する上で非常に参考になります。近年、国内ではM&Aの数が増加傾向にある一方で、その成功例は極めて稀であると考えます。「M&Aは買収の時点でほぼ決着がついている」と聞くこともありますが、この本は、どのように投資対象を見極めるかという点において、極めて深い示唆があります。また、事業運営の主体者である経営陣(特に資本市場の評価に常に晒されている上場企業)は、この本に記述されている視点に気を払いながら事業運営をするべきだと思います。

先般、投資ファンドによるユニー・ファミリーマートHDの「さが美」買収において、改めて日本ではコーポレートガバナンス/資本市場が未熟であることを感じました。この本は、日本において「投資」「資本市場との対話」などに一石を投じるものになると確信しております。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とにかく読み易く、一気に読了しました。人材コンサルタントとして思わず膝を叩く内容も多く、特に業界のJargonが英語表現(Unlock the value等)として盛り込まれているところは臨場感があり勉強になりました。優秀な外部人材の獲得の必要性について触れてあり、"Misallocation of human capital"については特に我々コンサルタントが果たすべき役割についても考えさせられました。私自身も外資系で働く一人として信頼のおける先輩を得たような思いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告